バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

それゆけアジング+α(釣行記)

10月31日の夕方から山陰入りしておりました。

今回は山陰エリアにおけるアジメバの調査を夜にやって、夜が明けてからは沖波止でフラットフィッシュを狙い、最後にFCTストリームドライブ45CBの最終確認を行なう・・・とゆープラン。

31日夕マズメよりアジメバ調査を開始。
時期的にはそろそろ・・・なんですが、自分が「ココだ!」とにらんだエリアに果たしてアジメバがいるのかどーか・・・
久し振りのテトラ帯歩きになる為、明るさの残る内から入釣し、テトラの配置確認や自身の感覚を呼び戻す作業からまずは開始です。
アジメバタックルを握るのも久し振り…
最近の超軽量モデルには遠く及ばない自身のタックルですが、それでも軽いっすわ(笑)
軽量リグによるキャストの感覚も明るい内に取り戻す事にします。

そして夕マズメを迎え、ゲームスタート。

テトラ帯や少し沖に見つけた藻場等を中心にその際をトレースするイメージで・・・
「コッ、ココン!」
頭で考えるよりも身体が反応。
その辺の感覚は鈍ってないよーでございます。

ヒットしたのは間違いなく「セイゴ」
エラ洗いこそないものの重厚なファイトを魅せてくれます。
やり取りをしながらも脳内では「ヒラか?マルか?」が気になってます。
エリア的にはヒラセイゴもマルセイゴも混在。
でも、ヒラセイゴにしては大き過ぎるな・・・と思ってたら予想通りのマルセイゴ君がエラ洗いドバドバ。
メバル狙いで中型以上のシーバスがヒットするとファイトの際に場荒れするのでありがた迷惑な存在なんですが、今回はなぜか嬉しい・・・♪
じっくりと時間をかけて寄せてフィニッシュはタモで・・・と出した瞬間にフックアウト・・・

「それが3回・・・」

そうこうして内に周囲は闇に飲み込まれ、エリアも崩壊した雰囲気になったのでお次はアジを狙って小移動。
風は正面からやや強く吹いており、ジグヘッド単体ではなにしてるのか「わけわかめ」
そこでこれまた久しぶりの「キャロ」を試す事に。
1
使うのはもちろん「コアキャロ」です!!
ラインを切る事無くキャロのウエイトをワンタッチで交換できる!それが「コアキャロ」です!!

 

 


 

「コアキャロ」を考案してから数年が経っておりますが、いまだに根強い人気があり実店舗及びネットショップでも関連用品を購入してくれる方が多いです♪
本当にありがとうございます!!
因みに「コアキャロ」は
【磯研】コアシンカー
【東邦産業】フィックスパイプ(0.6mmもしくは0.8mm)
【第一精工】アイプロテクターM

の3点があれば製作可能です。
core_sinker1fixpipe08_1eyeprotect1
考案当時は「アジ=キャロ」という図式が成り立つほどのキャロブームで各メーカーからのリリースはもちろん、個人アングラーさんも自作される事が多かったですね。
「●●キャロ」という言葉が乱立した時期もありますが、今はどーなってるんだろーか?
今現在はすっかりナリを潜めた感がありますが、それでも「キャロ」というリグがアジングにおいて重要である事には変わりありませぬ。

キャロの問題は
「リグを組むのが面倒」
「ウエイト交換が面倒」

の2点に集約されるのではないでしょうか?

リグを組むのが面倒という問題に関してはリグの構造上どうしようもないです。
2
キャロシンカーを通して、ビーズ(任意)通して、サルカン結んで、リーダー結んで、スナップ(任意)つけて、ジグヘッド+ワームをセット・・・は自分も面倒だと常々感じておりまする。
ただし、最近は2タックル以上持ち込む方も多いので一つはキャロ用、もう一つはジグヘッド単体用・・・と最初から分けてリグっておくのが最善かと思います。
また、サルカンから先が既に組んである【マグバイト】ライトリグリーダーという商品も最近リリースされました。

light_rig_leader1
これは超オススメ!!
キャロリグを組む時に一番面倒な部分が既に組んであり、釣り場でのイライラ・モヤモヤが劇的に改善されます!!
ワタシも今回初めて使ってみたんですが、その便利さを皆さんにも味わって頂きたいと感じています♪
キャロやフロートリグを使われる方はとにかく一度使ってみて下さい♪

「コアキャロ」はもう一つの問題である「ウエイト交換が面倒」を劇的に解消した画期的なキャロシステムであると自負しております。
パイプ自体は交換せず、ウエイト部分のみをワンタッチで交換できるのがコアキャロの強み。
ウエイトは【磯研】コアシンカーを使います。
シンカーのウエイトは「3B(0.55g)」から「3号(11.2g)」まで非常に幅広いラインナップを展開しており、様々な状況に素早く対応する事が出来ます!!
ただし、コアシンカー自体のお値段が1袋280円(税抜)となっており、全ウエイトを揃えると少々お高いかと。
その為、エリアによって多少の差異はあると思いますが、0.8号を中心にその前後2~3種を揃えるのがオススメです♪

「コアキャロ」の作り方はこちらをご覧くださいませ!!

また、製作に関するブログも作っておりますので併せてご覧ください。
⇒ 
http://www.rakuten.ne.jp/gold/pagos/corecaro.htm

「コアキャロ」考案から数年・・・
その間に変化した事と言えば推奨するフィックスパイプの太さが0.6mmから0.8mmになっただけ。
それ以外は変化させようにもその必要がありませんでした。

自画自賛+手前味噌ではあるのですが「コアキャロ」はホント良く出来たキャロシステムだと思っています♪
また使った事の無い方は是非お試しあれ・・・

 

 


 

 

さて、釣りに戻ります。
正面からの強風と久しぶりのライトリグに多少戸惑いを感じているものの、記憶を掘り起こしながらまずはアジのレンジを探っていきます。

「・・・っつかココにアジはホントに居るのか?」

そういった不安が脳裏をよぎった次の瞬間に明確なバイト♪
スロータダ巻きでにひったくる様なバイトでフッキングこそしませんでしたが不安は一蹴。

次は軽いロッドワークとテンションフォールで狙いのレンジを中心に探りを入れてみます。
ワームは新製品の
【フィッシュアロー】フラッシャーワーム1インチ
flasher_worm1
釣行時にはパゴス未入荷であり、フィッシュアローからサンプルとして頂戴していた数本を持ち込んでおりました。
近日中に入荷するのは分かっていたので先にその威力を見てやろうとゆー算段です♪

そしてテンションフォールにバイト!!
3
サイズは・・・全然大きくありませんが、それでも久しぶりのアジ+久しぶりのライトゲーム・・・やっぱ楽しいっすわ・・・♪

風の強弱やアジのレンジの変化、潮の動きに合わせてコアシンカーを5B~1.5号の間でローテーション。
入れ食いには程遠いですが「考えながら一つ一つ獲っていく」というアングラー冥利に尽きるゲームを展開。
・・・よく考えたらナイトゲームも久方ぶりになるんですが一人闇の中でウハウハ言っておりました(爆)

12
体力の限界までランガンしてアジを捕獲したのは2ヶ所のみ。
過去の実績ポイントのみを巡っての結果であり、サイズ・数に関して「もう一声」欲しいかな?

あと、防寒対策を殆どしないままにアジングしてたんだけど、この日は寒かった・・・
これからは防寒対策も必須項目となります!!

なんだかんだ言いながら心は十分に満たされており、車の中で寝袋にくるまって仮眠タイムに入ります。

 

そして11月1日午前5時半に目が覚めました。

寝ボケた状態で外を見ると既に釣り人が集結し始めております。
場所は「三隅・火電波止」
メインターゲットは「フラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ)」です♪

「なんでフラットか?」と言いますと、先日「元井口店店長」のゲーリー君が火電波止でヒラメ(ソゲともゆー)を釣ってきたのを見て「久し振りに狙ってみよう」とゆー気になりまして。
【マグバイト】バサロ+【フィッシュアロー】フラッシュJシリーズで何度もヒラメをゲットしてはいるのですが、それはロック&グルーパーゲーム中の出来事。
一応外道であり、メインターゲットでは無いんですよね。
そこで今回はメインターゲットをフラットフィッシュに、外道にロック&グルーパーを設定してみたワケ。

朝一番の船に乗って火電波止に渡ります。
ちなみにワタシが使う渡船屋さんは古湊から出る「中本渡船(吉見丸)さん」です。
⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/yosimimaru777
11
出航は朝6時。

まず、火力発電所施設に一番近い「1番」に渡り、最終的には一番端っこにある「8番」までランガンしてから帰るプラン。
タイムリミットは午後1時に設定します。
10
波止の内外両方狙ってみるつもりでしたが予想よりも青物狙いの方が多く、人気のない内側を中心にゲームを展開します。
・・・因みに↑写真一番手前の彼は実家の釣友でした。
朝イチからしばらくの間、隣(少し距離を空けてるんだけどね)で釣りをしてたのに全く気が付かなかったとゆー・・・(爆)

波止の内側は一見フラットで狙うスポットは足元の敷石の際くらい・・・と思われがち。
実際にフルキャストして広く探ってみると石や藻場が点在していることが分かります。
ベイトフィッシュはそのストラクチャーにつくと判断し、ストラクチャーを見つけたらその周辺を重点的にチェックし、少しずつ横移動していきます。

火電波止は「エソ」も多い場所なんでヒマしない程度にエソ星人が遊んでくれるだろーと思ってたんですが・・・
98
ヒットするのはアコウ(キジハタ)とカサゴ氏のみだったとゆー(全部リリースしております♪)

タイムリミットまでに8番まで歩き、相当数キャストを繰り返したものの「アコウ4のカサゴ複数」でフラットフィッシュも一番釣れると予想してたエソも皆無。
コレって良いのか悪いのか?
因みにアジの泳がせをしてた方は「エソばかり釣れて・・・」とボヤいておられました。
1枚ぐらい、もしくは1回くらいはフラットフィッシュを思わせるバイトがあっても良かったんですが・・・
また日をあらためて挑戦してみたいと思います♪

再び渡船に乗って港に戻り、海を後に・・・が普段のワタシですが、この日は最後のお仕事を行ないます。
5
「FCTストリームドライブ45CB」最終スイムテスト

週末までに量産化GOのサインを出すつもりだったんですが、ワタシがテストしてきたプロトと実際の製品版とに仕様の差異がある事に気づき、急遽製品版を送ってもらうコトに。
そして量産化GOのサインは結果踏まえて週明けに判断する事としました。
その差異とは「塗装の有無」
ワタシが持ってるプロトは無塗装に近い状態、実際の商品はクリアであっても表面にクリアコートが施してあります。
たったそれだけなんですが、微妙な浮力と自重なので影響があるのかも?と思い調べてもらったら実際に違いが出てしまったとゆー・・・

「フローティングはよりスローなフローティングに」
「スローシンキングはよりスローなシンキングに」

それぞれなってるみたい。
言葉をそのまま捉えるのであれば「そのほうがベスト!!」なんですが、自分の性格上、実際に見てみないと量産化GOを出す事は出来ませぬ。
そこで急遽製品版を送ってもらってこの日にテストしてみたワケ。

結果は・・・「最高!!」

ワタシがテストしてきたプロトよりもそれぞれスローなフローティングとスローなシンキング・・・
これは輪をかけてヤバ過ぎる・・・
十数個の製品版プロトを全てチェックして最終的に量産化GOのサインを出させて頂きました!!
7
テスト中、ミニセイゴが思わずバイト!!
十数個のプロトはそれぞれ色が異なっており、それがカラーローテの役割になったのかミニセイゴ連発♪
連続トゥイッチ後のポーズでスローな浮上、もしくは沈下・・・
これに対して「パクッ!!」でした(笑)

「FCTストリームドライブ45CB」に関してのブログ
⇒ 
https://bandana0082.net/?p=867
にフローティングとスローシンキングそれぞれの動画を載せましたが出来るだけ早い内に動画を撮り直したいと考えています。
現在公開中の動画と実物とのイメージの違いですが動画の半分以下のスピードで浮上・沈下するとお考えください。
ラインの種類や太さ、使用するスナップによっては「サスペンド」になる個体も出てくると思います♪

「CB」のテストを終えた後に何気にジグヘッド+フラッシャーワームのセットがボックスの片隅にあったのでそれをセットして落としてみたらミニカサゴが入れ食い♪
6
マジで激ミニカサゴっす(爆)
最大は20cm有る無し、最小は・・・図ってないけど多分3cm(汗)
トドメに20チョイのアコウ(キジハタ)もヒットしてきたとゆー。

狙ったポイントは「吉見丸が係留されてる護岸の際です♪」
超ミニサイズなのにフラッシャーワームは見事に折れ曲がってすっぽり口の中に入ってる・・・
吸い込みバイトに対しては秀逸な性能を見せてくれました。

・・・その他にももう一つルアーのテストを行なっていたのですが、これはまだオフレコ。
スイムテストしてたら、中本渡船の船長が隣に来て「これは面白い♪」と一言。
実際にルアーの後ろに豆アジやフグ、ミニセイゴ、カワハギなどがワラワラと集まっております♪
船長をご存知の方は知ってると思いますが船長は釣りにあまり興味無し(爆)
そんな船長でもこのルアーを見て「面白い」と言ってくれたので、もし皆さんにお見せしたら必ずや活性を上げてもらえると思います。
実際に我々も初めて見た時に「ウッハー♪」になってしまいましたし(爆)
このルアーに関しても情報公開OKが出ましたら皆さんにご報告させて頂きますのでお楽しみに!!

一通りのテストを終え、ようやく海から山に移動を開始します。
行き先は・・・「陽気な狩人さん」
三隅からは三隅川を少しだけ遡って途中にある広域農道を東に走ると比較的楽に早く到着出来ます。

既に午後3時を迎えており、遅い昼ご飯を頂きます♪

・・・いつもこのブログを書いてる時に「うどんの写真撮っとけば良かった」と思うんですが、いつも忘れてます(笑)
釣行に関しても一部仕事としての面があるので「写真を・・・」といつも留意してるんですが、陽気な狩人には「行く」よりも「帰る」的な意味合いが強く、到着すると同時にリラックスモードに入っちゃうんですよね。
だから「写真を撮る」とゆー行為も脳内から消えてしまうワケ。
・・・多くの方が仕事から家に帰ってホッとした瞬間に「ブログの写真を撮らなければ」なんて思いませんよね。
自分にとっての弥栄はそんなカンジの場所です♪

しばしまったりさせて頂いた後に帰宅と相成ります。

翌日は久しぶりの「アジフリャー(小)」になったのは言うまでもありませぬ♪

 

 

自身のメインターゲットである山陰エリアのアコウ(キジハタ)はこれから徐々にフェードアウトしていき、代わりにアジメバがフェードインしてきます。
今回はその前哨戦とも言える釣行だったのですが、アジに関しては非常に良い感触を得ております♪
昨シーズンは既に良型のアジが釣れていたのでエリアによってはそろそろ良いアジの回遊が始まってるカモです。
メバルは今回、セイゴに邪魔された結果となりましたがこちらもそろそろ・・・♪

防寒対策と安全対策をしっかりして山陰ナイトゲームをお楽しみ下さい!!

 

さて、次はいつ行こうか???


Return to Top ▲Return to Top ▲