バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

広島のリサイクルフィッシングショップ「パゴス」のスタッフである「伊藤孝晃(バンダナ)」の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

【ラッキークラフト】FCTストリームドライブ45CBの全貌(製品情報)

ラッキークラフトのライトSW専用ミノー「ストリームドライブ」
既存のモデルは圧倒的な飛距離が最大の特徴です♪
メバルを中心にエリアによってはヒラセイゴやメッキなど多くのライトSWルアーターゲットを魅了し続けてきました!!
もはやラッキークラフトを代表するメバルプラグの一角であると断言して問題は無いでしょう。

そのストリームドライブに『FCT(ファイブコアチューン)モデル』の「FCTストリームドライブ45CB」が仲間入りします!!
正式名称は
【ラッキークラフト】ファイブコアチューン・ストリームドライブ45クリスタルボール
10
一般的には「FCTストリームドライブ45CB」という表記になると思います♪
尚、当ブログ内では以後「CB」と記載させて頂きます。

「CB」のスペックは以下の通りです。
■サイズ:45mm
■タイプ(ウエイト):フローティングモデル(2.4g)・スローシンキングモデル(2.6g)
■カラー:全9色(内1色はパゴス先行発売)
■定価:1,150円(税抜)
■製作:ラッキークラフト社
■販売:ファイブコア社

 

今回のブログではその全貌を公開させて頂きます♪

因みに写真は全てプロトモデルです。
製品版とほぼ変わりありませんが、一部目玉の仕様が異なっていたりと製品版と違う部分がありますのでご了承ください。
また、写真の一部はクリックすると大きくなります♪

 


 

 

開発の経緯『発端は1年前』

今回、開発に携わって下さったファイブコア・福田さんと「次シーズンのメバルプラグ」について話をしておりました。
どういった展開をすべきか・・・
何を「押し」にするか・・・

その中でラッキークラフト・メバルプラグの代表格とも言える「ストリームドライブ」をチューニング・カスタマイズする話が浮上。
それもより攻撃的に、魅力的にする方向で・・・
既存のストリームドライブに無く、尚且つメバルプラッギングに必要とされる要素は何か?
その答えの一つが「フローティングモデル」と「スローシンキングモデル」の追加でした。

これまでのストリームドライブシリーズの最大の特徴は何と言っても圧倒的な飛距離。
それはボディ内部に配された多数のウエイトがもたらした恩恵です。
しかし同時に「止めてじっくり見せる(魅せる)」事は苦手。
ポーズを入れるとその瞬間からフォールし始め、あっという間にメバルのレンジを抜けてしまうからです。

また「ウエイトの色」が個人的にとても気になっていました。
昨今のメバルプラグは誰が何と言おうとも「クリア系」が主流であり、安定した釣果をもたらします。
それ故にカラーはクリアを強調しつつ、一部分アクセントを入れるカラーリングが主体です。
その「クリアを強調したカラー」にも関わらず、ウエイトは鉛やタングステンを採用しているがゆえに黒・シルバー系となっています。
クリアボディの中に見える黒いウエイト・・・
コレがとてつもない違和感になっていたのですが、誰も指摘されませんし、「どうにかならないモノか?」という声も聞いたことがありません。
それは「コレはこういうモノなのだ」といった固定観念に囚われているからなのかと。

「その固定観念を排除」

バランスや浮力の調整、飛距離の確保にウエイトは必須であり絶対に外す事は出来ません。
そのウエイトをいかに目立たなくするか?
答えは簡単でした。

「見えない(見えにくい)素材にすればいい」

そこで考えたのが「ガラス球」
そこそこの自重があり、透明度も確保出来ます。
しかし次の問題に直面します。

「そのガラスをどう調達するか?」

ボディ内部のウエイトルームにインサートできるサイズのガラス球を新たに製作するとなるとコストがかかります。
少なくとも既存のストリームドライブシリーズより定価を上げる事だけは避けなければなりません。
この問題にワタシも福田さんも足止めを喰らいます。
色々な方面から使えそうな素材を探してみましたが、使えそうな素材が無い・・・
そんな時に福田さんから「素材を見つけました♪」との吉報が!!
調達場所などは最大のシークレットなので公開出来ませんが、まさかの場所でした♪
サイズも色々あり、我々の希望するスペックに最も近く、尚且つ大量に調達する事が可能♪
ココまでくると運命的なモノすら感じてしまいます(爆)
早速ストリームドライブにインサートしたサンプルを作成。
先にサンプルを手にされた福田さんからのTELは「ヤバいですよ♪」の連呼♪
そしてついにワタシの手元にもサンプルが届きます。
16
「これはヤバ過ぎる!!」

ウエイトが入っているにもかかわらず光を透過。
脳内イメージと実際にサンプルとでは大きな差が出る場合が多々あるのですが、これはイメージ通りですわ。
ボディを構成するプラスチックとガラス球に一定量の光が乱反射する為、完全な透明感こそ出せませんが今までの鉛ウエイトと比較すればその透明感は雲泥の差です。

ここで補足です。
「透明感にこだわるならソリッドボディにすればいい」とお考えの方がおられるかもですが、新たな金型の作成や作業工程の構築などが必要となります。
今までの金型に溶かしたプラスチックを流し込んで終わり・・・とはいかないワケ。
形以外の全てを最初から作り直す必要があるので期間の面でもコストの面でも現状では実現不可。
あくまでも既存のストリームドライブをチューニング・カスタマイズする事を前提でラッキークラフト・ファイブコア、そしてワタシは作業を進めております。

福田さんの超ファインプレーのお陰で今回最大の問題をクリア!!
次はバランスと浮力の問題に対処していきます。

ルアーのウエイトに鉛やタングステンが使用されるのは「素材そのものに比重があるから」です。
最小限のサイズで最大限の重さを・・・という意味では鉛やタングステンに適うものは無いと思います。
しかし、元々のボディサイズが小さいメバルプラグではウエイトを最小限に留めたとしてもやはり外からは思いっきり見えてしまいます。
今回採用したガラスウエイトはそのサイズこそ大きくなるものの、その透明性を利用やろうというモノ。
そしてストリームドライブ自体の構造が我々に大きく味方してくれました♪

「5ヶ所に及ぶウエイトルームの存在」

ストリームドライブはそのボディに5ヶ所のウエイトルームを備えています。
そのウエイトルームに対し、様々なパターンのウエイト配置を行なってバランスと浮力の両方を調整。
その結果「フローティング」と「スローシンキング」の2モデルが誕生しております!!

我々のこだわりと数々の偶然、必然が重なって今回の「CB」は誕生しました。
次により詳しい「CB」の特徴についてご説明させて頂きます!!

 


 

『クリスタルボール』
13
「ストリームドライブをもっとクリアに・・・」をコンセプトとして開発を進め、その立役者となったのがこのクリスタルボール。
・・・まぁ単純に「ガラス球」なんですけどね(笑)
初見の段階で超小型の水晶玉を連想。
更に高級感も狙って(笑)製品名には「CB(クリスタルボール)」と名付けております。
ウエイトとしての意味を保ちつつ、光を透過する最高の素材であると確信しています!!
ウエイトとしての性能に関して、鉛やタングステンと比較すると比重の差は圧倒的です(タングステン>鉛>>クリスタルボール)
しかし、ストリームドライブ独自の5ウエイトルームの存在により軽比重のデメリットを「ウエイトの数」で解決しました。
また軽比重+透明の特徴を活かして従来のストリームドライブでは実現できなかった「見せる(魅せる)釣り」を可能としていますが、その話は後ほど・・・
11
因みにクリスタルボールはラトル効果も発揮します!
ウエイトルームを4室(スローシンキング)もしくは3室(フローティング)使用しており、その全てにおいてウエイトを固定せずにインサートしています。
その為、独特の音響を発するモデルとなっています。
ラトルを意識した使い方としては、
強めのロッドワークや早めのリトリーブでラトル効果を最大限に発揮させた後のポーズで完全無音に・・・
竿を出来るだけ動かさず、尚且つ超スローにリトリーブしてスイム時のラトル効果を極力抑える・・・

などの方法が挙げられます。
ラトルがあるから必ずしも音を出さなければならない!!とゆーコトはありません♪

 


 

『カラー』
FCTストリームドライブ45CBは全9色をラインナップ!!
特徴はやはり「透明度」であり、更に「ホロリウム」で武装した色も複数色存在しております♪
プロトの段階で9色が生まれ、その中から5色程度まで絞る予定でしたがいずれも外すコトが出来ず全色採用した・・・とゆー経緯があります(笑)
それぞれのカラーの名称と特徴については以下の通りとなります。

[クリア]
5
暗黙の了解的なノリで確定した色です♪
クリア系の超定番であり、クリスタルボールの性能を最も発揮できる色と言えます。
・・・勘違いする人が多いので補足します。
クリアコートのみ施してあるのですが、一番簡単な色ではありません。
透明がゆえに気泡やコートのムラ、その他の不具合が発見されやすく、最も気を使う色の一つです。

[クリアホロリウム]
6
ホロと夜光の両方を兼ね揃えた画期的な素材「ホロリウム」をクリアボディに配したカラーです。
蓄光させなければホロとして、蓄光させると暗闇でホロ部分が発光しターゲットを誘惑します。
「クリア」に比べて透明感が損なわれていますがそれはホロリウム塗布による微細な凹凸が光の乱反射をより強める為です。

[クリアキャンディ]
3
様々なメバルプラグに採用され、人気・実力ともに高いカラーです。
ホロリウムとの併用も考えましたが、より高い透明感を優先する為、ホロリウム無しとしました。

[クリアホロリウムチャートバック]
9
中国地方では別名「瀬戸内カラー」とも呼称されるカラーです!!
ホロリウムとの併用により攻撃力を高めました。
因みにパッケージ表記は文字数の関係で「Cホロリウムチャートバック」になります。

[クリアホロリウムチャートヘッド]
4
「Cホロリウムチャートバック」よりも透明性を高め、ヘッド部分にバイトマーカーとしてのチャートを配したカラーです。
クリアは地味すぎなカンジ、でもチャートバックは派手過ぎるよーな・・・って時にお使い下さい!!
こちらもホロリウムを使用しております!!

[クリアホロリウムピンクバック]
8
今回の「CB」では最も派手な色になります♪
何かと外せない定番カラーの「ピンク」とホロリウムを融合させた攻撃的カラーです。
ただ、人間の目には派手に映っても魚にはナチュラルに見えてるカモ・・・

[クリアグリーンシュリンプ]
2
俗に言う「カブラグリーン系」のカラーにシュリンプ柄を併用しています。
「恐らく」今回の「CB」で一番売れない色だと思います(爆)
この色を好まれる方、チョイスされた方はこの系統色の爆発的威力を熟知された方に違いありません♪

[クリアブラウンシュリンプ]
7
見たまんまの「エビ」です♪
透明感に長けたエビをモチーフとしており、ホロリウムも非採用としました。
「ナトリウム灯」の下でも威力を発揮する為、別名は「オレンジ外灯スペシャル」です!!

[クリアホロリウム赤チリ]
1
定番の赤チリにホロリウムを配したパゴス的に超定番+超実力派+超人気カラー!!
その実力は今さら語る必要は無いでしょう・・・
尚、このカラーのみ「パゴス先行発売」とさせて頂きました!!
当面の間(2016年1月末まで)はパゴスのみでの販売となりますのでどうぞヨロシクお願いします!!

色についてはそれこそ「色々」考えたのですが、一発目は定番系カラーばかりをチョイス。
今後の動向次第・・・ではありますが、「CB」はファイブコアの定番商品となる予定。
9色ある既存カラーはその内にいくつか淘汰され、新たな色が追加・・・となるハズですのでその時が来るまで「色々な色」を温めておきます♪

 


 

『フローティング・スローシンキング』
クリスタルボールの採用は、従来のストリームドライブシリーズの強みであった「圧倒的な飛距離」からの完全なる脱却を意味します。
しかし、サイズ相応の飛距離に戻っただけですのでその点は誤解されませぬよう♪
通常レベルの飛距離は稼ぐことが出来ます!!

圧倒的飛距離と引き換えに得たのは「フローティング」「スローシンキング」の2タイプ。
これまでファーストシンキングモデルのみ展開していたストリームドライブシリーズでは画期的な追加モデルとなります!!
1514
フローティングとスローシンキングの違いは全5室あるウエイトルームの内、何室にクリスタルボールが入っているかによって異なります。
フローティング(写真左)には3室、スローシンキング(写真右)には4室にそれぞれクリスタルボールが入っています。

特に「CB」はクリア(光の透過)にこだわったモデルであり、「ターゲットにじっくり見せたい」という思いがあります。
また、メバルゲームでは狙ったレンジ(層)に出来るだけ長時間ステイさせたいという思いもあります。
そういった意味では「止め」「ほっとけ」の最大効果が期待できる「フローティング」や「スローシンキング」は必要不可欠でした。
「CB」のテストの初段階でクリスタルボールの光透過性に大きな可能性を感じ、それと同時にフローティング・スローシンキング化を目の当たりにし「これは絶対に製品化しなければならない!!」という思いを一段と強めています。
ここまで言えばお分りの通り、今回の「CB」は
■フローティングモデル:水面~水面直下(30cm以浅)
■スローシンキングモデル:水面直下~1mまでのレンジ
でのゲームを視野にいれたモデルです!!
スローシンキングモデルは当然ながらポーズ時間を長くとればとる程に深いレンジまで到達しますが、我々は1mまでのレンジでお使い頂く事を念頭に製作しております。

2つのタイプのそれぞれの「浮き沈み具合」ですが、動画にてご覧くださいませ♪
(広島湾の海水を水槽に入れて撮影しております)
(ラインはフロロ4LB、スナップはヤリエ・スナップリングMサイズを使用しています)

「フローティング動画」

「スローシンキング動画」

尚、フローティング・スローシンキングいずれのタイプもフィールドではもう少しスロー化するとお考えください。
フィールドではキャスト後のラインの重さや表面張力が大きく影響しておりますが、水槽ではそれがほとんど影響しない環境となってしまいます。
また、「PEライン+リーダー」「フロロ単体」「ナイロン単体」「ポリエステル単体」などラインの素材やシステムにも影響を受ける事を考慮して下さい。

フローティング・スローシンキング共にまだまだ進化できる部分があると感じています。
よりスローに沈下or浮上するモデルだったり、より早く沈下、浮上するモデルだったり・・・
ウエイトの組み合わせはまさに千差万別であり、今後さらに画期的なウエイトが見つかる可能性もあります。

先ずは「ベース(基本)」となる2タイプをリリースさせて頂き、来季は更に洗練させたモデルも追加出来れば・・・と考えています。
そう、我々の視線は既に来シーズンを見据えているのです♪

 


 

『販売価格』
従来のストリームドライブシリーズは定価1,500円前後となっておりました。
昨シーズンに発売した「ストリームドライブ45HD・ファイブコアセレクション」に関しては定価1,150円です。
今回の「CB」ではカラーこそ定番系であるものの、クリスタルボールを採用した事を加味して少し高めの値段設定になるのでは?と思ってました。
ところがどっこい、ファイブコア・福田さんから提示された定価は「1,150円」
マジですか・・・?
より多くの方に「CB」を使って頂く為に、ファイブコアさんが頑張ってくれました♪
アングラー視点から見ても非常にうれしいですね♪

 


 

『その他』
目玉の色はフローティング・スローシンキングで分ける予定でしたが最終的には同じ目玉を採用しております。
ボディにどっちのタイプかをプリントしております。
目玉の色は「黒目シルバーフチ」です♪
17

「CB」に使用されているフックやスプリットリングのスペックは以下の通りです。
18
■フック:#14(ラッキークラフトオリジナル・ブラック)
■スプリットリング:#0

発売開始時期ですが、11月末を予定しております。
当然ながらパゴスでもガッツリ取り扱い致します♪
更に2016年1月末まで「クリアホロリウム赤チリ」をパゴス限定発売させて頂きます!!

 


 

多くのメーカーから色々なタイプ・サイズのメバル用プラグがリリースされています。
その中でも「FCTストリームドライブ45CB」は異色、かつ実力派ミノーとして皆様の良い相棒になってくれるものと確信しています!!

「CB(クリスタルボール)」
従来のウエイトには真似できない透明感。
従来のストリームドライブシリーズには無かった「フローティングモデル」「スローシンキングモデル」の設定。
圧倒的透明感とホロリウムの競演。

 

是非お試し下さい!!


Return to Top ▲Return to Top ▲