バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

アピスTV・SPBロケウラ話(釣行記)

10月8日より
【アピスTV】ストロングパワーベイトVol.101(http://www.apstv.net/spb/spb101.html
の配信が開始されました♪
1

アピスTVは無料の釣り動画配信サイトであり、色々なジャンルの釣りを紹介しております。
11
【アピスTV】⇒ http://www.apstv.net/
【ストロングパワーベイト】⇒ http://www.apstv.net/spb/index.html

ストロングパワーベイト(以降SPB)はその中のフィッシュアローチャンネルでございます♪

 

今回のSPBはバス・根魚・タチウオの3本立て!!

バスはフィッシュアローのボス「松本猛司氏」が徳島県は正木ダムにて新製品のミノー「スリーショット」で良型連発!!
[0分34秒~]
12

タチウオは松本さんと「楠本直樹氏」が兵庫県の武庫川一文字にて狙っておられます!!
[34分25秒~]
13

そして根魚は松本さんとワタシが島根半島(出雲)にてアコウ(キジハタ)を狙っております♪
[15分38秒~]
14

 


 

 

今回は島根半島ロケのウラ話を少々・・・

ロケを行なったのは9月2日と3日の2日間。
可能な限り海況の良い日を・・・と悩みに悩み、選びに選び抜いたのですが、もれなく荒天だったとゆー・・・
前日まで「雨は降るけど波低し」の予報だったのですが、当日は180度ひっくり返って「雨降らずとも波高し」
前日の日本海沖は大気が非常に不安定で竜巻が発生し、付近で操業していた漁船や港に大きな被害が出ております。
遠く離れた島根半島にも「ウネリ」として波及、これが今回の海況悪化の原因でもあります。
大気が不安定・・・なのは必ずしも雨をもたらすとゆーイミではありませぬ。
今回の「不安定」は雨予報をひっくり返す結果となったのですが、正直な感想は「雨降ってもいいから海況を良くして!!」とゆーものでございます。

今回はフィッシュアローのボスである松本さんも山陰入りされるというコトもあり、最高の天候+海況で最高のゲームをして頂きたかったのですが、こればかりはどうしようもありません。
一番最悪な事態(渡礁NG)にならなかっただけでも良しとし、与えられた状況下で最高のパフォーマンスをすべく全力を尽くします!!

渡船が出る港には荒天を避けてるのかイワシやサヨリが大量に入っておりました。
外灯下でピチャピチャやってるのを見て「その下に何かいるカモ?」と待ち時間にキャストしてみたトコロ・・・
15
中々にグッドサイズなカマスがヒット♪
そうこうしてる内に出航時間となり船に乗り込みます。

船長が気を使って外洋向きの磯にも行ってくれたのですが、どこもロケNGの判断となり湾奥に位置する磯にIN。
正直言うと「残念無念」となりますが、港に集結したベイトの事を考えると湾奥にもアコウ(キジハタ)が差している可能性が非常に高く、釣る事自体は問題ないと判断。

タックルに関してはワタシが現在テストさせて頂いている「ゼナック・スナイプS86XX」の1stプロトを松本さん、私が2ndプロトをそれぞれ使用。
リールもワタシが持っている「ダイワ・13セルテート3012H」でラインも同じ「よつあみ・リアルスポーツGソウルX8 アップグレードPE 1.2号」
使用リグは「マグバイト・バサロ」でワームは当然ながら「フィッシュアロー・フラッシュJシリーズ」となっており、全てにおいてほぼ同じセッティングとなっておりまする。
flash_j_split4sw_1flash_j_shad3sw_1
今回のロケでは「フラッシュJスプリット4インチSW」「フラッシュJシャッド3インチSW」が大活躍!!

 

釣行の模様は・・・「SPB Vol.101」をご覧下さいませ♪

 

本命とされる磯には2日間とも行く事が出来ず、自身が3級以下と評価している磯での釣りを強いられました。
それでも一投目でアコウ(キジハタ)の捕獲に成功!!
後は「ロケ映えする良型の捕獲」さえ出来ればロケ大成功となります♪
2
・・・因みにワタシが使用したタックルでリールが「セルテート3000H」になってますが、正しくは「セルテート3012H」です♪

[20分33秒]頃からは「エアー抜き」の解説を行なっております。
3
ディープレンジからパワーファイトでリフティングした個体のほぼ全てに浮き袋の膨張が見られます。
そのままリリースしても潜り切れずに浮き上がり、最終的に死んでしまうコトが多々ありますので是非エアー抜きをマスターして下さいませ!!
78
アコウ(キジハタ)の驚異的な回復力とエアー抜きの方法、安価なエアー抜き作成方法等を「山口県水産研究センター」が調査・解説しておられますので是非ご覧下さい!!
(↑の画像をクリックすると大きくなります)
ブームの過熱と共に確実に到来するであろう「個体の減少+小型化」
ワタシ自身も少しでも長く釣りをする為に必要以上のキープを慎み、釣った個体も良い状態に戻してからリリースする事を実践していきます!!
尚、カサゴに関しても上記のエアー抜きが出来ます!!
しかしながら、エアー抜きをした個体でも浮き袋膨張時のダメージが大き過ぎるのか時間の経過と共に死んでしまう場合が時折みられます。
カサゴ氏に関しては一旦フラシやタイドプール等に入れ、様子を見てからリリースする事をオススメいたします。



 

ワタシが使ってるエアー抜きはバスフィッシングでよく使われてる「ベンズメンダー」というモノ。
16
キャップ付きで針先を隠せるので安全。
また、エアー抜きとしては大きめなのですが、それゆえに釣り場で無くす心配も少なくお気に入り♪
パゴスでも取り扱いを予定しておりますので販売開始の際はどーぞヨロシクお願いします♪
因みに販売の際は「パゴスチューン」したモノを販売します♪


 


 

エアー抜きの解説が終わった後[22分頃]はフッキングミスからのリカバリーを実践。
15
針掛かりした個体は流石にムリですが、すっぽ抜けした個体に関してはかなりの確率でリカバリーする事が可能。
ミスった時でも落胆せず次の一手に集中です!!

[23分12秒頃]からは今回のメインリグである「マグバイト・バサロ」の解説をさせて頂きました!!
4
今回のロケはフラッシュJシリーズによるスイミングメソッドでのアコウ(キジハタ)捕獲が命題のひとつ。
そのスイミングメソッドに欠かせないバサロ・・・
開発テスト段階からフラッシュJシリーズとのコンビネーションを多用してきた経緯もあり、ゴールデンコンビと言って差しつかえない程に相性抜群です!!
vassallo_new1vassallo_tuned1
「バサロだけあれば完璧!!」とは言いません。
あくまでも数多くあるリグ・メソッドの一つにすぎません。
ですが、アコウ(キジハタ)狙いのアングラーにとって強力な武器となりますので是非使ってみて下さい!!

 

[26分20秒]からは2日目のロケに移行。
17
前日はウネリが強い為に早上がりし、翌日に全てを掛ける事に。
・・・で、希望の磯にはこの日も上がる事が出来ず・・・でしたが、時間の経過と共に海況が良くなる可能性があり、近くの磯でロケをしながら待つ事にしました。
6
ここまで沈黙を保ってきた松本さんにアコウがヒット!!
「ぶち」カワイイサイズでした(爆)
それでも「まず1匹」は非常に大事!!
この1匹がロケ後半の「松本ラッシュ」に繋がってゆきます・・・

7
ワタシはホームでの釣りとゆーコトもあり、終始安定した釣果を出させて頂いております♪
サイズはこのエリアのアベレージクラスばかりですが、「ロケ成功」を実現すべく着々と確実にアコウ(キジハタ)を捕獲♪

その後はバイトが途絶え、海況は少しずつ確実に悪化・・・
18
・・・写真では穏やかなよーに見えるんだけど、周期的にやってくるウネリの一発一発が強烈で時々身の危険を感じるレベルでした(汗)
希望磯への渡礁は完全にムリだと諦め、初日に上がった磯に再度上がりラストバトル。

[30分25秒から]この磯も前日より少しだけ波が荒く、前日とは少し立ち位置を変えております。
8
それが功を奏したのかコンスタントにバイト!!
そしてワタシが釣った最大サイズもココで捕る事が出来ました♪

9
[31分47秒]遂に「松本ラッシュ」が始まります・・・!!
口火を切ったのは「ムラソイ」
それもデカい・・・
ロケ中は種類の特定が出来ず、ベッコウゾイかも?的な事を言っておりますがその後「ムラソイ」である事が判明。
この大きさは山陰でも非常に珍しいレベルでワタシ自身も初めて見ました。

そして松本さんが「(釣り方が)分かった!!」と一言発せられます・・・

初日から見てて「問題ない」と思っていた松本さんのスイミングアクション。
でも、ワタシとの捕獲数の差は歴然でした。
松本さんは常日頃からバスフィッシングをしておられるだけに釣りの動作に関しては全くと言っていい程に完璧レベル。
なのに釣果に大きな差が出るのは「何かが違うから」
それが分かれば松本さんに指摘できるのですが、ワタシ自身も何が違うのかが分からない・・・
タックルに関してはほぼ同等のセッティングとなっておりますので、残るはアクションや諸動作の部分。
その「違い」を松本さん自らが感じ取り、修正された事で今までの状況がウソのように「狙って獲る」を実行。

10
そして「ロケ大成功」を決定づけた40アップを捕獲!!
ロケ終盤での大逆転劇でした♪

「最後まで諦めない」
「常に考える」

これが今回のロケ大成功に導いたキモだったのかもです。

・・・因みに40アップ捕獲劇の後、「ワタクシ、激烈焦りまくり」でミスを連発(爆)
幸い(!?)にもカットしてくれてましたので恥ずかしい姿を皆さんにさらさずにすみましたけど♪

本来は2015年春にロケを・・・と考えておりました。
理由はこれまでの経験により春にランカーが捕獲出来る確率が高い為です。
ところがどっこい2015シーズンを迎えてみると序盤は非常に釣況が悪かったとゆー・・・
初夏を過ぎたあたりから状況は好転したものの、他の取材等が重なってしまいこの日までロケを延期してしまいました。
いやはや、取材やロケは難しいっす(苦笑)

結果としては「ロケ大成功」になりましたが、これも各方面の協力があったからこそ。
今回のロケでお世話になった皆様、本当にありがとうございました♪
そして松本さん、カメラマンの小杉さん、本当にお疲れ様でした!!
次回もどうぞヨロシクお願いします♪

 

アピスTV・ストロングパワーベイトはこれからもバスフィッシングはもちろん、新たに参戦したソルトシーンにおいても全国各地の様々なターゲットを狙っていきます!!
フラッシュJシリーズの驚異的なポテンシャルは要チェック!!
動画は文字や写真よりも得るモノが大きく、初めての方には特にオススメ♪

是非是非ご覧くださいませ♪

 


 

【タックルデータ】

■ロッド:ゼナック・スナイプS86XX(1stプロト・松本さん使用)
■ロッド:ゼナック・スナイプS86XX(2ndプロト・バンダナ使用)
■ロッド:アブ・ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR
■リール:ダイワ・13セルテート3012H
■メインライン:YGKよつあみ・リアルスポーツGソウル アップグレードPE X8(1.2号-200m)
■リーダー:バリバス・コンパクトショックリーダー(22~25lb)
■リグ:マグバイト・エクストリームスイミングリグ「バサロ」(14g~28g)
■フック:マグバイト・アッパーカットオフセット(#1/0・#2/0)
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJ3インチSW
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJシャッド3インチSW
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJシャッド4インチ
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJスプリット4インチ
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJグラブ4.5インチ(プロト)
■アイウェア(実釣時):ストームライダー・ブラックエディションSR-009-P-6(レンズ:スレートグレー)
■アイウェア(移動時):アイガン・ウィズドライブ NIGHT & DAY(001_BK)
■ライフジャケット:サブロック・ヴィーワンベスト(マルチカムブラック)
■フットウェア:シマノ・ドライシールド ジオロック カットラバーピンフェルトシューズ FS-155J


Return to Top ▲Return to Top ▲