バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

ロック&グルーパー2015シーズン・6thコンタクト「スイミングdeオニオコゼ」(釣行記)

遅くなりましたが9月27日(日)に山陰入りしておりましたのでその時の模様を…

今回はお客様である「土居さん」と一緒に山陰入りしております♪
かねてから山陰ロック&グルーパーゲームに・・・と言っていたのですが荒天続きで中々実現せず、ようやくこの日に出撃する事が出来ておりまする♪

土居さんはショアジギなどソルトルアーが主体のアングラーですが、山陰の磯からのロック&グルーパーゲームは初めてとのコト。
この日の為に磯シューズを購入された位なので、比較的足場の良い磯で海況の良い時に・・・と考えております。

今回チョイスしたのは「島根半島」
現在、ワタシは三次に住んでおり、広島市内在住の土居さんには三次IC付近に来て頂き、そこからは一緒に山陰入りするプランとさせて頂きました。
三次での集合時間は27日午前3時。
そっから一気に松江道を北上して目的のエリアにINします。

港を出港したのは午前5時半ごろ。
船長曰く「連日、午前中から北東風が強烈になる・・・」とのコト。
エサ師の方と比べてルアーマンは機動力に優れてる為、海況悪化に伴って渡船が撤収に来てもすぐに対応できます。
それを考慮して海況の良い夜明けから数時間は外洋向きで、その後海況が悪化してからは湾内で・・・とゆーゲームプランを船長から提案して頂きワタシも完全同意。
自身も初めてとなる磯に上がってタックルをセット、キャスト開始です♪

海況は…微風ベタ凪で「ホントにこれから悪化するの?」って思えるほどにベリーグッドな状態です♪
ただし、遠くに見える風力発電のペラが北東からの風を受けてグリングリン回ってるので船長の言う通りこれから爆風になる事が予想されます・・・
その前に土居さんに釣ってもらうコトと同時にエリア全体の把握をしておかなければ・・・

今回、土居さんも「マグバイト・バサロ」「フィッシュアロー・フラッシュJ-SWシリーズ」を主軸にゲームメイクして頂きました。
要となるのはもちろんアクションであり、その点にはかなり細かく「あーだこーだ」言わせて頂きました(爆)
vassallo_new1vassallo_tuned1flash_j_split4sw_1

 


 

「バサロ」のスイミングメソッドについてレクチャーさせて場合にほぼ全ての方がやってる間違いは大体4つ。

1.アクション(ロッドワーク)が大き過ぎるor鋭過ぎる、もしくはタダ巻きになってる。
2.ボトムを意識しすぎてズル引きに近くなってる。
3.アクションがスロー過ぎる。
4.ロッドの握り方に問題アリ。

・・・因みに「間違い」と言えば悪いコトに思えますが、全然そんなことはありませぬ。
あくまで従来の「根魚ゲームにおける基本的な誘い方」とスイミングメソッドが大きくかけ離れてるコトと、ワタシが開発に関わったロッドが少しだけ特殊なだけっす。
これまでの根魚に対する概念やイメージを一旦捨てると会得しやすいかと思います♪
ワタシも最初は「間違い」ばかりをやっており、試行錯誤の末に現在のスイミングメソッドを獲得しています。
一朝一夕・・・とはいかないかもですが、必ずや皆さんのロック&グルーパーゲームの武器になりますので是非体得して下さい!!

 

1.アクション(ロッドワーク)が大き過ぎるor鋭過ぎる、もしくはタダ巻きになってる
スイミングメソッドはスイスイ泳がす事を目的としており、ピョンピョンとした動きは求めておりませぬ。
それにもかかわらずロッドワークが大きいとリグの動き(上下の移動幅)が極端になってしまいます。
また、ナチュラルなスイミングを基本としておりますのでアクションが鋭過ぎるとナチュラルスイミングから逸脱してしまいます。
・・・状況によってはそれらが良い結果をもたらす場合もあるんですが、「基本」はスイスイと「無防備&無警戒に泳ぐ魚をイメージ」しながら泳がせ続ける事が大事です。
ロッドワークはあくまでもリズムを取るためのモノ。
ロッドを動かさずにリールの巻きだけでもバサロは理想の動きをしてくれますが、ロッドを動かさずにスイミングメソッドを1日中続けるのは中々に厳しいっす。
リズムによって一定の動きを安定して継続するのがロッドワークによるリズム取りの最大のメリットです♪
バサロはオートマチックに魚を誘惑するリグですからね♪

 

2.ボトムを意識しすぎてズル引きに近くなってる
ボトムを意識するのは根魚ゲームにおいては基本中の基本です。
しかしながら、ボトムと接する機会が多ければ多いほどに根掛かりの確率は大きくなります。
バサロを用いたスイミングメソッドでは泳がせてからテンションフォールで着底、また泳がせて・・・の繰り返しでボトムとリグが接するのは「点」であり、線でも面でもありません。
アコウ(キジハタ)の食性を考慮し、尚且つ根掛かりを回避すべく生み出されたリグでありメソッドなのですが「根魚=ボトム」を意識するあまりズル引きに近い動かし方をするアングラーが後を絶ちません。
その結果、根掛かりでリグをロストしてしまうとゆー・・・
今回、バサロを始めて使われた土居さんは正味7時間の釣りでバサロのみを使われましたがロストは2個だけ(ワタシも2個)
先日のフィッシュアロー・ストロングパワーベイトロケにおいて松本さんにも2日間に及ぶゲームのほぼ全てでバサロを使って頂きましたがロストはゼロ!!
エリアによってはどんなリグでも根掛かりが回避できない時もありますが、使い方さえ間違っていなければバサロはテキサスリグにも負けない根掛かり回避性能を発揮します!!

 

3.アクションがスロー過ぎる
テキサスリグやダウンショットリグがメインの方に多い傾向です。
決して間違ってはいませんが、スイミングメソッドは今までの根魚アクションの概念を覆す程にスピーディーな動かし方です。
「ターゲットが追えない・・・」と感じる方も多いカモですが、そんなコトはありません♪
また、リグのウエイトにもよりますがスロー過ぎると十分に底を切る事が出来ずボトムコンタクトが増大=根掛かりの原因となります。
バサロのアクション解説動画を載せておきますのでそのスピードをご確認下さい。
因みに使ってるリールは「ダイワ・13セルテート3012H(ハイギア)」です。

 

4.ロッドの握り方に問題アリ
色々なご意見があるようですが、ワタシのロック&グルーパーゲームは「パワーゲーム」です!!
よく「魚を怒らせないように優しく・・・」という表現を見聞きしますが、ボトムの状態が不規則でターゲットのサイズも不明な状態でワタシはそういった優しいファイトは出来ません。
オフセットフック使用が基本である以上は「ガツンッ!!」と掛けて全力で抵抗するターゲットと力で対峙する・・・のがワタシのスタイルです。
そうなればパワーの面で有利なベイトタックルが良いのですが、ワタシはスピニングタックルオンリー。
常にフルキャストでディープレンジまでリグを落としてアクションさせるにはベイトよりもスピニングのほうが有利だと信じているし、実際に両方使ってみた結果でスピニングをチョイスしてます。
そのスピニングタックルのパワーを最大限まで活かす為にフォアグリップ(グリップの上の部分)を握るスタイルを推奨しております。
ワタシがテストさせて頂き、現在販売されているロッド「アブ・ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR」や現在テストさせて頂いている「ゼナック・スナイプS86XX」のいずれもフォアグリップを握る設計になっています。
多くの方がリールフットを人差し指と中指の間に挟んでロッドを握るスタイルだと思いますが、ロッドのパワーやトルクを最大限に活かす為にフォアグリップホールドを身につけて下さい!!
因みにスイミングアクションもやりやすくなりますよ♪

上記を踏まえ、バサロ解説動画をもう一度ご覧ください♪
注目するのは魚を釣ってるトコでは無く「ロッドワーク(アクション)」「スピード」「ロッドの握り方」です!!
⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=fhMWxVJSrkE

 


 

・・・ハナシを島根半島に戻します。

土居さんに気が付いた事をレクチャーしながらもワタシ自身は周囲の地形把握を継続。
大まかではあるものの脳内に海底のイメージが出来上がってきました。
次は「まず1本」を目指します。
サイズうんぬんよりもまずはどちらかが1本釣る事で安心したいワケです(笑)

足元から一気に落ち込んでいる地形なので足元並行キャストで垂直に近いカケアガリの最深部を中心にトレース・・・
そして明確なバイト!!
3
ファーストフィッシュはミニアコウ(キジハタ)さん♪
何はともあれ一安心です♪

横で見てても問題ないと判断出来る程にロッドワークがサマになってきた土居さん。
あとは釣るだけっす。
外洋向きは立てるスペースが限られておりそれぞれ交互に入れ替わりながらキャストを繰り返します。

同じスポットへ何度もキャストする状況に近いのですが、厳密にいえばワンキャスト毎にボトム着底する「点」は異なっております。
アコウ(キジハタ)の後ろで着底するのには反応しないとしても目の前や直上からフォールするリグには反応するかも・・・
また同じスイミングでも個々に微妙なリズムや動かし方の差異があります。
ワタシのアクションには反応しなくとも土居さんのアクションには反応するかも・・・
さらにワームのカラーやサイズ、リグのウエイトにも差異があります。
そう考えると同じスポットへのキャストは決して無駄ではありませぬ。

それを証明するかのように立ち位置を何度か替え、再度同じスポットにキャストした土居さんのロッドがついに曲がります!!
2
「初の山陰根魚ゲームで本命!!」
「おニューのロッドでの初フィッシュ!!」
「バサロでの初フィッシュ!!」
「スイミングでの初フィッシュ!!」
等々「初」尽くしの記念すべきファーストアコウ(キジハタ)をゲット!!
やりましたね土居さん!!

因みに土居さんが使われてるロッドは山陰アコウ(キジハタ)用にとワタシが開発に関与させて頂いた
【アブ】ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KRです!!
この日の為に購入して下さいました♪ありがとうございます!!
abu_sxks822mkr_1
残念ながら一瞬でメーカー今季生産分が完売、パゴス在庫も完売したのでパゴスでの購入は来季まで出来ませぬ・・・
しかしながら、今も在庫されてるショップさんがございますのでお近くのショップさんにご相談くださいませ!!

互いにアコウ(キジハタ)を捕獲しホクホクの二人。
次なる目標は更なる1本と更なるサイズアップ。
・・・釣り人の欲望は止まる事を知りませんな(爆)

持論ですが魚釣りってのは最初の1本がオニのように難しく、その1本を獲る事が出来たらその後は一定レベルまでは楽に達する事が出来ると思ってます。
土居さんもその1本を自分で釣られたワケなんで後はワタシ得意の「放置プレイ」っす(爆)
「あーだこーだ」言わずに自分の考えと感性でゲームを展開して頂きます。

 

二人が散々投げ倒した外洋向き。
「足元まできっちりトレース」とは言ってる&実践してるものの、キャストしてのトレースでは完璧な足元チェックは難しいっす。
そんな足元が気になってほぼ真下へバサロをポトン。
そして着底と同時にバイト!!
その重量感は良型を確信させるに十分でロッドパワーをフルに活用して一気に浮き上がらせます。
浮き上がったの良型のアコウ(キジハタ)で、勝ちを確信すると共に躊躇なくブチ抜きに移行・・・した瞬間のヘッドシェイクでフックアウト・・・
OH・・・NO・・・(極めて外人調)
足元でのヒットはフッキングが疎かになるのか、それともフッキングのタイミングが早過ぎるのか、はたまたロッドの弾力が活かせないからなのかバレるコトが多いっす。
「ブチ抜きを考えずにタモ入れをしたら獲れてたのか?」
「いやいや、タモ入れするまでの間にフックアウトしてただろう・・・」
後悔の念と共に色々な思いが脳内をグルグルしておりますが後の祭りってヤツです。

 

そしてワタシは気分転換もかねて隣の磯へ調査に赴きます。
少しだけですがクライミングまがいの動きが必要だったので「また今度」と思ってたんですが、気分転換には良さそう♪

この頃から風が徐々に強まっており、この磯がもう少しで終了(撤収)するだろうと予想。
移動先も初めてキャストする場所なので急いでチェックを開始。
土居さんはと言いますと、風裏となる岩場の向こう側に移動し、内湾向きをチェック。
それぞれが別々の場所で次なる1本を目指します・・・

時折風が強まって海中が見えにくくなってきましたが偏光を通して足元から数メートル先にあるブレイクを把握。
どう見ても一気に落ち込んでるカンジなんでその付近を集中的に狙ってみます。
キャスト自体はフルキャストで可能な限り遠くへ。
沖のストラクチャーも同時に探すいつもの作戦です♪

ブレイクに差し掛かる辺りから速いスイミングに移行させてリアクションバイトを誘発させてみる事に。
その数投目の激早スイミングに「ドスっ!!」とバイト。
一気にボトムから引き剥がすようにパワーファイトに移行します。
急激なブレイク故にラインへのダメージが気になる所ですが、根ズレを感知するまではひたすらにパワーポンピングで対応。
アコウ(キジハタ)独特の重厚な突っ込みは無いものの重量感自体はかなりのモノ。
「良型のカサゴ氏か?」
そんなコトを思いつつリフティングし続け、ついにその姿が見え始めます。

「Wind is blowing from the aegean 女は海~♪」

と言わんばかりに両方の胸ビレを大きく広げた正体不明の魚がユラユラしながら浮かび上がってきた・・・(爆)
脳内クエスチョンマークになりながらもしっかりフッキングしてる事を確認してからブチ抜いて捕獲完了!!
空中を舞う姿を見てようやくエモノの正体が分かりました。
7
その正体はジュデ・・・もとい「オニオコゼ」
カサゴ等も含め根魚の多くが背びれに大なり小なり毒を持ちます。
その中でも強力な毒を持つのがこのオニオコゼっす。
6
毒のある背ビレはぶよぶよの柔らかい皮に包まれており一見すると刺さりそうにありません・・・がその皮の下には非常に鋭い毒トゲが隠されております。
また、敵に対して威嚇・攻撃の意味で背びれがワサワサと敵に向けられます。
オニオコゼに関しては背ビレさえ気を付ければあとはカサゴ氏と一緒なんでなれるとバス持ちもオッケー♪
・・・ただし、バス持ちしようとして刺されても責任は持てませんので悪しからず・・・

バサロでも、フラッシュJでも自身初の獲物となるオニオコゼ。
新たなバサロ捕獲魚種追加です♪
ほぼ完全な待ち伏せ型の捕食行動の為、目の前をトレースするor落とす以外に喰わせる方法が無く狙って獲るのはほぼムリ。
狙って獲る唯一の方法は「居るコトを信じてひたすらキャストし続けるコト」位っすかね。
・・・それって「狙う」ってゆーより「運頼み」っぽい気もしますけど(笑)

その体色やぶよぶよの表皮が災いしてか「ボロゾーキン」等と散々な呼び方をされる事の多いオニオコゼ。
・・・でも水中から「Wind is・・・」って浮上してくる様子は非常に美しかったことをココに記述しておきます。

アコウ(キジハタ)と同等か捕獲確率から言えばそれ以上に希少かつ高級なお魚の捕獲でワタシは「もう満足ぢゃ♪」状態にIN。
そして北東風が本格的にビュービューになったタイミングで渡船がやってきて撤収の合図。
素早くタックルを片して船に乗り込みこの日最後のエリアにINします。
4
ココは先日の「フィッシュアロー・ストロングパワーベイトロケ」で入釣し、松本さんが会心のアコウ(キジハタ)をゲットされた磯。
波の影響を受けにくく青物の実績が高い為、エサ師の方も多いのですが空きがあったので入れてもらう事に。
ロケの時よりも更に荒れて風も吹き荒れていますがココを最後のエリアと決めてキャストを再開。

互いに小型のアコウ(キジハタ)を複数ゲットしたものの、厳しい時間が続きます・・・

そしてタイムリミットの午後1時になろうかとするまさにラストチャンスで土居さんのロッドがひと際大きく曲がります!!
5
捕獲されたのはこの日の最大となったアコウ(キジハタ)!!
本人曰く「メチャ引いた」そうです♪
根魚のファイトは重いだけと思われる方も多いですが、アコウ(キジハタ)等のグルーパー(ハタ)類は特に強烈なファイトを見せてくれます!!
このアコウ(キジハタ)は30チョイの中型サイズですが、それが40アップの大型クラスになったら・・・
今後の楽しみがまた増えましたね、土居さん♪

文字通り「最後の最後」でグッドフィッシュを捕獲されたのでワタシもホッと一安心♪
・・・内心「風裏の地磯にでも歩いて行って夕方まで釣りするか?」なんて思ってましたがこれで心置きなく納竿して次の楽しみ(蕎麦食い)に移行できますわ♪

港に戻ってからは船長にお礼を言ってから一路「奥出雲」へ車を走らせます。
行き先は「山県そば」さんです♪
8
到着は午後3時過ぎとかなーり遅い昼ご飯となりましたがお腹を思いっきり減らせた甲斐(!?)アリで割子そば5段をペロリ♪
お腹を満たしてから高野までは下道を走り、そこから松江道に乗って三次へ。
土居さんの車を停めてた駐車場に戻った時には午後5時になっておりました。

土居さん、本当にお疲れ様でした!!
今回は「スイミングメソッド」と「最初の1匹」を獲得して頂くのが目的でしたがそれを見事クリアされました。
今回のイメージを忘れる事無く次回釣行時に活かして下さいませ♪
そしてまた是非ご一緒させて下さい♪

最近の山陰エリアは午前中から北東系の強風が吹き、エリアによっては厳しいゲーム展開を強いられます。
特に今回行ったエリアは中々に厳しく船長と相談しながら最善策を模索しました。
それでも結局「風」とそれに由来する「波」に翻弄されたカタチになったんだけどね。

今回の土居さんとの釣行においては「とにかく1匹」と「スイミングメソッドとは?」を重視した釣行だったので完全に風裏になるエリアをランガンするプランでも良かったのかもです。
今後はもっと柔軟にエリア選択を行ないたいと思います。

今後の山陰ロック&グルーパーゲームですが、上記の通り風・波との戦いとなります。
海況さえ良ければ10月末、いや11月一杯は十分に狙う事が可能ですので天気予報とにらめっこしながら凪の日を狙って出撃してみて下さい!!
ワタシもまだまだロック&グルーパーモード全開です♪

 

さて、次回もお客さんとの釣行を予定しております。
取り敢えずエリアと日程は大体決めたんだけど、後は天気だけやな・・・

 


 

【タックルデータ】

■ロッド:ゼナック・スナイプS86XX(プロト)
■ロッド:アブ・ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR
■リール:ダイワ・13セルテート3012H
■メインライン:YGKよつあみ・リアルスポーツGソウル アップグレードPE X8(1.2号-200m)
■リーダー:バリバス・コンパクトショックリーダー(22lb)
■リグ:マグバイト・エクストリームスイミングリグ「バサロ」(14g~28g)
■フック:マグバイト・アッパーカットオフセット(#1/0・#2/0)
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJ3インチSW
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJシャッド3インチSW
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJシャッド4インチ
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJスプリット4インチ
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJグラブ4.5インチ(プロト)
■アイウェア(実釣時):ストームライダー・ブラックエディションSR-009-P-6(レンズ:スレートグレー)
■アイウェア(移動時):アイガン・ウィズドライブ NIGHT & DAY(001_BK)
■ライフジャケット:サブロック・ヴィーワンベスト(マルチカムブラック)
■フットウェア:シマノ・ドライシールド ジオロック カットラバーピンフェルトシューズ FS-155J


Return to Top ▲Return to Top ▲