バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

ロック・キング3「幻50cup-2019」無事終了しました!!(バンダナ雑記)

2019年9月15日(日)に島根半島は鷺浦エリアにて開催されたアコウ(キジハタ)の祭典
ロック・キング3「幻50cup-2019」(以後ロッキン3と呼称します)
は無事閉幕を迎えるコトが出来ました♪

参加して下さった皆様、運営スタッフの皆様、小国屋渡船・米井船長、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!

ワタクシ、今回「も」運営スタッフの一人としてロッキン3に関与させて頂きました。
…で、そのワタシが見てきたロッキン3の模様をご報告させて頂きます^^

先ずは結果報告のパンフレットをご覧下さいませ♬
15

ロッキン3当日は天候が少々心配されておりました。
最も懸念されたのは「風」
ワタシは大会前日と前々日に隠岐の島に行っており、風に悩まされる時間がありました。
15日も昼前から強風になるとの予報になっており、状況によっては競技時間の短縮もやむなし…な状況でした。
今回のロッキン3でお世話になった「小国屋渡船(光洋丸)さん」の米井船長も風による海況の悪化を心配されており、最終的な撤収判断は船長に一任。
後は最後まで天気が安定することを祈るのみ…



参加受付は15日午前4時から4時30分まで行ない、その後に開会式。
ポッキンさん(辻本ナツ雄氏)よりルールの説明がなされました。
4948
乗船&渡礁に関してはワタシが仕切らせて頂いております♬

競技スタートは15日午前5時30分。
12
渡礁は3便に分けて実施。

小国屋渡船さんがカバーするエリアの東側から順に渡礁して競技開始となります。
当然ながら渡礁には時間が掛かり、第1便のトップから第3便のラストまで約1時間程度のタイムラグが生じます。
その為、競技終了後の回収は第1便のトップから行なって競技時間の均一化を図りました。

13
競技開始の段階で風は微風、そして海は凪状態。
非常に良いコンディションです♪

ワタシは渡船のポーター役として船長と共に参加者の皆さんを各磯にエスコート。
…何度も港と磯を行き来してる間、ビミョーに酔ってしまったのはココだけのハナシです(爆)
11
午前6時30分頃に全員の渡礁が完了し、それぞれの磯でそれぞれの釣りが展開されます。

ワタシを含めた運営スタッフはその間「まったりタイム」です♪
鷺浦港にある波止の外側でチョイ釣りをしてみたトコロ…
10
ミニアコウ(キジハタ)ゲット♪
幼魚が超シャローエリアに入ってきており「秋」を強く感じさせられましたね。
港内では共に運営スタッフとして会場入りした梶本さんと仲良くタコを1ハイずつゲット♪

そうこうしてる内に見回りの時間になり、再び船に乗り込みます。
…今度は根魚タックルを持って…

開会式の時点で競技終了は午前9時30分と説明したのですが、予想よりも海況が良かったコトもあり競技時間は延長。
14
各磯におられる参加者の皆さんにその旨を報告しつつ見回り。
その後、ワタクシの「ちょっとお楽しみタイム」が始まります♬






「ちょっとお楽しみタイム」それは米井船長のご厚意による船の上からの根魚ゲームです^^
あくまで船長のご厚意につき、普段は船の上からの釣りは一切行われてないのでご注意ください。
…まぁ「役得」ってヤツです♪

エリアの東方面で競技されてる方の邪魔にならない沖合にてまずはキャスト。
…が全然アタりませぬ…
潮の流れも非常に緩く、魚探にもベイトの反応すら皆無。
昨年の大会でサクッと40cm後半のアコウ(キジハタ)をゲットしたスポットもチェックしたんですがココも無反応。

そこでシャロー絡みの岸打ちをしてみるコトに。
もちろん競技エリアの外です^^
そうするとサイズこそ中~小型ですがコンスタントにアコウ(キジハタ)がヒット!!

20
最近目覚めつつあるジグヘッドリグがこの日も火を噴きましたね♬
ワームは「フィッシュアロー・フラッシュJシャッド4インチSW」でシャッドテール部分をカットしてピンテールに変更したもの。
「ゼブラグロー/シルバー」のフラッシュJが使いたかったんですが、持ってなかったので現場で即席チューンしたワケです。
因みにシャッドタイプはフグなどにテールをよくカジられてしまいますが、捨てずにピンテール系ワームとしてお使い下さいませ♬

エリアチェンジしてから状況が良くなったのでこの機会に新製品のテストを…
現在、マグバイトでは根魚用のジグヘッドを開発中です。
ワタシがバサロシリーズと並行してジグヘッドでのゲームを展開してるのはジグヘッド開発が関与してるとかしてないとか(笑)

9
何にせよ問題無く釣れますわ^^

今回マッチさせたワームは「マグバイト・スナッチバイトシュリンプ」
ジグヘッドとの相性は中々にグーでございます。

8
開発中のジグヘッドに関する詳細につきましてはまだ公開できる状況ではありません。
…が引き続きテストを継続し、公開OKになりましたら随時当ブログ&SNSにてご報告させて頂きますね♬

7
カサゴ氏も好反応♬

マグバイトのジグヘッドに関してはプロトタイプがワタシの手元に届いて初の実戦投入でしたが非常に良い感触を得ております。
発売は早くとも来期になりますが、今から楽しみにしておいてください!!







…さて、あっという間に競技終了時刻を迎えました^^

競技開始時の第一便トップの方から順にお迎えです。
6
港に戻ってきた参加者はまず帰着申請を行ないます。
その帰着申請が完了した時点で検量です。
その間はスカリ等で魚を活かしておくワケですが、今回も「マグバイト・フローティングスカリ」をお使い下さってる方が多く、感謝感謝でございます♬

お迎え最終第3便が出る頃には風が強くなり、船長判断によって朝の渡礁順ではなく風に弱いエリアを優先してのお迎え。
それ以外のトラブルは無く、スムーズに全員の帰着が完了しております。

今回のロッキン3もグッドサイズのアコウ(キジハタ)が多数ウェイイン!!
1730
1921
2223
3132
ワタシがアコウ(キジハタ)を狙って鷺浦エリアに行くようになって数年が経過しました。
恐らく…ですが、鷺浦エリアで本格的に根魚ゲームを始めたのはワタシだと思ってたりします。
そんなワタシの目から見てエリア全体の釣果は確実に低下しています…が、同時に鷺浦に来訪されるロックフィッシャーのレベル&スキルは確実に上昇しています。
もちろんロッキン3参加者の皆さんも…です♬
それを今回のロッキン3ではこの目でバッチリ見させて頂きました!!

アコウ(キジハタ)以外に印象に残った獲物は「ミノカサゴ」です^^
18
島根山陰エリアでは非常に珍しいミノカサゴをウェイインされたのは京都から参戦された細見さんで何と2本ゲットされました。
「それもバサロシリーズで♬」
残念ながらアコウ(キジハタ)は1本のみだったそうですが、ミノカサゴのおかげで特別賞をゲット!!
細見さん、おめでとうございます♬
引き続きバサロシリーズをご愛顧くださいませませ^^

29
今回のロッキン3最大のアコウ(キジハタ)は荒島さんが捕獲された48cm
荒島さんは仲間の栗林さんと吉川さんの3人で参戦。
入釣エリアは全員「西の東黒」で栗林さんは4位入賞、吉川さんはカサゴ部門の2位に入賞されました^^
過去にはご一緒させて頂いたコトhttps://bandana0082.net/?p=6075もあり、皆さんバサロ&スナッチバイトシリーズをご愛用。
今回のランカーは別のルアーだったとのコトですが、次回は是非バサロでのランカーゲットをお願いしますね♬


そして今回のロッキン3では「アカハタ捕獲」の報告が複数もたらされました。
38
※写真のアカハタはワタシが大会の前日(9/14)に行った隠岐の島で捕獲したモノです(2匹捕獲)

多くの方がご存知の通りアカハタは水温の高いエリアに生息する根魚で主に四国や九州の南方面で釣れます。
…ですがその生息域は年々北上しており、昨シーズンの鷺浦エリアで釣友がアカハタを捕獲した時はエラく驚いたものですが、今シーズンはすっかり慣れてしまった感がありますね。
島根半島や隠岐のショアで釣れたアカハタはいずれも15cm前後と非常に小さく、現時点では「死滅回遊魚」に近い存在かも。
…でも、もしかしたら何%かが冬を乗り越える(乗り越えてる)かもです。
それが良いコトと捉えるか悪いコトと捉えるかは人によりけりですが、ワタシ個人としてはホームでのターゲットが増えるコトは正直嬉しく感じます。
今後も島根エリアのアカハタ事情に関しては調査&情報収集を継続していき、分かったコトがあったら当ブログでもご報告させて頂きますね♬



そして検量と集計が完了し、表彰式に移行です。

先ずは特別賞や外道賞から^^
見事賞を獲得されたにも関わらず写真が無い方もおられますが何卒ご勘弁下さいm(_ _)m
ワタシは渡船のポーター役でバタバタしておりましたので…(言い訳)
2425

2627

28
今回のロッキン3ではメイン表彰となるアコウ(キジハタ)3匹総重量の他に外道賞や審査員特別賞を多数ご用意!!
リミットメイク達成された方も、残念ながら達成できなかった方も平等に楽しめる大会…それがロッキン3です♪
来年の開催は既に決定しておりますので皆さん是非ご参加下さい!!

続きましてはメイン表彰です!!
今回は7位から1位までを表彰させて頂きました♪
お名前の次のカッコ「」はその方が入釣された磯の名称です。

34
第7位・花岡さん「小塩床」

35
第6位・西宮さん「小塩床」

36
第5位・奥田さん「サルワタリ」

37
第4位・栗林さん「西の東黒」

3
第3位・柿原さん「三味線」

2
準優勝・津田さん「マナイタ」

1
優勝・山崎さん「マナイタ」

上位入賞の皆さん、本当におめでとうございます!!

あれ?
今回も弟子の土居さんが参加してたはずなのに…???
残念ながら今回「も」釣果に恵まれなかった模様。
土居さん、まだまだ「修行」が必要ですね♬
またお誘いしますので修行の旅に出かけましょう!!


ここでお気づきの方も多いかと思いますが、今回のロッキン3では上位入賞者が特定のエリアに集中する傾向が特に強かった大会でした。
…まぁ釣り全般に関して「場所が釣果を左右する」のは至極当たり前のコトといえばそーなんですけどね(笑)

大まかに言えば小国屋渡船さんがカバーするエリアの西側に行かれた方が上位を独占されてます。
40
優勝の山崎さんと準優勝の津田さんが入釣されたのは「マナイタ」
昨年のロッキン3で準優勝された細見さんが入釣されたのも「マナイタ」でした。
…来年のロッキン3に参加を予定されてる方は要チェックのエリアです。
ただし、大会時のエリアはランダム決定ですけど(爆)

今回のロッキン3当日(9/15)は満月の大潮で全体的に潮の流れが悪い日でした。
世間一般では大潮は干満の差が大きく、結果的に潮の流れが速い…とされますが島根山陰エリアに関しては「大潮=潮が速い」とゆー図式は必ずしも当てはまりませぬ。
因みに15日の平均潮差(平均的な干満差)は約14cm。
潮の動きが悪いとされる小潮や長潮、若潮でも潮の流れが強い時もあります。
地元に精通した方でも読むのが難しい潮の流れですが、今回良く釣れたエリアは例外なく潮の動きが良かった、もしくは他のエリアよりよく潮が流れていたエリアでした。
「マナイタ」もその一つだったようです。

4位の栗林さん、48cm捕獲の荒島さん、カサゴの部2位の吉川さん達がおられたのは西の東黒でココも潮が良く動いてたそうです。
また外洋向きよりも「うね」方向や内向きが良かったみたい。

3位の柿原さんがおられたのは「三味線」で外洋向きは「西黒」や「西の東黒」にガードされてるいわば内向きのゲームを強いられるエリアでした。
ですが、西側から流れ込んできた潮が当たるエリアでもあり、グッドサイズを3本そろえて見事3位を獲得しておられます。

…因みに弟子の土居さんがいたのは「西黒」
ココは鷺浦でも屈指の根魚スポットで潮の動きも中々良いハズ…だったのですが、カサゴ氏のオンパレードで本命からのシグナルはほぼ皆無だったようです。
その代わり、土居さんの釣友である脇田さんが同エリアで見事アコウ(キジハタ)をゲットしておられます♬
内側(マナイタや三味線側)でアコウが釣れてるのを確認していながらも自身が信じる外洋攻めに徹し、最後まであきらめずキャストし続けた土居さん。
ワタシが同じ状況だったら間違いなく同じコトをしていたと思います。
そう考えるとお互いに今後も「修行あるのみ!!」ですね♬

鷺浦の東エリアは今回不発に終わった感がありますが、実際は非常に良い磯が乱立しております。
42
これは東エリアでも屈指の根魚スポットである「鶴島周辺」
特に「東黒」は西からの潮が直撃し、複数のストラクチャーが存在。
毎年ランカーアコウ(キジハタ)が出るA級エリアです。

因みにワタシが過去にマグバイトさん主導による動画撮影を行ない、プロトタイプのスナッチバイトシュリンプでグッドサイズを連発させたのもこの「東黒」

その他にも「鶴東」は他の釣りにとってもA級エリアなので中々入れませんし、「赤島」は今年の春にランカーヒラメをヒットさせたもののタモ入れをミスってバラしたエリア。
「鶴池」と「池尻」も過去に美味しい思いをさせてもらったエリアです♪

鷺浦エリアで根魚ゲームをされる方であれば鶴島周辺がナイスポイントであるのは周知の事実だったりします。







今回、東エリアは不発だったのか?…と思いきや実はランカーアコウ(キジハタ)が出てたんです!!
捕獲されたのはこの日「東黒」に渡礁された九州から参戦の牟田さん。

43
もしかして2キロオーバー!?を思わせるランカー!!
その魚をストリンガーでキープされてたんですが、なんとストリンガースタックしてしまったとゆー…

ストリンガースタックとはストリンガー本体やロープ、ストリンガーにつないだ魚等が岩やテトラ等のストラクチャーに根掛かってしまうコトを指します。
ワタシも過去に何度かストリンガースタックさせてしまった経験があります。
その経験からスタックしにくいフローティングタイプのスカリを使うようになり、結果的に「マグバイト・フローティングスカリシリーズ」誕生のきっかけにも繋がりました。

お迎えの際にストリンガースタックが判明し、最終的には船から引っ張っての回収を試みたんですがストリンガーのロックが外れてスタックは解消されたものの、ランカーアコウ(キジハタ)もさようなら…
この1匹だけで上位入賞に食い込めたかもわからないので非常に残念無念。
牟田さん、次回はスカリをご用意下さい。
マグバイトにはランカーアコウ(キジハタ)も余裕でキープできる「フローティングスカリDX」とゆー商品があって九州エリアでのゲームや遠征釣行をされる牟田さんに超オススメでっせ♬

46
マグバイト公式HP・フローティングスカリDX紹介ページ⇒ http://magbite.jp/5634







尚「鶴池」では細見さんがミノカサゴ2連撃を達成!!

また、↑の鶴島周辺エリアマップの右側にある黄色枠内周辺はワタシが「ちょっとお楽しみタイム」でアコウ(キジハタ)を連発したエリア(付近の島への渡船は行なっておりません)
決して悪くない…っつか非常に良いエリアであったにも関わらず大会当日は苦戦した方が多かったようです。
これも大会に潜むとされる「魔物」のせいでしょうかね?

何はともあれ、大会は無事に終了しました!!
表彰式終盤にはじゃんけん大会も行なわれ、大会運営スタッフとして関わった梶本さんとワタシもじゃんけんの親にならせて頂きました♪
33
いやはや、楽しかったです^^

最後は皆で集合写真。
47
改めて今回のロッキン3に参加された皆様、運営スタッフの皆様、小国屋渡船・米井船長、本当にありがとうございました!!
ナイス釣果だった方も、残念ながら釣果に恵まれなかった方もタイムリミットギリギリまで全力投球されたと思いますので胸を張りつつ、この経験を今後の釣行に活かしてください!!

2020年も秋に「ロッキン3」の開催が決定しております!!
詳細な日時が決まりましたらまた当ブログにて告知をさせて頂きますので大会常連の方はもちろん(笑)、根魚ゲームに興味を持たれた方も是非ご参加下さい!!

尚、小国屋渡船さんは10月末まで営業しておられます。
今シーズンも残りわずかとなりましたが海況さえよければ最終営業日までアコウ(キジハタ)を狙うコトが可能です!!
米井船長は非常に優しい方なので初めて挑戦するアングラーさんにもおススメの渡船屋さん♬
安全最優先で海況が悪い時は正直に「今日はダメです」と言ってくれる信頼できる船長です。
鷺浦エリアでは根魚と並行して秋アオリや青物などの回遊魚を狙ってみるのもオススメ!!
(事前に釣況や空き磯を確認してからお出かけ下さい)
連絡先は「090-1014-3500(米井船長)」
お電話の際は「バンダナブログ見ました!!」って言って頂くと…「何もありません(爆)」が、根魚狙ってる方だと船長に分かって頂けますよ^^





いつも通り長くなりましたが、上で「ロッキン3」無事閉幕の報告を終了させて頂きます♬


Return to Top ▲Return to Top ▲