バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

「アピスTV・ストロングパワーベイト」ロケプラとロケ本番(釣行記)

少し前のハナシですが9月2日と3日の両日で
【アピスTV】ストロングパワーベイトの動画撮影を行なってきました♪

アピスTVは無料で閲覧できるフィッシング(釣り)動画サイト。
ジャンルは淡水(フレッシュウォーター)・海水(ソルトウォーター)の両方でライトなゲームからヘビーなゲームまで幅広く、どの番組も見ごたえ抜群です!!
多数ある番組の中で「ストロングパワーベイト(以降SPB)」はフィッシュアローの番組となります。
1
SPBはこれまでバスフィッシングが主体の番組でしたが、2015年よりフィッシュアローがソルトシーンにも本格参戦を果たしたコトもあり、番組内容にソルトゲームが増えつつあります♪

【アピスTV】http://www.apstv.net/
【ストロングパワーベイト】http://www.apstv.net/spb/index.html

ワタシ自身も昨年(2014年)のSPB・Vol.89(http://www.apstv.net/spb/spb89.html)に出演させて頂き、山陰エリアのアコウ(キジハタ)ゲームを紹介させて頂きました。
それから約1年・・・
再び山陰エリアにてアコウ(キジハタ)を狙った動画撮影を行なっております♪

 

前回のSPB・Vol.89は「島根県・浜田方面」でのロック&グルーパーゲームだったのですが、今回は「島根県・島根半島」でロケを行ないました。
本当は最も大型が釣れる確率の高い「春~初夏」にかけて撮影を行ないたかったのですが、2015シーズンの序盤は不調続き。
エリアを絞り込む事すら出来ない状況でロックフィッシュ地獄の取材も重なり動画撮影が9月までズレ込んでしまいました・・・(汗)
2015年の山陰ロック&グルーパーは夏を迎える頃からようやく復調してきたので結果オーライってカンジなんですけどね♪

 

 


 

 

さて、本編に入る前に撮影プラクティスのハナシを少々・・・
撮影地は島根半島で確定してたんですが、天候やエリアの状況などを加味して複数の候補地を用意する事に。
前回(SPB・Vol.89)の撮影もホントは島根半島でやるつもりだったのに荒天で急遽浜田にエリア変更を強いられましたし、候補地は大いに越したことはありませぬ。

撮影前の最終チェックエリアは「宇竜」で8月23日に行なっておりまする。
・・・宇竜エリアに行くのは2015シーズン初入釣だったりします(汗)
宇竜でのロック&グルーパーゲームでいつもお世話になっている「渡船・ごんげん丸(木村渡船)さん」を利用してのチェックです。
2
宇竜エリアは島根半島で最もロック&グルーパーゲームが展開されているであろう「激戦区」
それでも有望なエリアが多数あるので今回の動画撮影エリアの候補としてチェックを行なってきました。
3
第一便はアングラーでひしめき合ってたので第二便でのんびりと渡礁。
当然ながらA級の磯は全て埋まっております。
でも、宇竜エリアのロック&グルーパーゲームで自分が初めて立った磯がガラ空きとなっており迷わずその磯にIN。
数々のドラマが起こった感慨深い場所であり、取材候補エリアにするかどうかの判断をするには最適なハズ。

・・・結果は自身の力及ばずでホゲに近い散々たる内容・・・。

その結果を踏まえて今回の動画撮影候補地からは除外する事としました。
前日までかなり荒れており、この日もかなりウネリが残っていたのも良くない原因の一つ。

「もしかしたら取材当日は好転してるかもしれない」

そんな気持ちも当然ありましたし、このエリアのポテンシャルが非常に高いのは紛れもない事実。
ただ「もし」「多分」「恐らく」という不確定要素で動くのは先方に対してあまりに失礼かと。
自然が相手である以上「絶対」はありませんが、少なくとも6割、いや7割以上の勝算を確信できる事が必須だと考えています。
それには日々の釣行が欠かせませんし、過去の栄光をバッサリ切り捨てる決断も必要となります。
日々の研鑚が必要とされる様はまさにバンダナブログのタイトルでもある『Practice makes perfect(継続は力なり)』ってヤツです♪
ワタシは多くのアングラーさんと同じ「サンデーアングラー」であり、釣行回数にはかなりの制約があります。
その限られた日数の中で限りなく高い勝算を求めるべく各地を徘徊しています。
それは今後も続いていく事でしょう。

 


 

いつもながら前置きが長い(笑)ですが、本編に入ります。

尚、釣果内容・詳細については「ストロングパワーベイト本編」をご覧下さい。
以降の写真にはネタバレ要素がふんだんに盛り込まれております(笑)が、フィッシュアローオフィシャルブログにて公開されているものをそのまま使用しております。
また、ロケ地の情報についてもココでは敢えて記載しませんのでご了承ください。
現在、動画編集作業中との事で配信日がきまりましたら改めてご報告させて頂きますのでお楽しみに♪
(SPB本編の配信開始後にウラ話ブログを作成しますのでご覧下さいませ♪)

ココではロケ当日の状況等をざっくりご報告いたします♪

ロケ本番は冒頭にも述べた通り9月2日と3日の2日間です。
アテにならないと思いながらも天気予報とにらめっこ、「日替わり天気予報」にヤキモキしながら当日を迎えます。

前日は日本海西部沖で竜巻が発生し大きな被害が発生しました。
日本海上空の大気が非常に不安定になっている証拠でもあり、海況は悪化。
竜巻が発生したエリアから島根半島までは遠く離れているにも関わらずその余波は確実に到達しておりました。

前回のSPBロケはワタシ一人で釣りを展開しましたが、今回はフィッシュアローのボスである「松本猛氏」が半島入りされ、2人で行うプラン。
松本さん、カメラの小杉さん、ワタシの3名でございまする。
前回の浜田沖磯はフラットな場所+凪状態だったので釣りも撮影も快調♪
今回もなるだけフラットな磯を・・・と思っていたのですが、ウネリが強く、フラットな磯は波が駆け上がってくる状況。
また「ココなら絶対に結果を出せる!!」と自身が確信した磯もウネリにより渡礁不可とのジャッジ・・・

ロケは2日間あり、自分が設定した「本命日」は2日目。
天気予報も回復に向かう「とゆー予報」ですが、前日の天気予報と正反対の状況を目の前に信じる事が出来ませぬ。

船長と相談してウネリの影響を受けにくい内湾に渡してもらい、海況が良くなったら磯替えをさせて頂くプランを選択。
朝一で渡してもらった磯はバンダナ的評価における「三級以下のエリア」に属しておりますが「釣る事」だけを考えたら確実に釣れるエリアと判断している磯。
確実に釣れるエリアで確実に釣っていく中でサイズアップを目論むコトに・・・

結局のトコロ、2日間とも本命の磯に立つ事叶わず・・・
本命に属するであろう磯もウネリの影響が抜ける事は無く、撮影に不向きという判断で初日の朝一で渡った磯でファイナルバトル。

「しかし神様は我々を見捨てていませんでした♪」

2日目の後半戦、これまで沈黙を保っていた松本さんがついに開眼!!
54
目の前で怒涛のラッシュを目撃する事となりました!!

今回のロケでは「フィッシュアロー・フラッシュJシリーズ」と「マグバイト・バサロ」の組み合わせのみで行なっております。
ワタシ自身はバサロ開発の中心にいたのでスイミングメソッドに関しては「息をするが如く」普通に行なっております。
対して松本さんは現在公開中の「SPB・Vol.100」のロケにおいて三重県・アカハタゲームで初めてバサロを使われて以降まだ2度目。
それでも流石バサーだけあって傍から見ている分にはアクションに問題は無し。
しかし釣果には大きな差が生じておりました。
ロッド・リールはワタシのをお使い頂いており、タックル・リグのほぼ全てが同じモノ・・・であるにも関わらずです。
「問題無し」と言いつつもその大きな差が出るには何らかの原因があるワケで、それが何であるかの説明が出来ない自分が不甲斐ない・・・
その「問題」を松本さんが自ら修正、2日目の後半に「使い方が分かった!」と一言発したかと思ったら、それを証明するかのようにアコウ(キジハタ)を連発。
また一人強力な「バサロ使い」が誕生した瞬間でした♪

ワタシも最近は山陰以外のエリアにおけるスイミングメソッドの有効性、フラッシュJシリーズ&バサロの威力の検証を少しずつ行なっていますが、松本さんはそれをはるかに上回るペースで全国各地を飛び回っておられます。
今後もSPBにおけるソルトゲームロケは続き、松本さんがソルトシーンに登場される回数は確実に増えていく事でしょう。
ロック&グルーパーゲーム以外にもバサロが威力を発揮するタイミングはあると確信していますのでフラッシュJシリーズのよき相棒として使って頂ければ・・・と思います♪

・・・え?ワタシですか??
67
しっかり釣ってますよ♪
何よりも「釣る事」が最優先とされる中での安定感はかなりのレベルに達していると自画自賛させて頂きます(爆)

予期せぬ海況の悪化で三級以下の磯でのロケを強いられましたが、結果としては大成功になるかと。
全貌は今後配信されるSPBをご覧くださいませ♪

 

使用した「フィッシュアロー・フラッシュJシリーズ」でも特に「フラッシュJシャッド3インチSW」「フラッシュJスプリット4インチ」が効果絶大!!
flash_j_shad3sw_1flash_j_split4sw_1
山陰エリアでは取り敢えずこの2種類があれば大丈夫!!と太鼓判が押せます♪
・・・数年前に初めてフラッシュJを手渡されて「海の魚に使えませんかね?」と言われた時、まさかこんな展開が待ってるなんて夢にも思わなかったですね。
全てが偶然・・・でもある意味運命づけられた出会いだったのかもです。

「マグバイト・バサロ」に関しては14gから28gまでを使用し、カラーは最近追加された「プラチナ」が抜群!!
SPBをご覧になられる際はフラッシュJのタイプやカラー、バサロのカラーにも注目して下さいませ!
最近は新色追加を意識して「パゴスチューンドカラー:ギンクロ」を封印、新色を主体としたゲームを展開しておりまする。
今回のロケでも封印プレイしていますが、使ったらまぁ間違いなく釣れます(釣ります)♪
vassallo_new1vassallo_tuned1
「バサロ」はお陰様で今期も絶好調に「売れてます!!」
パゴスチューンド:ギンクロは現在完売となっておりますが、再生産の予定があります。
まとまった数の再販を予定しておりますのでその際は通常カラーと共によろしくお願いします!!

 

 

ロケは9月3日の正午に終了。
中々に厳しい展開を強いられたものの、結果としては十分に合格点を出せるレベル♪
松本さん・小杉さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!
これでまた自分のレベルが一つ上がったカモです♪

プライベートフィッシングと全く異なる緊張感と雰囲気をもつロケや取材。
それ相応に「慣れ」てきた感はあるのですが、慣れに伴う気の緩みは避けたいもの。
今後も適度な緊張感を保ちながらプラクティス&本番をこなしていきたいと思います。

 

緊張の連続で何をしゃべったか全く覚えていません(汗)が、その辺はアピススタッフの皆さんが上手に編集して下さると思います♪
「SPB・島根半島ロック&グルーパー編」の配信は10月、もしくは11月のどちらかになるだろうと思いますので配信開始の際は是非ご覧くださいませ♪

 


【タックルデータ】

■ロッド:ゼナック・スナイプS86XX(1stプロト・松本さん使用)
■ロッド:ゼナック・スナイプS86XX(2ndプロト・バンダナ使用)
■ロッド:アブ・ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR
■リール:ダイワ・13セルテート3012H
■メインライン:YGKよつあみ・リアルスポーツGソウル アップグレードPE X8(1.2号-200m)
■リーダー:バリバス・コンパクトショックリーダー(22lb)
■リグ:マグバイト・エクストリームスイミングリグ「バサロ」(14g~28g)
■フック:マグバイト・アッパーカットオフセット(#1/0・#2/0)
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJ3インチSW
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJシャッド3インチSW
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJシャッド4インチ
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJスプリット4インチ
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJグラブ4.5インチ(プロト)
■アイウェア(実釣時):ストームライダー・ブラックエディションSR-009-P-6(レンズ:スレートグレー)
■アイウェア(移動時):アイガン・ウィズドライブ NIGHT & DAY(001_BK)
■ライフジャケット:サブロック・ヴィーワンベスト(マルチカムブラック)
■フットウェア:シマノ・ドライシールド ジオロック カットラバーピンフェルトシューズ FS-155J


Return to Top ▲Return to Top ▲