バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

RF地獄取材と商品ネタ(釣行記+製品情報)

FBでは軽く報告しておりますが、7月30日と31日の2日間を使って
【つり人社】ロックフィッシュ地獄11
の取材を行なってまいりました。

取材内容に触れる事は出来ませんが、今回は簡単なご報告とここ最近の商品ネタをお伝えします♪

 

 


 

 

今回チョイスした取材エリアは「鹿児島」
3
取材自体はいつもお世話になっている「マグバイトさん」から「今回のロックフィッシュ地獄取材は鹿児島でやりましょう!」と依頼を受け、二つ返事で了承。
「6月末のプラ釣行+一度台風で延期」を経てこの日を迎える事となりました。

山陰で産声を上げ、山陰で育った「バサロ」
その山陰エリアにおいては良い評価、そうでない評価を含めロック&グルーパーを狙うアングラーさんの多くに認知されるに至っております。
しかしながら、山陰から目をそらすと無名に近い状態。
1から10まで開発に携わったワタシでさえ、他エリアでのバサロの効力・効果については「多分釣れるだろう」というレベルでした。
そこで今回は九州は鹿児島というエリアを選択し、
「果たして山陰以外のエリアでもバサロは通用するのか?」
の検証を取材とと共に行なってきた・・・とゆーワケです♪
鹿児島でのロック&グルーパーゲームはプラクティスを含めたほぼ全日程で「バサロ」と「フラッシュJシリーズ」を使用しております。
プラ釣行では良型のアコウ(キジハタ)とオオモンハタをゲットしており「バサロが効くか効かないか?」についてはその時点で答えが出ております♪

取材釣行の内容につきましてはRF地獄本誌の内容に触れる事となりますので現時点では報告する事が出来ません。
悪しからずご了承下さいませ。
(RF地獄が発売された後に「ウラ話」的なブログを公開する予定です♪)
尚、「ロックフィッシュ地獄11」は2015年10月末頃の発売を予定しております。

 

取材が無事に終了し、同行して頂いた「マグバイト・岸名さん」とカメラマンの「小田部さん」とは31日にお別れ。
ワタシはそのまま鹿児島に居残り8月1日の午前中だけプライベートフィッシングをしてみる事にしました。

 

 


 

8月1日の早朝にホテルをチェックアウトして鹿児島市内を更に南下。
プラ釣行最終日で通りがかった「開聞岳」付近の地磯にトライすべく車を走らせます。
前回は磯がある事すら分からずスルーしてしまったんですが、今回は鹿児島の空撮を事前にゲットして良さそうなエリアをチョイス。
空撮に載ってた駐車スペースにたどり着いたら「この付近駐車禁止」の看板が立っており・・・
かなり離れた路肩を探し出してやっとこさエントリー。
8
眼前の海も、背後の山も最高の一言♪
これで釣れれば言うコト無しなんだけど・・・
6
過度の期待を胸にキャストを開始。
・・・しかし小型の魚すらカスリもしませぬ・・・

徐々に違和感を感じ始めた頃にようやくバイトが!!
フッキングには至らないものの、フグ系のワームクラッシャーでは無く、ワームには歯形が残っております。
かなりアグレッシブにバイトするもののフッキングさせる事が出来ず「コレは根魚ぢゃないな・・・」と。
それでも何とか正体を確かめてやろうと悪戦苦闘した結果、ようやくフッキングさせる事に成功♪
一瞬だけ強く抵抗したものの後は大人しく上がってくるエモノ。
取材時は「エソ星人」がポツポツ釣れたんで「ココまで来てエソ星人か?」と不安になりましたが、上がってきたエモノはエソ星人ではありませんでした。
7
「ごんぶとカマス」
・・・もしかしたら自身のカマス記録を塗り替えたかもです♪
・・・そして見事「バサロ捕獲魚種追加」となりました♪

その後もバイトしてくるのはカマスばかり。
根魚の「根の字」も獲る事が出来ず、途中でギブアップ。

取材終了翌日の安堵感と少しだけ残った疲れ、そして釣果の良し悪しが気にならなくなるレベルの風景がワタシの脳内モードを「釣り」から「ドライブ」に切り替えさせたようでございます(笑)
5
開聞岳から進路を西にとり、枕崎まで走っております。
もう少し時間があればそのまま海沿いを北上して・・・と思ってたんですが、この日に何としても帰らなければならず泣く泣く鹿児島市内に逆戻り。

市内で「かるかん」「かすたどん」「さつま揚げ」等のお土産を買って鹿児島を後にしましたとさ。

途中の門司SAで「門司カレー」
9
釣り画報の記者である村上氏に「門司カレーを是非!」ってFBコメントもらってたんで早速食べてみました♪
連日「白くま」等のアイスをガツガツ喰ってたんでこの熱さが逆にお腹に優しく感じましたです(笑)
因みに辛い物が少々苦手なワタシでも余裕で食べれる辛さ(・・・っつか全然辛くなかった)です♪
いやはや、美味かったっす♪

途中途中のSA・PAで休憩をしつつ中国道をひた走ります。
4
終盤は人気の無くなった中国道のSA・PAでクワガタやカブトを捕まえてみたり。
中国山地だけあってカブクワは多いっすね♪

そして鹿児島ICに乗ってから約9時間チョイで三次ICに到着いたしました。

往復で16時間以上もかかる文字通りの「遠征」でしたが、この経験はワタシの今後の釣行、そしてワタシがお世話になっている各社の製品開発に大きく関与してくるでしょう。
・・・そして「なす術なくブチ切られた謎のバイト」の正体を確かめるべく鹿児島ロック&グルーパーゲームに再挑戦する事を心に誓っております!!

 


 

・・・取材から帰ってからは釣行の余韻に浸りつつ、バラしてしまったコトを悔やみつつ(笑)日々の生活&業務に戻っております。
何気に「(取材終了と共に)燃え尽きたかな?」と思ってましたが、「そうはさせない!」とばかりに色々な商品達が到着しております♪

先ずは来季のメバルシーズンでの発売を予定している
「ラッキークラフト・ストリームドライブ(ファイブコア2016バージョン)」
1
(↑の写真はフォトショップで色をいじっており、実際の色とは大きく異なります)
最大の特徴となる「内部構造」も大方の目処が付き、もう一つの重要項目である「カラーの選考」が始まっております。
今回はそのファーストカラーサンプルが到着!!
初見の感想は・・・「これで良いですやん(爆)」
そう思えるナイスなカラー達ですが、もう少しじっくり眺めて洗練させたいと思います♪

続いては
「フィッシュアロー・フラッシュJシャッドSW」の追加サイズ
2
実際の商品を見て頂いたらお分かりの通り、4インチと5インチはそのボリュームの差が驚異的なレベルとなっております。
その間を埋めるべく・・・の4.5インチが追加される予定。
今回はそのプロトが手元に届いており、今後の釣行でその威力や可能性を見出してみたいと考えております。

最後はパゴス及びパゴスネットショップでの発売を既に開始した商品です♪
vassallo_new1rockn_hawg1
【マグバイト】バサロhttp://item.rakuten.co.jp/pagos/10005286/
【オフト】ロッキンホッグ
http://item.rakuten.co.jp/pagos/10005918/

「バサロ」は待望の追加カラー2色「プラチナ」「チャート/ゴールド」が入荷いたしました!!
プラチナは白金+クラッシュホロの反射がアコウ(キジハタ)等に威力を発揮します!!
パゴスで作ってる「チューンドカラー:ギンクロ」がベースであり、それを更に昇華させたカラーとなっておりワタシの新たなフェイバリットカラーです!!
チャート/ゴールドはフラットフィッシュの定番カラーであるチャート系カラーをバサロにまとわせたカラー。
フラットフィッシュが多いエリアで是非お試し頂きたいと思います♪
・・・因みにサーフエリアではオフセットフックである必要はありませんし、逆にフッキングの妨げになる場合もあります。
そんな時は通常のワームフックにチェンジして、フックをむき出しにした状態でお使い下さいませ♪
フック交換が容易に出来る「バサロならでは」の対フラットフィッシュチューンです♪

「ロッキンホッグ」は辻本さん(ポッキンさん)が監修された対ロック&グルーパー専用ワーム。
ワタシが最初に見せて頂いたのは確か一昨年のフィッシングショーの時。
発売開始まで時間は掛かってしまいましたが、それだけにポッキンさんのこだわりを徹底的に凝縮・濃縮されたワームとなっております!!
一見すると甲殻類系のワームですが、2本のカーリーテールが小魚の動きも演出します。
つまりこれ1本で色々なベイトの動きを演じる事が出来るワケです♪
根魚ゲームでは日々新たなメソッドやパターンが生まれておりますが、ロッキンホッグはそれら新メソッド&パターンに対応できるワームです!!

 

 


 

山陰エリアも例外なく猛烈に暑い日が続いておりますが、それを乗り越えて釣行するだけの価値のある状況だと言えるかもです。
・・・昨シーズンの今頃は「暑い+釣れない」でテンションダダ下がりだったんですけどね(笑)

熱中症対策だけは万全にして根魚ゲームを楽しんで頂けたら・・・と思います。

 

ワタシも皆さんに負けじと汗をかきに行くかな・・・


Return to Top ▲Return to Top ▲