バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

広島のリサイクルフィッシングショップ「パゴス」のスタッフである「伊藤孝晃(バンダナ)」の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

足がクサい(笑)方へ…(バンダナ雑記)

磯でのゲームではライフジャケットと共に「専用の履物」が絶対に必要です!!
履物は大きく分けて「シューズ」と「ブーツ」がありますが、ワタシはシューズ一択。
その理由はとにかく動きやすいから。
防水性を優先すればブーツに軍配が上がりますが、ワタシの場合は機動力が最優先となっておりシューズを愛用しております。

最近はシマノの磯シューズ、それも「Boaシステム」を採用したモデルを愛用。
9
「Boaシステム」のお陰で脱ぎ履きしやすく、何よりも均等に足を締め付けてくれるのでフィット感が最高!!
今シーズンは「レース(一般的なシューズでは靴ヒモの部分)」のワイヤーを遠征先の沖磯
https://bandana0082.net/?p=5566で切ってしまい、顔面蒼白になりましたが何とか応急処置を施してゲーム続行。
帰ってからは無償修理する事が出来、アフターケアの良さも気に入っております♪

 

因みに磯シューズ…ってか履物全般の宿命として「クサくなるコト(爆)」が挙げられます。
元々足がクサい方は当然ながら、普段はクサくない方でも何らかの原因で濡らしてしまった場合、翌日から中々に香ばしいニオイを発するようになります。
4
特に釣りで使うシューズの場合、海水など水の成分も各種菌類の良い栄養となり釣りをした事のある方ならご存知の「あのニオイ」をプンプン発するようになります。
ファブリーズ系の消臭スプレーなどは一瞬だけ効果を感じますが、ニオイはすぐに元通り。
完全に乾燥させて風通しのいい場所に置いておけばいつしかニオイは消えますが、中々に乾かないんですよね。

「何かいい消臭アイテムは無いものか?」

消臭を謳う様々なアイテムを試してみましたが、中々に良いモノが無い…
そんな中、遂に「鼻の利くバンダナ」も納得の履物用消臭アイテムを発見しました♪

それが「グランズレメディ」
5
兎にも角にも「もっと早く出会いたかった…」と思ってしまう程にナイスな効果を発揮してくれます!!

個人的にまず気になるのは「成分」
ワタクシ、ガラにもなく「肌が弱いんです(笑)」
なんてたって肌に優しい弱酸性の「ビオレ」でも長期間使うと肌の一部が荒れたり汗疹のようになったりする位っす。
故にせっかく消臭できても肌にダメージが出たら意味ナッシング。
色々な消臭剤を試すにあたり、その辺も重視しております。

…で、このグランズレメディ、主成分は天然の鉱物粉末(ミョウバン・タルク・酸化亜鉛)等となっており、ニュージーランド(生産国)のMSDS(マテリアル・セーフティ・データ・シート)とゆー製品安全証明書が発行された商品。
タルクにはアスベストが含まれている…といった情報もありますが、消臭作業中以外で吸い込む危険はなく、風通しのいい野外で作業すれば消臭作業中に吸い込む可能性もないので多分大丈夫かなと。
鉱物でも肌に刺激を与えたり、かぶれたりするものがあるのですが、使い始めて2年以上、そろそろ最初の1本が空になろうかというレベルで使ってきたワタシですが、グランズレメディが原因と思われる肌のトラブルは全くナシ。
自身を実験台にした長期間のパッチテストにも合格しており、これからも安心して使えると判断しております♪

肝心の消臭効果ですが、今まで試した履物用消臭アイテムの中で「最強クラス」
あのニオイがウソのように無くなります。
マジでビビります(爆)
基本的にはニオイが出る前に散布して「予防」を行ない、その後は定期的な「消臭処理」をするのが理想ですが、既にクッサー(笑)になった履物でも十分に効果アリです。
あまりにもクッサー(爆)の場合は処理完了まで多少時間はかかりますが、一旦処理が完了したら当面の間はあのニオイとおさらば出来ますね♪

 

消臭処理方法は非常に簡単♪
先ず対象となる履物は普段通り洗ってからしっかり乾燥させて下さい。
6
グランズレメディにはスプーン(↑写真の右端)が付属しておりますので…
7
そのスプーンに粉末を1ハイ取って下さい。
「グランズレメディ」の粒子は非常に粒子の細かく、風があるとあっという間に吹き飛ぶので注意!!
先にも述べた通り、製品の安全性は確保されているようですが、人間は風上に立つようにして極力粉末を吸い込まないようにされたほうが良いかと思います。
2
スプーンに粉末を取ったら対象となる履物に投入するだけ。
投入したら靴を立てたり横にしたりしてトントンさせると粉末がまんべんなく行き渡ります。
磯シューズなどにはインソール(中敷き)が入っておりますので、インソール全体はもちろん、インソールを外して散布する事を強くお勧めします。
スプーン1ハイで少ないと感じられたらもう1ハイ投入して「とにかく全体にまんべんなく粉末が行き渡るように」して下さい。
入れすぎた場合は最後に履物をひっくり返した状態でトントンして余分な粉末を出せばオッケーす。
8
消臭処理は以上で完了です!!
簡単でしょ?
キモは以下の5つ。
「出来れば新品状態の時に予防散布を行なう」
「既に履いているのであればしっかり洗ってしっかり乾燥させてから処理をする」
「靴の内部全体にまんべんなく粉末を行き渡らせる」
「インソールがある履物の場合はインソール全体はもちろん、インソールの下にも散布」
「ニオイがきつい場合は釣行毎に消臭処理を行なう」

一旦消臭されるとしばらくの間はニオイに悩まされる事は無いかと思います。
…それでもニオイが気になる「足クッサー(笑)」の方は頻繁に消臭処理をしてみて下さい。
…それでもニオイが取れない…ってコトは無いと思いますが、もしそうであれば「諦めて下さい(爆)」
これ以上の履物用消臭アイテムをワタシは知りませぬ。

 

あと、釣り用の履物でクサくなる部分がもう一つ…
それは「ソール(靴底)」
特に磯釣りで使う人の多い「フェルトソール」はかなりヤバい…
フェルトソールは水分を吸収&ため込む性質があります。
海水とかならまだしも、オキアミなどの汁が溶け込んだ水たまりや魚のヌメリを踏みつけてると考えたら…かなり怖いモノがあります。
釣行後は履物表面の塩分や汚れはもちろん、ソール部分もしっかり洗って乾燥。
そしてソール部分にグランズレメディを散布すれば完璧です!!
10
ソール部分に関しては酷使される部分ですので毎釣行毎に消臭処理させる事をオススメします♪

「グランズレメディ」につきましては靴屋さんやネット通販で購入可能です。
「無香料」「クールミント」「フローラル」の3種類がありますが効果は同一ですのでお好きなモノをお選び下さい。

2年以上使ってきて安全面には特に問題を感じる事はありませんが「靴下が白くなります」
「グランズレメディ」は釣り用ではなく、一般的な履物全般に使用可能で中には毎日履く靴に使っておられる方も多いみたい。
そういった人からは「靴下が白くなる」というデメリットを挙げる方がおられますが、「足クッサー」よりははるかにマシだと個人的には思います。
それに一旦処理が完了してしまえば毎日散布する必要はないので靴下が白くなるのも一時的な問題。
特に釣りで使う履物に関しては使用頻度が少なめであり、更に状況的に靴下が白くなっても問題ないと思ってみたり。
ワタシは基本的に釣りが終わったら着替えるので靴下もその時に交換。
よって靴下が白くなるとゆーデメリットは一切感じませぬ。
それより何より磯シューズがクサくないというのが超絶素晴らしい!!

 

「足クッサー」にお悩みの方は是非「グランズレメディ」をお試し下さいませ!!


Return to Top ▲Return to Top ▲