バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

根魚へのお誘い「其の1」結果報告・5月13日編(釣行記)

今期から試験的に開始した「バンダナガイド&レクチャーサービス」
その第一回を5月12日・13日の両日に行なってまいりました。

12日の模様は⇒ https://bandana0082.net/?p=5472

今回のブログは「5月13日」の模様となります♪

 


 

【結果報告・5月13日編】

 

13日は「島根県出雲市宇龍・木村渡船(ごんげん丸)さん」を利用しての沖磯釣行でした。
32
木村渡船さんは民宿「木村荘」改め、素泊まり専用の宿「ヴィラいづもや」も経営されております。
■ヴィラいづもやの詳細につきましては⇒ https://bandana0082.net/?p=5447
(ココでの宿泊は木村渡船さんを利用される方にとって非常に大きなメリットもありますのでしっかりご確認下さいませ!!)

…で12日の晩は土居さんと共にヴィラいづもやに宿泊。
食事は出雲市内に行って定番ともいえる割子そばに舌鼓を打ち、コンビニで翌朝の食料を調達し宿に戻ります。
んで12日の釣行で疲れた体をお風呂で癒し、早々に寝床につきます…

 

気になるのは天候であり、12日の時点では何とも微妙な状況…っつかどちらかと言えば悪いカンジ。
12日は強風に翻弄されましたが、13日は風に加えまとまった雨の予報。
波予報も前日に高くなる予報に修正され、個人的な釣行であるならまだしも、ゲスト参加のイベントなので正直「イモを引く」状態でした。
13日のメンバーには中止の方向で連絡を取り、1組は遠方(大阪方面)から参加されるので大事をとって釣行をキャンセルされました。
もう1組は「全然OKです!!行きます!!」との返答を頂戴し、イベント自体は実行するコトに。
ただし、安全を考慮して13日早朝に渡礁するかどうかの最終判断をし、ワタシが根魚ゲームに不適だと判断した場合はたとえ船長が渡礁OKのサインを出されたとしても渡礁せず、安全な場所でのイベント展開をする事としております。

 

13日午前4時前に目が覚め、まず聞こえてきたのは雨音。
窓から外を見るとまーまー降ってますわ…
ただし、風はほとんど吹いておらず、土居さんと共に着替えをして渡船の出る「宇龍漁港」に移動します。

港では既にゲストの方が準備万端でスタンバイ。
今回ご一緒させて頂いたのは「栗林さん」「荒島さん」「吉川さん」の3名です。
皆さんとはフィッシングショーOSAKAでお声掛け頂いたりと面識があったりします♪
米子方面に在住という事もあり、島根半島での釣りも数多くされています。
更にごんげん丸に関しても何度も利用されており、渡礁に対しての事前知識や対応についても不安要素無し。
雨は良いカンジで降ってますが、最大の懸念材料となる風は比較的穏やか。
海況もさほど悪くありませんでしたので渡礁を決定。
ヴィラいづもやの宿泊者は優先的に渡礁先を選択できるメリットがありますのでそれを活用して並ぶ事無く希望磯を指定、釣りの準備を済ませて早々に船のキャビンに潜り込みます。

雨模様だとテンションが下がる方が多い(ワタシもその一人)のですが、3人とも非常にテンションが高く(爆)、その姿を見るにつけ、何としてもイベントを成功させねば!!と気合を入れなおした次第でございます♪

そして船は磯に到着。
22
せっせと準備してイベントスタートです♪
今回も事前にしっかり予習されており、全体の流れをざっくり説明、後はワタシの動きを見て頂いたり、追加レクチャーをさせて頂くとゆーカタチで実釣に移行。

雨は終始降っておりましたが、風は南(背後)方向から吹いており、釣り自体は比較的展開しやすかったのは不幸中の幸いってカンジ。

…でいきなりロッドを曲げたのは女性アングラーの吉川さん。
30
危なげないファイトで浮かび上がってきたのはグッドサイズのカサゴ氏。

ココからハイテンション3人組(爆)怒涛の捕獲劇が始まります…
パターンを掴み、完全な捕獲モードに入ったのは栗林さん。
29
バサロシリーズで根魚を釣ったのは初めてって言っておられましたが、「それホント?」って思える位に釣り方を把握しておられます。
吉川さんも雨で滑りやすい磯に悪戦苦闘しながらも釣り方のコツを見出されたようで本命アコウ(キジハタ)ゲット!!
28
このエリアのアベレージともいえる30cmクラスのアコウ(キジハタ)
27
決して大型といえるサイズではありませんが、独特の強いファイトは健在であり、吉川さんの笑顔がこのゲームの楽しさを物語ってくれてますね♪

3人の中で最も苦戦された荒島さんも見事アコウ(キジハタ)をゲット!!
24
それも栗林さんとのWヒットです♪
23
バサロHDとバサロ、フラッシュJグラブとスナッチバイトシャッド…
当イベントで基本的に指定されてるリグ&ワームのみで最後までゲームを展開し、3人全員が本命のアコウ(キジハタ)ゲット。
もう一度言いますが、皆さんバサロシリーズで根魚を釣られたのは初めてです。

「なんなんだこの三人組は(爆)」

土居さんは遠慮がちに別エリアに向けてキャストを繰り返していましたが、昨日のトラブルによるメンタルダメージが癒えているハズもなく、終始苦戦を強いられています。
26
※写真右の赤レインが土居さん
そして一応先生となるワタシですが、序盤に明らかなグッドサイズのヒットが2度あったにも関わらず一度目はフッキングミスでスカ、二度目はフッキングに成功したものの、ファイト開始から数秒でフックアウトさせてしまうとゆー体たらく…
「はい、ダメダメ師弟コンビっす(爆)」
因みに2度目のバイトはピックアップ中のドッカンバイト。
これが四国九州ならオオモンさん(オオモンハタ)やスジアラ、タマンさん(タマミ)のアタックになるんですが、島根山陰エリアでこのパターンのバイトは「クエ」のバイトである可能性が経験上、非常に高かったりします。
その時は平静を保ってましたが、内心「やっちまった…」と心の中で地団駄踏んでたのは言うまでもありませぬ…(涙)

21
「人の振り見て我が振り直せ」とはよく言ったものでワタシのレクチャーに関しても言葉よりも動き(振り)を見て体得して頂きたい…という気持ちが強くあります。
今回、ワタシはあくまでレクチャー&ガイドする「側」だったのですが、3人から学んだコトもあります。
「それは状況が悪くとも最後まで頑張る」ってコト。
至極当たり前のコトであり、ワタシの座右の銘&ブログタイトルでもある「継続は力なり」もそれに通じています。
しかし、今回の釣行に限ってはワタシのほうが先にギブアップ状態になっていました。
雨で身体が冷え切ってしまった…のも一因ですが、それは皆も同じ。
そんな状況でも楽しみながら釣りを展開する3人の姿を見て、今のワタシのほうが「人の振り見て我が振り直せ」という言葉が当てはまってしまうなと感じました。
そしてそれが釣果としてモロに現れたのかもしれませんね♪

 

 

5人によるバサロ集中砲火の影響か、時間の経過とともに反応が乏しくなり、気分転換も兼ねて隣の磯に磯替えして頂くも移動先ではカサゴ氏とミニアコウ(キジハタ)がポツリと釣れただけ。
そして納竿の2時を迎えます。

31
最終的な釣果は3人でアコウ(キジハタ)9本。
40cmを超えるグッドサイズこそ捕獲できず…でしたが、それでも非常に良い釣果と言えます♪
そして最後は気持ちよくリリースに協力して下さいました!!

栗林さん、荒島さん、吉川さん、雨の中本当にお疲れ様でした!!
次は皆さんが通われている某エリアでの根魚ゲームにご一緒させて下さい!!

 

ぶっつけ本番で行なった今回のレクチャー&ガイドサービス。
至らぬ点も多々ありましたが、少しずつ軌道修正して自身のレベルアップを果たしたいと思います。

「バンダナガイド&レクチャーサービス」は引き続き開催します♪
6月の予定は現時点では未定ですが、開催1週間前頃に当ブログやSNS(フェイスブック・インスタグラム)で募集をさせて頂きますので興味がある&日程が合う方は是非ご一緒させて下さい!!

 


 

【タックルデータ(ワームは栗林さん達が使用したものを含む)】

■ロッド: 【ゼナック】スナイプS86XXロングキャスト「RGガイドモデル」
■ロッド: 【アブ】ソルティーステージKIZIHATA SXKS-822M-KR
■リール: 【ダイワ】13セルテート3012H
■ライン: 【よつあみ】リアルスポーツGソウル アップグレードPE X8(1.2号)
■リーダー: 【よつあみ】ガリスFC アブソーバーアンフィニ スリム&ストロング(28lb)
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロHD」
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロ」
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJグラブ3インチSW
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJグラブ4.5インチSW
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJシャッド3インチSW
■ワーム: 【フィッシュアロー】エアバッググラブ4インチ
■ワーム: 【マグバイト】スナッチバイトシャッド4インチ
■フック: 【マグバイト】アッパーカットオフセット
■スナップ: 【スタジオオーシャンマーク】オオタガレージ・オーシャンスナップOS3S
■アイウェア(移動時): 【アイガン】ウィズドライブ・NIGHT&DAY WD2-1001-2
■アイウェア(実釣時): 【ストームライダー】スポーツカーブ2 SR-009P-2
■ライフジャケット(ショア): 【サブロック】ヴィーワンベスト(マルチカムブラック)
■フットウェア(ショア): 【シマノ】ドライシールド ジオロックカットラバピンフェルトシューズ「FS-155J」
■リリースツール: 【Bends Mender】ベンズメンダー「パゴスチューンモデル」
■キープツール: 【マグバイト】フローティングスカリ MBT06


Return to Top ▲Return to Top ▲