バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

広島のリサイクルフィッシングショップ「パゴス」のスタッフである「伊藤孝晃(バンダナ)」の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

過去動画を掘り起こしてみる(バンダナ雑記)

現在、アコウ(キジハタ)をはじめとする「根魚」に情熱を燃やしているワタシですが、本格的にのめり込む発端となったのは今から8年前(2010年)になります。
当時は瀬戸内でのナイトゲームによるアコウ(キジハタ)ゲームが主流。
それもベイトタックルで敷石の際などを狙い撃ちする「ピンスポット攻略」が主流。
当然ワタシもベイトタックルを片手に夜な夜な瀬戸内でも実績があるとされるエリアに足を運んでおりました。

…が、ぜーんぜん釣れない(涙)

そこで瀬戸内アコウ(キジハタ)ゲームの第一人者である「ポッキンさん(辻本ナツ雄氏)」にお願いしてレクチャーして頂く事に。
その時の模様は⇒ https://pagos.jp/?p=33646
そしてようやくアコウを「狙って獲る」事に成功し、「根魚ゲーム」というジャンルに本格的にのめり込むコトとなりました♪

 

最初のアコウ(キジハタ)を手にしてからはそれまでの大苦戦がウソのように狙って獲るコトが出来るようになり、その内にゲームの舞台を瀬戸内エリアから山陰エリアに移行。
当時は手付かずに近い状態だった山陰エリアの開拓に没頭しております。

そして釣行回数が増えるにつれ、少しずつですが自らのレベルが上がり、タックルやリグ、メソッドも洗練されていきます…
タックルはベイトタックルからスピニングタックルへ…
リグはテキサスリグからスイミングリグへ…

今では自身が開発に関与させて頂いたロッドやリグ&ワームを手に、山陰エリアはもちろん四国や九州にまで足を延ばし未知のエリアやターゲットに挑戦する日々を送っております♪

そんなワタシ、久しぶりに過去動画を見返してみるコトに…

 

根魚ゲーム関連で最も古い動画は今から7年前の2011年に撮ったモノでした。

当時使用していたロッドは「シマノ・ゲームタイプS S83VS」というかなりゴツいシーバスロッド。
リグは「ダミキジャパン・スリンヘッド」
スリンヘッドを使い始めたきっかけは、パゴス不良在庫状態だった中古スリンヘッドの活用(販売)方法を考えてたのが事の発端。
当初はクロー系のワームをセットしてテキサスリグ的に使ってたんですが「フィッシュアロー・フラッシュJシリーズ」との出会いにより状況は一変。
9
特に深く考える事無く「小魚系ワームだから泳がせてみる」を実践したら思いのほかアコウ(キジハタ)からの反応が良く、それ以来スイミングメソッドの可能性を模索するようになっております。
1011

スイミングメソッドを展開するようになってからは
「根掛かりが激減」
「アコウ(キジハタ)だけを狙って獲れる」
「エリアを素早くサーチできる」

などの恩恵を受ける事が出来ており、その恩恵は今現在も受け続けてますね♪

その後、スリンヘッドは中国地方を中心に超入手困難なほどの人気商品となり、言うまでもありませんが不良在庫状態でパゴス倉庫に大量に眠っていたスリンヘッドもあっという間に完売しちゃいました♪

 

 


 

 

過去の動画を見返してると「今も昔も基本動作は一切変わってない」ってコトに気付かされます。
キャストしてボトム着底、スイミングさせてテンションフォール、着底したら次のスイミング…といった一連の動きを2011年(厳密には2010年)から今現在までひたすらリピート。
リグはスリンヘッドからバサロシリーズに変化しましたが、やってるコト(基本動作)は今も昔も全く同じ。
「それで釣れなくなったら次の手を考えればいい」と思ってたんですが、釣れなくなるドコロかより的確に狙って獲れるようになってしまったとゆー(笑)
また、ハイプレッシャー化に対抗する手段である「リグを軽くする」とか「ワームを小さくする」といった手段も講じる必要がないばかりか逆にリグはヘビーウエイト化の一途をたどり、今ではバサロHDの40gからスタートする始末(爆)
ワームのサイズに関しては極端に大きくなるコトはありませんが、逆に小さくする必要性も一切感じておりませぬ。


 



 

 

続いての動画は2013年のモノ。
ナニを思ったのか同じような動画を2つ公開しております(笑)

最初の動画から2年が経過していますがやってるコトは全く同じ(笑)
ただし、タックルやワームには変化が…

この頃、ロッドは「バレーヒル・サイファリストHRX CPXS-83MH」というスピニングロッドを使用しております。
最初に使ってた「シマノ・ゲームタイプS S83VS」よりは軽量であり、当時は皆無に等しかった根魚用ロングレングススピニングロッドだったコトもあり、大いに活躍してくれましたね♪

また、ワームは「フィッシュアロー・フラッシュJ」のソルトバージョンのテストをさせて頂いており、それまで以上に「フラッシュJ依存」が進んだ時期でもあります(爆)
リグはこの時代の超定番「ダミキジャパン・スリンヘッド」であり、同時にブレードがアコウ(キジハタ)に対して非常に有効である事が判明したのでスリンヘッドに対して「ブレードチューン」を施し、非常に良い釣果を得てウハウハ状態でした♪
7
また、スリンヘッドをベースにしたオリジナルのスイミングリグ製作にも取り掛かっており、フックがレール状のアイの上を自由に動くシステム(フリーポジショニングシステム)を搭載したオリジナルスイミングリグを自作。
8
当時はパゴスのオリジナル商品として販売するという案が持ち上がっていましたが、結局それは実現せず…
…が、このリグは最終的に「バサロHD」の誕生に大きく寄与する事となります…

 

 


 

 

2013年頃はスリンヘッド(ブレードチューンモデル)をメインで使用しております。
ただ、2013年はマグバイトディレクター・キッシーから「根魚専用リグの開発に関してアドバイスが欲しい」と打診があった年でもあり、マグバイト・エクストリームスイミングリグ「バサロ」の開発に着手♪
14
…そーいえば当時のバサロ(プロト)はワンタッチでフックがセットできるシステムでしたね。
非常に簡単にフック交換ができるというメリットがありますが、最終的にはスナップ方式を採用しております。

 

 


 

 

2014年にはフィッシュアローのテスターとして「ストロングパワーベイト」撮影に挑み「スイミングメソッドとはコレだ!!」と思えるような動画を撮って頂きました♪

手前味噌で申し訳ないのですが、今でも記憶に鮮明に残っているヒットシーンであり、文字通りの「会心の一撃」です^^

 

 


 

 

元動画(アピスTV ストロングパワーベイト VOL.89)も是非ご覧下さいませ♪(無料でご覧頂けます!!)
14
⇒ http://www.apstv.net/spb/spb89.html
※ワタシが出演させて頂いた根魚ゲームの模様は後半(16:50~)となります

 

 


 

 

ソルト用フラッシュJは当時「フラッシュJ3インチSW」と「フラッシュJシャッド3インチSW」のみでしたが、動画撮影時には「フラッシュJスプリット4インチSW」のプロトも持ち込んでおり、動画撮影とテストを同時進行したカタチになっております。
flash_j3sw_1flash_j_shad3sw_1flash_j_split4sw_1
フラッシュJシリーズのソルトモデルは2015年より販売が開始され、その後も次々と新たなフラッシュJシリーズが登場してます…が、正直言わせて頂くと山陰エリアでのアコウ(キジハタ)狙いの場合はソルトモデルとしては古参の「フラッシュJ」「フラッシュJシャッド」「フラッシュJスプリット」の3インチor4インチがあれば十分かなと。

新たに対根魚用として登場したフラッシュJシリーズ(クローやフラット、グラブなど)はワタシが展開する山陰アコウ(キジハタ)ゲームでは出番がほとんど無く、無理やり使っても中々良い結果に恵まれず…と苦戦続き。
ただし、他の地域では非常に良い釣果を叩き出している事も多く、またリグやメソッド次第では「大化けする可能性」が大いにあるので引き続き使い方を模索していきたいとも考えております♪

 

 


 

 

ロッドに関しては2014年の夏以降から「ゼナック・スナイプS86XXロングキャスト」を握り始めております…が、2014年のストロングパワーベイト動画撮影時のスナイプは開発途中のファーストプロトであり、製品版とは全く異なるグリップ周りが今ではとても懐かしいっす♪
6
ロッドアクションも製品版よりももう少し曲がる(柔らかい)仕様になっており、若干ですがシャキっと感を出しています。
ガイドは定番のKガイドシステムを採用し、更にガイドリングも大きめにするよう指示。
当時はそれで問題ないと判断していたんですが、セカンドプロトでは「RGガイドシステム」がセッティングされ、そのキャストフィールとライントラブルの無さに心の底から驚愕、今ではすっかり「RGガイド信者」になっております(爆)
snipe_s86xx_lc2
スナイプS86XXロングキャストは2016年の6月から受注が開始され、現在に至っております。
今でもワタシにとって最強の相棒であり、今期(2018シーズン)も山陰エリアはもちろん、四国や九州エリアへの遠征にも必ず持って行く事が確定しております♪

当店(実店舗およびネットショップ)ではRGガイドモデルのみ予約販売を行なっております。
⇒ https://item.rakuten.co.jp/pagos/10006456/
現時点(2018年2月末)でご予約頂いた場合の最短納期は「5月末」
2018シーズン序盤からお使い頂くには現時点でのご予約が必須となりますので購入をご検討の方はご注意下さい!!
(シーズンINまでまだ数ヶ月ございますが、お陰様で複数本のご予約を頂戴しております♪)

 

 


 

 

スイミングリグについては2014年の春にマグバイト・エクストリームスイミングリグ「バサロ」がリリースされました!!
13
バサロの発売と同時にワタシもスリンヘッドからバサロにリグを完全移行。
自身が開発に関与したロッド達とバサロの登場により「バンダナ的根魚スイミングメソッド」は一応の完成形に達しております。
以後は次々と生まれてくる様々なリグも並行して…と思いながらも「バサロ一択」のゲーム展開となっており、続いて登場した「バサロHD」「艶(あで)バサロ」を併用しつつ現在に至ってます♪
vassallo_new1vassallo_hd30_1ade_vassallo_1
⇒ https://item.rakuten.co.jp/pagos/10005286/

 

 


 

 

因みにスナイプS86XXロングキャストの販売よりも1年ほど早く「アブ・ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR」が2015年6月にリリースされております!!
abu_sxks822mkr_1
⇒ https://item.rakuten.co.jp/pagos/10005812/
こちらもワタシが開発に関与させて頂いており、開発スタートはスナイプとほぼ同時期。
ただし、販売までの進展が非常に早かった為、KIZIHATA822Mのほうが一足先にリリースとなっております。
スナイプS86XXロングキャストはスイミングメソッド完全特化型のハイエンドモデルとなっておりますが、KIZIHATA822Mはスイミング以外のリグやメソッドにも対応しており、更に価格帯も極端に高からず、安からず…の絶妙な価格帯を設定。
発売開始当時はまだまだ根魚用ロングレングススピニングロッドが少なく、同時発売された他機種(ベイトモデル)よりも多く生産して頂いたものの初回生産分は文字通りの「瞬殺」
その後しばらくの間、入手困難な状況になってしまいご迷惑をお掛けしてしまいました。

根魚用ロッドのスピニングモデルはほんの4~5年前まではベイトタックルのフォロー的存在でしたが、KIZIHATA822MやスナイプS86XXの登場をきっかけにメインロッドとしての地位を確立、現在では根魚ロッドをリリースされているすべてのメーカーさんにおいてロングレングスパワースピニングロッドがラインナップされており、そのコトは皆さんもご存知かと思います♪

 

 


 

 

…いつものコトですが、脱線しまくってますのでここいらでまとめます(笑)

過去動画を見てるとよくもまぁ飽きもせずにひたすらスイミングメソッドをリピートしてるよな…と自分でも思います(爆)
実際問題、根魚ゲームを本格的にやり始めての8年の間にはスイミングメソッド以外のメソッドやリグに手を出したコトが多々あります…が、最終的にはスイミングメソッドに戻ってしまいました。

「非常によく飛ぶ」
「スピーディーにサーチ出来る」
「ドカンとバイトが出る」
「根掛かりが激減」
「特定の根魚を狙って獲る事が出来る」

…というスイミングメソッドの特徴が自分の性分に合っているのはもちろんですが、同時に
「常に新しい発見があるので飽きるヒマが無い」
とゆーのがスイミングメソッドを8年間続けている一番の理由なのかもです。

未だに「根魚ゲーム=ボトムをネチネチ細かく探る」という図式をお持ちの方が非常に多いです。
それは決して間違っておらず、根魚ゲームの超基本だとワタシも理解しております。
しかし、スイミングメソッドという非常にエキサイティングなゲーム展開があるのに「根魚ゲームの先入観」が足かせになっている現状に関しては非常にもったいないなと感じてしまいます。

 

長くなりましたがこのブログをご覧になって、もし「スイミングメソッド」に興味が湧いたならば今シーズン挑戦してみて下さい!!
因みに大体の目安ですが、島根山陰エリアのアコウ(キジハタ)ゲームはゴールデンウィーク頃からスタートします♪

 

最後にワタシが展開するスイミングメソッド関連動画の「現時点での集大成」ともいえる動画を貼っておきますのでご覧頂ければ幸いでございます♪

 

…動画見てたら(釣りに行きたくなって)ウズウズしてきた…(笑)

 

 


 

 

【当ブログ・動画に登場したタックル】

■ロッド:シマノ・ゲームタイプS S83VS(現在は廃盤)
■ロッド:バレーヒル・サイファリストHRX CPXS-83MH(現在は廃盤)
■ロッド:アブ・ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR
■ロッド:ゼナック・スナイプS86XXロングキャスト(1stプロト)
■ロッド:ゼナック・スナイプS86XXロングキャスト「RGガイドモデル」
■ロッド:マグバイト・グッドリッジ88(プロト)
■リール:ダイワ・セルテートハイパーカスタム3500(現在は廃盤)
■リール:ダイワ・13セルテート3000H
■ライン:よつあみ リアルスポーツ Gソウル アップグレードPE X8(25lb)
■リーダー:よつあみ ガリスFC アブソーバーアンフィニ スリム&ストロング(28lb)
■リグ:ダミキジャパン・スリンヘッド21g(現在はリニューアルモデルが登場)
■リグ:マグバイト・エクストリームスイミングリグ「バサロ」21g/28g
■リグ:マグバイト・エクストリームスイミングリグ「バサロHD」40g
■フック:オーナー・カルティバ 岩礁メガトンロック GO-37(#1/0)
■フック:マグバイト・アッパーカットオフセット(#1/0)
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJ3インチ
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJシャッド3インチ
■ワーム:フィッシュアロー・フラッシュJスプリット4インチ
■ワーム:マグバイト・スナッチバイトシャッド4インチ
■ワーム:マグバイト・スナッチバイトシュリンプ(プロト)


Return to Top ▲Return to Top ▲