バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

闇ヲ徘徊ス…其の3「アンコク」(釣行記)

1月20日に山陰入りしておりました。
今回は浜田方面に足を延ばしております。

年末からすっかり見失っているメバルの居場所(涙)
特に山陰エリアは産卵(厳密にいうとメバルは胎生の魚なので稚魚の放出)が絡む時期になっており普段よりも難しい状況に…
また、抱卵個体を釣ったとしても下手すると第三者から叩かれる危険もあるし…(苦笑)
そんな山陰メバルシーズンの端境期ともいえるタイミングですが、それ故に普段と違う場所に行ってみようかという気にもなってたりします。

浜田エリアは春から秋にかけてのアコウ(キジハタ)狙いであちこちに磯をチェックしており、その時の記憶を掘り起こします。
そして「まあまあ歩く」「人が少ない」「極端に険しくない」「ウィードが生えやすい」等の条件に見合う磯をいくつかチョイスしてチェックしてみる事にしました。

実家のある三次を出発したのは午後2時。
山間部で雪を拾ってクーラーに詰め、浜田に到着したのが午後4時過ぎ。
目的の磯に繋がる駐車スペースには一台程車があったのですが、問題ないと判断。
せっせと準備して磯に向かって歩き始めます。
5
…普段、店の近くにあるコンビニに歩いていくだけでも面倒とかしんどいとか思ってしまうのですが、まあまあの重装備で磯に数十分かけて歩くのは全然苦にならないとゆー(笑)
因みにこの磯までの所要時間は車から約15分、最後は滑りやすい+急な斜面を下る事になるのですが、先駆者の方が随所にロープを張っておられ、さしたる危険を感じる事もなくポイントに入る事が出来ております♪

磯には家族3人で入釣されている方がおられましたが自分が着いた時点で既に片付けておられ、自分と入れ違うカタチで撤収。
まあまあ広い磯にはワタシ一人だけでございます。
4
この時期にしては海は穏やかでありながらも時折ウネリが入ってきており、非常に良い雰囲気っす♪
足元の岩には「岩ノリ」がびっしりと生えており、摘んで乾燥させたら美味そう…と思ってみたり。

因みに岩ノリ採取できるエリアは厳重に管理されている場合がございまする。
島根エリアで言えば「島根半島」には岩ノリを特産品としている地域があり、その一帯は「冬季立ち入り禁止」の磯がいくつも存在しますので注意が必要です。
また、濡れた海苔の上はオニのように滑るので移動の際はご注意を…

せっせとタックルをセッティングしてまずは小規模ながらサラシてる部分を中心にチェック。
明るい内は目視できるストラクチャーや白泡の際やど真ん中をチェックするのがベストだと思います。
3
また、こういったスリット(溝)も忘れずにチェック!!です^^

そして太陽が水平線に消え、周囲が闇に飲み込まれていきます…
月は細長い三日月で月光の影響はあまり無いといったカンジ。
6
ただ、海上にはイカ釣りであろう漁船が出ており、漁火が海面と打ち寄せる波、岩などのストラクチャーをぼんやりと照らしており釣り自体はやりやすい状況です。

「魚からのシグナルは全くありませんが(爆)」

時折フグにワームをクラッシュさせられるものの、メバルからの反応は皆無。
何気にマズメ時を期待してただけに「ハズしてしまった感」がパネぇ…
未だに自分が思うメバルスポットと実際のメバルスポットには大きな差異があるようでございます…

周囲をひとしきり歩き回ってキャストし続け、ふと気づいたらヘッドライトの光が弱まってきてる…
電池残量が僅かだと悟り、電池が無くなる前にこの磯からは撤退。
7急斜面を上り、すっかりダークサイドに落ちた(笑)山道を歩きます。
「闇の向こうから四つん這いの人がシャカシャカ近づいてきたらどうしよ?」
…一人で漆黒の山道を歩いてたらふと思う事もありますが、今のトコロそういった体験はありませぬ(笑)

…冗談はさておき、少しずつ確実にライトが弱くなっております。
ただ、最悪の場合はスマホのライトがあるので移動に関してはさほど心配はしておりませぬ。
電話にネットにグーグルマップにライトに…
ホント良い時代になりました♪
…逆に窮屈に感じる事も多々ありますけど(爆)

陽が沈むと共に一気に気温は下がりましたが車にたどり着いた時点で汗ダクダク。
身体が冷えない内に車に乗り込み次のポイントへ。
この日は日付変更線を超えて午前2時まであちこちでキャストを繰り返しておりましたが結局のトコロ特筆すべき釣果ナシ。
今回「も」敗北を喫した…といったカンジです。
…何気に「釣果アンコク期」を迎えておりますな、ワタシ…

山陰エリア各地ではヤリイカ(テナシイカ)が釣れ始めており、この日は週末+比較的穏やかな海況だったコトもあって港湾部は特にイカ釣りの電気ウキが沢山浮いておりました。
それを嫌ってあまり人が行かないであろう磯へ足を運んでみたのですが、それでも他のアングラーさんとバッティングする場面が3度ほどありましたね。

…んでもってその全てにおいてライトで顔を照らされたんだけど、あれって皆さんどう思われます?
悪気が無いのは判ってるんだけど、最近のヘッドライトは強力なので一瞬でも顔照らされると目が眩んでしまうんですわ。
足場の良い所ならともかく、磯や山道、斜面などを移動中に照らされるとね…
正直気分は良くありませんし、なにより危ないっす(もしテトラ歩きの最中だったら超最悪)
自分は釣りを教えてくれた数多くの師匠ともいえる方々からナイトゲームでは「釣り場を照らすな」「人を照らすな」と口を酸っぱくして言われ続けており、自身も意識して実践しております。
もちろん、誤って釣り場や人を照らしてしまうコトはあるんですけど…
マナー云々についてはあまり人のコト言えない部分もあるんですが、この件は一つ間違えるとかなり危険なので各自注意出来たら良いですね♪

んでもって益田市の磯でラストキャスト。
そのまま市内のすき屋で超遅い夕ご飯を食べ、そのまま近くの林道でバタンキュー。
釣りをする前は「夕マズメと朝マズメに集中して…」って思ってたんですが気が付くと世の中はすっかり明るくなっておりました(笑)

再び海沿いに戻ってあちこち見て回ってると某サーフで見たことのある車が。
行ってみたら梶本さんがキャストを繰り返しておられます。
フラットフィッシュの調査をされてるとゆー梶本さんとしばし話をしてからワタシは海を後に…

この日持ち帰った釣果は…
2
加計のたい焼き屋「よしおさん」のたい焼き6匹(爆)
1
ヒットルアーは【ファイブコア×ラッキークラフト】FCTビーストレート48F(笑)
ココのたい焼き、実家(三次)に戻ってから行く機会が激減してしまいましたが、時々無性に食べたくなる懐かしい味。
今回は超遠回りして久しぶりにゲットです♪

実際の釣りに関しては中々苦労が報われませんが、暗黒の山道を歩く時の軽い恐怖感やスリルといった「非日常感」、何よりその先にある釣場への「期待感」は再びワタシを「闇ヲ徘徊ス…」に導くコトでしょう。

その時は改めてご報告させて頂きますので「あまり期待せずに」お待ち下さいませ♪

 

 


 

 

【タックルデータ】

■ロッド:オフト・スモーキーアリッサ SAL-84
■リール:ダイワ・13セルテート2004
■スプール:ティクト・CBSスプールD
■ライン:よつあみ・チェルム アンバーコード ハイエンドフロロ(0.6号)
■ルアー(プラグ):ジップベイツ・リッジ35F/SS リッジスリム60SS ラファエル
■ルアー(プラグ):マグバイト・グレイシーSF バロンドール
■ルアー(プラグ):ファイブコア×ラッキークラフト・FCTストリームドライブ45CB FCTビーストレート48F
■ルアー(ワーム):モンスーン・BBイール(テールカットチューン)
■ルアー(ワーム):マグバイト・ブーティーシェイク
■ルアー(ワーム):フィッシュアロー・フラッシュJハドル1インチSW フラッシュJスリム1.5インチSW
■ジグヘッド:odz(オッズ):ラッシュヘッド
■ジグヘッド:デコイ・ロケットプラス
■スナップ:スミス・SPスナップ(#000)
■ヘッドライト:ゼクサス・ZX-350


Return to Top ▲Return to Top ▲