バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

広島のリサイクルフィッシングショップ「パゴス」のスタッフである「伊藤孝晃(バンダナ)」の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

メバルプラグ用フック調達(バンダナ雑記)

メバル釣行の前に手持ちのプラグのトリプルフックをチェック。

…結構サビてますな…
…ってコトで早速フックを調達♪

1
メバル用トリプルフックはカルティバ(オーナー)さんのスティンガーシリーズを使っております。

基本的には
「ST-26TN」がメイン。
st26tn_1
https://item.rakuten.co.jp/pagos/10000475/
「26TN」はフックサイズや刺さり具合、強度がメバルゲームに丁度良く、更にメーカー純正フックとしての採用率が高いのが特徴。
要するに同じサイズを用意しとけばバランスなどを気にせずサッと交換できるワケ。
「26TN」はメバルプラッギングで最も多用するトリプルフックと言えますね♪

 


 

最近ではメーカーさんが個々にオリジナル純正フックを採用する場合が増えつつありますが、そのフックをバラ売りしてるメーカーは非常に少なく困ってしまいます…
例え純正フックを販売してたとしてもそのプラグだけの為にフックを購入するのも…ね。
個人的には同じメーカー、可能であれば同じ種類のフックで交換対応したいのが本音です。
しかしながら、そう上手くいかないのも承知しており、ワタシはメーカーのみカルティバに統一して数種類のトリプルフックを使い分けております。

 


 

 

「26」にないサイズや強度アップを求める際には
「ST-36TN」をチョイス!!
st36tn_1
https://item.rakuten.co.jp/pagos/10006497/
「36シリーズ」で特筆すべきは#18・#16といった他のSTシリーズにはない小型サイズがラインナップされてるコト!!
このシリーズでないとマッチしないプラグもありますので非常に重宝します♪
今までは「ST-36BC」を使っておりましたが、「36BC」はサビに弱いという弱点を抱えておりました…
しかし現在は「36BC」のソルトバージョンともいえるサビに強い「ST-36TN」が登場しておりますので「36BC」を使っていたプラグは全て「36TN」に交換。
また、「36シリーズ」は「26TN」よりもパラーランクが一つ上で太軸。
例えメバルゲームであったとしても「刺さり<強度」といった状況もありますのでその時にも活躍してくれます♪

 

また、今期からは新製品の
「STX-38ZN」も使っていきます。
stx38zn_1
https://item.rakuten.co.jp/pagos/10006797/
このフックの特徴はPEライン対応を謳っており、更にバレにくいコト!!
山陰メバルゲームではPEラインを用いたストロングなメバルゲームを展開する事も多く、その時に「38ZN」の真価を確認したいと思います♪
フォルムは「ST-26TN」に近いですが、重量は確実に重いのでバランスと浮力の変化に注意しつつ交換するコトにします^^

 

今回、フックの収納に使用したのは
「明邦・ランガンケース3010W2」
rungun_3010w2_1
(https://item.rakuten.co.jp/pagos/10006853/)
両面開きのタイプで両面共にスリット入りのウレタンフォームが装備されております。
今までは適当なケースにガサッと入れてたんですが、フック同士が絡んだりと使い勝手が悪かったので今回ケースを新調。
これならフック同士が絡まず更に似たようなサイズやシリーズでもスリットの列を変えたりすれば迷うコトがありませんのでとっても良いカンジです♪

 

今回ご紹介した商品たちはパゴス各店(ネットショップ含む)で取り扱っております。
なるだけサイズ欠品を起こさないよう気を付けてまいります。

皆さんも今一度手持ちのメバルプラグのフックをチェックしてみて下さい!!
そして少しでも不安がありましたら即交換!!
最強の鋭さでメバルに挑んで下さいませ♪


Return to Top ▲Return to Top ▲