バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

広島のリサイクルフィッシングショップ「パゴス」のスタッフである「伊藤孝晃(バンダナ)」の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

久しぶりの山陰アコウ(釣行記)

ワタシのホームは島根県の山陰エリア一帯であり、山陰エリアでの根魚ゲームを本格的に開始して6年が過ぎようとしております。
そんなワタシですが、今期(2017年)は「スジアラを獲る!!」という目標を掲げて四国九州への遠征釣行に力を注いでおります。
その結果、島根山陰エリアへの釣行が疎かになっており、ココ最近は数ヶ月単位で山陰から足が遠のいておりました…

そんな時に「マグバイトディレクター・キッシー(岸名氏)」から「週末は山陰にいます」との連絡が。
その中でプライベートフィッシングを織り交ぜつつ、写真撮影や動画撮影、製品開発に関する打ち合わせ等をしようという提案があり、即答でOK♪
9月10日にお久しぶりの「山陰アコウ(キジハタ)」ゲームを行なっております♪

5
10日午前0時過ぎに実家のある三次を出発、中国やまなみ街道を北上して三刀屋木次ICで下車、斐伊川に沿って出雲市に入ります。
午前2時頃に出雲大社近くのコンビニでキッシーと合流、島根半島の最西端にある県道29号線を北上して日御碕横にある「宇龍港」へ。
今回は宇龍から出港する「木村渡船(ごんげん丸)」さんにお世話になっております♪
因みに木村渡船(ごんげん丸)さんを利用するのは実に2年振りだったりします。

 

山陰エリアで渡船を利用した根魚ゲームを本格的に始めたのは約6年前…
それまでは歩いて行ける磯を中心としたゲーム展開でしたが、更なる高みを目指す為に渡船を使って更に広大なフィールドで根魚ゲームを展開してみるコトにしました。
当時はどの渡船屋さんに行ってもロックフィッシャーにお会いする事はホントにまれであり、多くは他の釣り(青物とか)のついでに根魚を狙っている…といった方が大半でした。
情報も少なく、文字通りの「試行錯誤」の連続でしたが、釣行毎に新たな発見があり、更にエリア開拓の楽しみもあり、釣果自体は今とは比べ物にならない程に貧果の連続だったものの、それを補って余りある「楽しさ」がありました♪
その時にお世話になっていたのが木村渡船さんで、当時は足しげく通わせて頂いております。
そして数シーズンが過ぎ、一通りのエリアチェックを終え、ロックフィッシャーとして大幅なレベルアップも果たしたワタシは他のエリアに興味が向いてしまい、その結果、自然と宇龍エリアに足を運ぶコトが少なくなりました。
近年は四国九州への遠征釣行も精力的に行うようになり、「山陰エリア自体」への釣行回数が減少してたりします…

 

 


 

 

ここで木村渡船(ごんげん丸)さんのシステムについて少々…
1
まず、木村渡船(ごんげん丸)さんの基本情報はホームページをご確認下さい。
⇒ http://www.kimuraso.com/index.html

釣果情報や受付・出港時間についてはフェイスブックにて日々更新しておられますのでご確認下さい♪
(フェイスブックに登録してない方も木村渡船HPよりフェイスブック最新情報をご確認頂けます)

■受付開始時間や渡船出港時間などは時期によって変動がありますので初めての方は事前に電話確認されるのが無難です。
(船長携帯電話:090-4579-1168)
営業期間は5月1日から11月15日までとなっており、11月16日から4月30日までは休業となります。
■渡船の料金は一人3,500円(税込)です。
場所決めは先着順(早く港に到着した順)となっており、前日から港入りするツワモノもおられます♪
(渡船乗り場前に駐車場があります)
■渡船受付開始時間は時期によって変動します。
(今回は午前4時半頃から受付を開始されました)
出港時間も時期によって変動があります。
(今回は午前5時半頃に出港となっております)
■渡礁の順番は基本的に近いエリアからとなっております。
(一番に受付をしていても遠くのエリアを指定した場合は渡礁が遅くなります)
■宇龍エリアには木村渡船さん以外にもう1件渡船屋さん(中出渡船さん)があり、場所が重複した場合は別エリアでの釣りを強いられる場合があります。
■磯替えは最大で2回OKですが、時間は午前9時と正午(11:30~12:00)のみとなり、それ以外の時間での磯替えは出来ません。
■帰りの時間は「正午」「午後2時」「午後4時」「最終便」から選択しますが、その時間であれば延長、もしくは早上がり可能です。
(延長や早上がりの際は事前に船長へ連絡して下さい)
■最終便は日没前となり、時期によって午後5時~午後6時の間で変動します。
(今回(9月10日)の最終便は午後6時でした)

 

 


 

 

各自車の中でゴロンゴロンしてると木村渡船さんの車が到着して受付が始まります。
この日は比較的釣り人が多く約30名近くおられましたね。
エサ師の方が大半ですが、中にはルアーマンの姿もチラホラおられます。

渡船乗り場への到着順に受け付けと料金の支払い、希望磯の申告を行ない出船時刻を待ちます。
乗船する順番は船長が呼んだ順となり、基本的に渡礁する順番の最後から乗船します。
我々は一番遠くの磯への渡礁を希望しており、渡礁順番は最終…ってコトでトップバッターで船に乗り込み、その後は船の中でまったり。

そして出港時刻を迎え、船は港から釣り場に向けて出港します。
先ずは一番近い沖波止でお客さんを下ろし、その後は各磯へ。
皆さん思い思いの磯へ期待と共に次々に渡礁され、いよいよ我々の渡礁順番になり、今回の選択した磯に上陸します。

今回渡礁した磯は最近解放された磯であり、それまでは禁漁(渡礁禁止)エリアとなっておりました。
東隣には鷺浦漁港から出港する「小国屋渡船(光洋丸)」さんの渡礁エリアが見えております。
当然ながらワタシもキッシーも初めての磯。
見える範囲で瀬がアチコチに点在しており、雰囲気は非常に良いカンジです♪
また、少し沖にも瀬があるようでその部分だけ波が変化しております。
その周辺は当然ながらチェックすべきスポットであり、タックルをセッティングしながら本日のチェック項目を脳内で整理していきます。

また、キッシーからの「お題」もしっかり頂いております♪
今回のミッションは…

■バサロシリーズでグッドサイズのアコウ(キジハタ)を釣る
■スナッチバイトシャッドでグッドサイズのアコウ(キジハタ)を釣る
■スナッチバイトシュリンプでグッドサイズのアコウ(キジハタ)を釣る
■グッドリッジ88でグッドサイズのアコウ(キジハタ)を釣る
■グッドリッジ88に関する説明動画を撮る

…何だかんだ色々なミッションがありますな(笑)
ただし、プライベートフィッシングとゆー位置づけもある為、結構ユルいノリでミッションコンプを目指します♪

 

先ずはエリア全体のチェックから…と思いつつ目の前でのナブラやボイル、更に朝マズメに爆発する事の多いカマスなどを狙ってジグやらシンペンやらミノーやらをキャスト。
…で、結果はキッシーが釣った小さなカマス1匹だけだったとゆー(爆)
何気にカマスを沢山釣って「B・H・K(バンダナ干物工房)」を再稼働させよーかと思ってたのでちょっとガッカリ…
気を取り直して本命のアコウ(キジハタ)狙いに切り替えます。

キャストで届く範囲の水深は最大で15m超といったカンジ。
瀬周りは非常に浅く、かなり沖でも瀬の位置がはっきりと分かります。
また、瀬の境目が非常にはっきり見えているコトから一気に落ち込んでいる事が分かります。
瀬の前後でグッドサイズをヒットさせたら獲るに難儀しそうなカンジです。
普通なら根掛かりによるロスト連発を大きく心配するシチュエーションですが、最終的にワタシはロストゼロ(キャスト切れが1回)でキッシーが2回。
バサロシリーズの根掛かり回避能力とスイミングメソッドの根掛かり回避率があれば瀬が点在する厳しいエリアでも根掛かりのストレスを感じる事無く釣りをするコトが可能です♪

因みに磯や瀬を形成する岩の性質によっても根掛かり&ロスト率は大きく変動します。
今回の磯は根掛かり(引っ掛かり)こそあったものの、ロストに繋がるような強烈な根掛かりになりにくい「良い磯」でした♪
言うまでもありませんが、根掛かり回避率に長けたリグやメソッドであっても「絶対に根掛からない」ワケではありません。
エリアの状況によってはどうやっても、何を使っても根掛かってしまう…って場所もありますのでその時は潔くエリアチェンジする勇気も必要でございます。
…それが分かるまでに相応の「投資」が必要なんですが、こればかりは致し方なしとワタシは考えます。

根魚ゲームに切り替えてすぐにキッシーのロッドが曲がります♪
6
本命のアコウ(キジハタ)ゲッツ!!
7
ワームは現在テスト進行中の「マグバイト・スナッチバイトシュリンプ」
カラーサンプルが間に合わず、今回もソリッドのパールホワイトのみ…ですが、そんなコトお構いなしに釣れるとゆー♪

キッシーのアコウ捕獲劇に刺激されたワタシ、完全根魚モードでゲームを展開します。
…が、ヒットするのはカサゴ氏のみ。
カサゴ氏が頻繁にヒットするのはそのエリアが抜かれていない(釣り荒れていない)という指標だと考えており、決して悪いコトではありませぬ。
しかし、狙いはあくまでもアコウ(キジハタ)です。
広範囲にキャストを繰り返しつつ、ワームの種類やカラーを頻繁にチェンジしつつ、パターンを模索していきます。

 

 


 

 

多くのロックフィッシャーが様々なリグをローテーションしておられるかと思いますが、ワタシの場合は「バサロ一辺倒」

今回は「バサロHD」の40gをメインに「バサロ」「艶バサロ」の28gも時折織り交ぜながらゲームメイクしております

vassallo_hd40_1vassallo_new1ade_vassallo_1
バサロはスイミングメソッドに特化したリグです。
その為、基本的にはスイミングメソッドのみで根魚と対峙するワケですが、一言で「スイミング」といってもその動かし方は多種多様。
それこそロッドワーク一切なしのタダ巻き「完全なるスイミング」から、ボトムズル引きに近い「超ショートスイミング」まで…

また、バサロで足元直下のボトムをドスドスすると直リグと同等のアクションになります。
これは鹿児島・錦江湾でアコウ(キジハタ)を敷石の間から獲る際に激烈な威力を発揮!!
2016年の鹿児島で開催されたエコギア・パワーオーシャンカップでシングル入賞を果たした原動力だったりします♪
ボトムをズルズル引っ張るとペグで固定したテキサスリグにも…

「スイミングリグだからスイミングさせないとダメ」とワタシは一切考えませぬ。
バサロはスイミングリグをメインにテキサスリグ的な使い方やジグヘッド的な使い方、ダウンショット(直リグ)的な使い方も可能です。
バサロ発売から3年が経過しておりますが、ワタシは常にバサロシリーズのみで各地の根魚を追い続けております。
バサロシリーズを使い続ける理由は「開発に関与した者としての意地…」よりも単純に「バサロシリーズに絶対の自信がある」からです♪

最近では他のメーカーさんからも根魚用スイミングリグやスイミングメソッドに対応したであろうシンカーが発売されております。
しかしながら、バサロシリーズの存在を脅かすであろう商品は…無いですね(断言)
後発商品ゆえにバサロシリーズに肉薄した性能を有した商品はあると思います。
…いや後から出してるんだからあって当然なんです。
ただ、「これはバサロシリーズを超えてしまった…」と思わされるような製品は皆無っす。
「値段が安いのはありますけど(爆)」

最終的に使用するリグやルアーを選ぶのは皆さんです。
その選択肢の中にワタシが何年もの間、絶対的な自信を持ち続けている「バサロシリーズ」や「フラッシュJシリーズ」などを含めて頂ければ嬉しいです♪

 

 


 

 

…釣りに戻ります(笑)

次にバサロにセットしたのは「フィッシュアロー・エアバッググラブ4インチ」
airbag_grub4_1
本来はバス用、それもトップ(表層)での使用を前提に製作されたワームですが、ボトム中心の根魚ゲームでも非常に高い威力を発揮します。
その形状が良いのか?内部が中空構造となっており、浸水するコトで比重が周囲と同調するのが良いのか?まだ判断出来ておりませんがとにかく「釣れるんです♪」
ワタシにとっては「お助けワーム」の一つであり、常に一軍入りしているワームの一つでもあります。
パゴスでも販売しておりますので是非お試し頂ければ…と思います♪

そのエアバッググラブにチェンジしての2投目、ボトム着底と同時に明確なバイトがありフッキング!!
次の瞬間にはグッドサイズだと確信できる重量感と抵抗が襲い掛かり、パワーファイトに移行。
瀬がキツい為、スタック(魚が瀬などに引っ掛かる状態)を繰り返しますが、落ち着いてスタックを解除。
解除と同時に再びパワーポンピングで寄せるものの、再びスタック。
そうしたら再びスタックを解除して…を繰り返し確実に魚を寄せていきます。
そして遂に魚体が見え始めます…
「アコウ(キジハタ)や…それも良いサイズ…」
このエリア、足元にも瀬が張り出している為、最後まで気を抜く事は出来ませぬ。
その瀬に突っ込もうとするので素早く磯際まで移動して躊躇なくぶち抜いてフィニッシュ!!

ファイト終盤~ぶち抜きランディングまではキッシーが動画に収めてくれてました♪
マグバイト公式FBにその動画が公開されておりますので是非見てやって下さい^^
⇒ 
https://www.facebook.com/magbite.lures/videos/1661322913891728/
3
40upのグッドサイズゲット♪
ミッションの一つである「バサロシリーズでグッドサイズのアコウ(キジハタ)を釣る」をクリア!!
夏以降のアコウ(キジハタ)は総じてコンディションが非常に良く、強烈なファイトを魅せてくれます。
このアコウ(キジハタ)、ランカーサイズとは言えませんがランカー思わせるファイト+瀬がキツいコトもあり、キャッチするまで心臓バックバクでしたね(笑)

一度流れをつかんだらこっちのモノ!!
次々とミッションをコンプしていきます♪

 

「スナッチバイトシャッドでグッドサイズのアコウ(キジハタ)を釣る」
8
はい、コンプリート♪
9
リグは「マグバイト・バサロHD40g(自分で色を剥いで作ったシルバー)」
ワームは「マグバイト・スナッチバイト4インチ(ギンハラホワイト)」
瀬の上をほぼ完全なスイミング(要するにタダ巻き)させて喰ってきており、バイトの瞬間からキャッチまで強烈なファイトを魅せてくれました!!

「スナッチバイトシュリンプでグッドサイズのアコウ(キジハタ)を釣る」10
はい、コンプリート!!
12
リグは「バサロHD40g(自分で色を剥いで作ったシルバー)」
ワームは「マグバイト・スナッチバイトシュリンプ(ソリッドパールホワイト)」
スナッチバイトシュリンプの全体的なカタチはほぼ完成ですが、目玉部分はもう少し調整&修正を入れます。

因みにこのアコウ(キジハタ)、セミエビ(ウチワエビ?)を捕食しておりました。
11
サイズも形も大きく異なりますが、シュリンプ(エビ)系であるコトは一緒。
また、バサロHD(40g)の重量を活かしつつ、ロッドを軽く送り込んで「エビがストラクチャーにシャッと逃げるような動き」をフォールアクションの中に組み込んだんですが、これがガチっとハマり「アナタはアカハタですか?」ってな位に強烈なバイトでしたね♪

 

さて、次のミッション「グッドリッジ88でグッドサイズのアコウ(キジハタ)を釣る」をコンプすべくキッシーからグッドリッジ88を奪い取り(笑)、代わりにキッシーにはワタシのスナイプを渡します。
その後、時合を過ぎてしまったのか?プレッシャーが掛かり過ぎてしまったのか?バイトの無い時間が続き、二人してエリア内をウロウロしつつ様々なワームを試してみます。

 

そんな中、キッシーが「マグバイト・タコベイト ロックチューン」をおもむろにセットしてキャスト。
その直後にスナイプが大きく曲がります!!
「ヤバいす!!!!」を連呼するキッシー。
傍らで見てるワタシは「グッドサイズには間違いないけどランカーではないなぁ…」と少々冷静に見てたりして(笑)
因みにキッシーの目の前には強烈な瀬があります。
ワタシはそれを避けて別ポジションからアプローチしてたんですが、キッシーは瀬にガチ勝負を挑むポジション。
当然ながらスタックしてしまいます。
スタックしてしばらくの後、諦めの表情が見えたように感じたのでラインテンションを緩めてスタック解除するように言い、見事スタック解除…でもすぐに再スタック…を何度か繰り返しながらも確実に魚を寄せるキッシー。
万全を期す為にタモをもって待ち構えるワタシ。
そんな二人の目の前にグッドサイズのアコウ(キジハタ)が浮かび上がってきます。
最後は一撃ネットインでフィニッシュ!!
13
これもナイスフィッシュ!!
キッシー曰く「クエかと思いましたわ」とのコト。
また「メッチャ引くんで凄まじくデカいかと思いましたわ」とも。
この強烈なファイトが秋の山陰アコウ(キジハタ)ゲームの醍醐味です!!
14
コンディションはご覧の通りのプリップリのコロンコロン、そりゃファイトも強烈になりますわ♪
リグは「マグバイト・バサロHD40g(オレキン)」
ベイトは「マグバイト・タコベイト ロックチューンLサイズ(オニオンピンクゼブラ)」

「タコベイト」は漁師さんが今でも使われているれっきとした漁具。
「釣れて当然」と言えるかもですが、バイト数が激減した状況の中でいきなり結果を出す威力には目を見張るものがありますね♪
mb_takobait_m1mb_takobait_l1
現在「マグバイト・タコベイト ロックチューン」はタコベイト単体のみ「M・L」の2サイズを販売中です。
専用フックにつきましては近日発売開始を予定しておりますのでどーぞヨロシクです♪

 

キッシーグッドサイズ捕獲劇を目の当たりにして再び気合が入ったワタシ、最後の捕獲ミッションをクリアすべくキャストを繰り返します…
16
この日は朝は非常に涼しかったものの、陽が顔を出すと同時に一気に暑くなり「ファイブコア・アームゲーター」「ゼナック・フェイス&ネックガード」が大活躍!!
根魚ゲームが展開できるシーズンの間は紫外線対策が必須です!!

同時に夏の終わりと秋の到来を肌で強く感じ取ってたりします。
海の中も確実に秋に移行しつつあり、シオ(カンパチの幼魚)やアオリイカの姿が…
特にアオリに関しては予想よりもいいサイズに成長+活発にエサを追いかけており、エギを落とせば一撃必釣な状況。
…なのにこんな時に限って二人ともエギを持ってないとゆー…(涙)

風が無いとかなり暑いのですが、幸いにも昼前から風が吹き始め、快適な状況での釣りを展開しております♪
あまりにも心地よい陽気に寝不足のキッシーは磯の上でゴロン。
「そんな時に限ってヒットするんだよねー」と思いつつキャストを繰り返すワタシ。
少し湾奥に移動して足元から数メートル先に見えるヨコ方向に伸びたブレイクを狙ってみるコトに。

先ずはナナメ横にキャストしてボトム着底。
その後はブレイクに沿うカタチでスイミングさせていきます。
陽が高い位置にある場合、アコウ(キジハタ)はストラクチャーの陰に潜んで近くを通り掛かるエサに喰らいつくコトが多々あります。
それを意識してバサロを泳がせてると「ガツンっ!!」とバイト!!
掛けた瞬間に分かるグッドサイズ。
キッシーから離れたスポットにいるので何度か大声で呼んでみたものの音沙汰無し(爆)
この頃になると風がビュービュー吹いてましたので、風の音で声がかき消されてるよーです。
どうしようもないのでそのままファイトを続行。
ブレイクに突っ込もうとするのをグッドリッジに採用した高弾性カーボンの反発力とパワーでいなしつつ、確実にリフトアップして最後はぶち抜いてフィニッシュ!!
急いでキッシーの元に行って叩き起こし(笑)、ミッションコンプを報告しつつ写真に撮ってもらいます。

 

「グッドリッジ88でグッドサイズのアコウ(キジハタ)を釣る」
少しだけ苦戦しましたが、見事コンプリート!!
20
リグは「マグバイト・バサロHD40g(オレキン)」
ワームは「フィッシュアロー・エアバッググラブ4インチ(モエビ)」

ブツ持ち状態のまま、引き続きグッドリッジ説明動画撮影も行ないましたが、どうやらマイクの調子が悪いみたい。
取り敢えず撮影自体は行なって何か問題があればまた再撮影するコトに。

何はともあれミッションはこれで全てコンプリートっす♪

秋は数釣りが望めるシーズンですが、逆にサイズ狙いには少々厳しいシーズンだと思っております。
それを踏まえ、今回設定した「グッドサイズ」の指標は35cmクラス。
しかし、フタを開けてみたら40cmクラスを揃えるコトが出来ており、100点満点に近い結果となりました。
その中に50cmクラスが混じれば最強!!ですが、流石にそれは高望みし過ぎってヤツです(爆)

 

今シーズンは春から各地で好釣果の話が聞こえており、俗にいう「当たり年」なのかもしれません。
また「チェックし尽くした」と思っていた宇龍エリアですが、当時のレベルでは真のポテンシャルを引き出せていなかったとも感じております。
あの頃と比べて自身の根魚捕獲レベルや経験値は劇的にUPしてます。
更にエリアも拡大してるし…
今回の釣行を経て宇龍エリアの魅力とポテンシャルを再確認した次第でございます♪

 

そして午後2時になり、迎えの船に乗り込みます。
午後2時撤収を希望された各磯の釣り人を回収しつつ港へ…
23

港に戻ってからは渡船情報として持ち帰った釣果を撮って頂いております。
18
あれだけお世話になっていたにも関わらず、久しく木村渡船(ごんげん丸)さんのお役に立てておりません(滝汗)でしたが、これで少しはお役に立てたかなと♪

 

尚、木村渡船(ごんげん丸)さんでは現在「ごんげんダービー2017」を開催しておられます。
木村渡船さんを利用した釣行で釣った魚の大きさを競うダービーで参加費は無料。
期間は11月15日(渡船最終日)まで。
対象魚は「ヒラマサ」「タイ」「グレ」「アコウ(キジハタ)」の4種類。

帰港時に渡船乗り場でサイズを船長が計測してエントリーとなります。
現時点(2017年9月13日)でアコウ部門はワタシがエントリーした41cmがトップとなっております。
このサイズは十分に追い抜くコトの出来るサイズですのでロックフィッシャーの皆さんは是非挑戦してみて下さい!!
ワタシも更なるサイズアップを目論んで再挑戦するかもです♪

 

久しぶりの宇龍エリア+自身初の磯でのゲームを展開しましたが、その付近の磯も非常に気になってきました。
ごんげんダービーのサイズ更新もしたいし♪
…ってコトでまた調査に伺いたいと考えております♪

宇龍エリアは本格的な装備で挑む必要があります。
ライジャケの着用は超常識ですし、足回りはスパイク、もしくはフェルトスパイクが必須です。
しかしながら何度か渡礁経験のある方から見たらお手軽なエリアもたくさんあります。
渡礁初級の方がトライするのにもオススメの磯もたくさんあります♪
(受付時に渡礁初心者であるコトを伝えれば相応の磯に渡してもらえます)

木村船長、今回は本当にありがとうございました!!
また利用させて頂きます♪

 

 

宇龍漁港を後にして釣果報告と情報交換の為に「ポイント出雲店さん」にお邪魔してしばし談笑。
その後「献上そば・羽根屋本店」さんでご褒美の割り子そば(5段)をすすってワタシはココで帰路につきます。
26

キッシーはその晩にポイント出雲店の店長とスタッフの皆さんとカマス釣りに行ってカマスは不発だったものの「クロムツ」が爆釣したようです♪
2524
それにしてもキッシー、メチャクチャ元気やな…(爆)

キッシー、今回「も」良い釣りが出来ましたね♪
前回の鷺浦釣行といい、我々の釣行には何気に神様が降臨してるのかもです(笑)
またこちらに来られた際は是非!!

 

宇龍エリアのアコウ(キジハタ)は海況さえ穏やかであれば渡船が終了する11月中旬までは十分に狙う事が可能ですのでご興味のある方は是非トライしてみて下さい!!

 

 


 

 

【タックルデータ】

■ロッド: 【マグバイト】グッドリッジ88・ハードロック(プロト)
■ロッド: 【ゼナック】スナイプS86XXロングキャスト「RGガイドモデル」
■リール: 【ダイワ】13セルテート3012H
■ライン: 【よつあみ】リアルスポーツGソウル アップグレードPE X8(1.2号)
■リーダー: 【よつあみ】ガリスFC アブソーバーアンフィニ スリム&ストロング(28lb)
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロHD」(40g)
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロ」(28g)
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「艶バサロ」(28g)
■ワーム: 【マグバイト】スナッチバイトシャッド4インチ
■ワーム: 【マグバイト】スナッチバイトシュリンプ(プロト)
■ワーム: 【フィッシュアロー】エアバッググラブ4インチ
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJシャッド3インチSW
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJスプリット4インチSW
■フック: 【マグバイト】アッパーカットオフセット
■スナップ: 【スタジオオーシャンマーク】オオタガレージ・オーシャンスナップ(OS3S)
■アイウェア: 【ストームライダー】オーバルワイド2 SR-014P-2(レンズ:オリーブグリーン)
■フェイスガード: 【ゼナック】フェイス&ネックガード
■アームガード: 【ファイブコア】Fスタイル アームゲーター(Lサイズ)
■ライフジャケット: 【サブロック】ヴィーワンベスト(マルチカムブラック)
■フットウェア: 【シマノ】ドライシールド ジオロックカットラバピンフェルトシューズ「FS-155J」
■リリースツール: 【Bends Mender】ベンズメンダー「パゴスチューンモデル」
■キープツール: 【マグバイト】フローティングスカリ MBT06


Return to Top ▲Return to Top ▲