バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

広島のリサイクルフィッシングショップ「パゴス」のスタッフである「伊藤孝晃(バンダナ)」の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

少しだけ初心に戻ってみる(バンダナ雑記)

「根魚ゲーム」
「ロックフィッシュゲーム」
「グルーパーゲーム」
「ライトロック」
「ハードロック」

…様々な呼び方がありますが、これらは総じて根魚(カサゴ・アコウ(キジハタ)・アカハタ・オオモンハタなど)を釣るゲームのコトを指しており、ここ数年加熱の一途を辿っております。
IMGP3420001P5140080_DSC4299
(左から「カサゴ」「アコウ(キジハタ)」「アカハタ」「オオモンハタ」)

ワタシ自身も根魚ゲームに情熱を燃やすアングラーの一人であり、特にここ数年間は他の釣りにほとんど手を出すコトなく根魚ゲームに没頭しております。
その結果、様々なメーカーさんからお声掛けを頂き、根魚ゲームに関するリグやルアー、ロッド、用品の開発に微力ながらも関与させて頂き、根魚ゲームの発展に多少なりとも貢献出来たのではないか?と勝手に自画自賛してたりします(爆)

ワタシが展開する根魚ゲームは専用のリグとワームを用いた「スイミングメソッド」と呼ばれるモノ。
10752471_613655252077664_1972008814_o
今ではすっかり「対根魚用定番メソッドの一つ」として認知されるに至っておりますが、始めた当初は誰もやっておらず、当然参考になるメディア(ネットや書籍など)も皆無であり文字通りの「暗中模索」状態でした。
ただ、運の良いコトにスイミングリグのベースとなるシンカーが身近にあり、更に同じ志を持ち、釣り全般に関してのスキルに長けた釣友も身近に居たコトでエリアやメソッド、パターンの開拓・確立に掛かった時間は予想よりもはるかに短いモノとなりました。

ワタシが展開しているスイミングメソッドに関しては始めた頃から大きな変化はありませぬ。
タックルこそ進化しておりますが、それでもやってるコトは今も昔も「ほぼ同じ」です。
ただひたすらに大海原に向かってリグをフルキャスト&スイミングさせ続けており、それは現在進行形で継続されております。

 


 

…とまぁ、いつも通り前置きが長くなっております(笑)が、今回はタイトル通り「少しだけ初心に戻って」過去から現在まで使い続けているリグやワームに関しての紹介とご説明をさせて頂きたいと思います^^
最近リリースされた製品は完全スルー(笑)ですのでヨロシクです♪

尚、今回のブログの内容は自身の根魚ゲームの「コア(核)」となる「島根山陰エリアにおけるアコウ(キジハタ)ゲーム」を対象としておりますのでヨロシクです♪
エリアや根魚の種類が変化してもワタシが提唱するスイミングメソッドは効くと確信しておりますが、同時に「応用が必要」とも確信しております。
それはエリア…よりも「根魚の種類」によってスイミングメソッドのパターンが変化するというのが正解ですね。
…ただ、その辺のコトを書き綴っていくとブログの本題から超脱線してしまうのでまた別の機会に…♪

 

【スイミング専用リグについて】
ワタシが使用するスイミング専用のリグは「マグバイト・バサロシリーズ」一択です。
この商品の開発・テストに関してはワタシが大いに関与させて頂いており、それ故に絶対の自信を持っております。
販売を開始したのが2014年の春であり、既に3年目を迎えておりますがバサロに対する「信頼」と「自信」は今も揺らぐコトはありません。
因みに現在は「バサロ」「艶(あで)バサロ」「バサロHD」の3種類がリリースされております♪

■マグバイト・エクストリームスイミングリグ「バサロ」
vassallo_new1
⇒ https://item.rakuten.co.jp/pagos/10005286/
山陰エリアにおけるアコウ(キジハタ)ゲームでテストを繰り返し誕生したスイミングリグです。
いわば「山陰仕様」と言っても過言ではないモデルであり、最も基本となります。
ウエイトは「7g」「14g」「21g」「28g」の4ウエイトがラインナップされており、山陰エリアでは21gと28gを多用…っつかワタシはほとんど28gしか使いません♪
これは遠投性能と手返しの良さを重視した結果なんですが「更なる遠投性能・手返しの良さ・強度アップ」の追求、更にオフショアでの使用など複数の追加要素を求めた結果が「バサロHD」の誕生へと繋がっていきます…
また、根魚専用としての色が濃い「バサロ」に対してフラットフィッシュ専用の色を際立たせた「艶(あで)バサロ」も現在好評発売中となっております♪
vassallo_hd40_1ade_vassallo_1

尚、バサロシリーズの基本的な動かし方につきましては↓の動画をご覧くださいませ♪

…因みにこの動画は3年前のモノでこの時は「バサロ」しかありません。
ロッドも当時は「ゼナック・スナイプS78XX」を使用しており、使用しているワーム「フィッシュアロー・フラッシュJシリーズ」もバス用カラーしかなかった時代です^^
しかしながらその当時に展開していたスイミングメソッドは現在(2017年)のスイミングメソッドとなんら変化しておりませぬ。
…そしてこれからも変わる事はないだろうと思っております♪

 


 

【スイミングメソッドに使用するワームについて】
現在、沢山の専用ワームが販売されておりますが、当ブログではワタシがスイミングメソッドを始めた当時から現在まで使い続けているワーム達をご紹介させて頂きます♪
当然ながら既に販売されているワームばかりで新鮮味には欠けます…が、現在に至るまで長期間ワタシの根魚ゲームを支えてくれている存在であり、必ずや皆さんの根魚ゲームでも威力を発揮してくれると確信しております!!

■フィッシュアロー・フラッシュJシャッド3インチ
flash_j_shad3sw_1
⇒ https://item.rakuten.co.jp/pagos/10005807/
山陰エリアのアコウ(キジハタ)ゲームでは最も基本となるサイズとタイプです。
スイミングメソッドを始めた当初はバス用カラーしかありませんでしたが、現在はソルト用カラーも販売されており大幅に戦力が増強されております♪
ランカーサイズ(50cmクラス)を狙うには少々小さいと思われる方が多いのですが、山陰エリアでアコウ(キジハタ)を狙うのであれば「絶対に持っておいて下さい!!」
これまで様々なサイズやタイプのワームを使い続けてきた結果から得た「経験則」に基づいてこのフラッシュJシャッド3インチを推奨させて頂いており、それ故に絶対的な自信と信頼を持っております♪
因みに「バサロ」の開発においてはマッチングさせるワームとしてこのフラッシュJシリーズを使用しており、バサロとフラッシュJの相性は「最強」であるコトも付け加えさせて頂きます^^
現在はソルト用カラーが販売されておりますので根魚ゲームではそちらに目が向きがちとなりますが、バス用カラーの中にも超優秀なカラー(ワカサギ/シルバーやSゴーストワカサギ/オーロラなど)がありますので要チェックです!!

 

■フィッシュアロー・フラッシュJスプリット4インチ
flash_j_split4sw_1
⇒ https://item.rakuten.co.jp/pagos/10005845/
こちらもフラッシュJシャッド3インチと同レベルでワタシが信頼するワームです。
コチラも当初はバス用モデルしかありませんでしたが、現在はソルトモデルも販売されております。
長さこそ4インチですが、ボリュームはフラッシュJシャッド3インチとほぼ同じであり、更にスプリット(二又)テールのピリッとしたアクションが非常に気に入っております♪
広大な海の前ではシャッドもスプリットも極僅かな形状の差に過ぎませんが、その「僅かな差」が釣果を大きく左右するコトが多々あるんです…
まずはシャッドからスタートしてローテーションの中にスプリットを含める…のがワタシの山陰アコウ(キジハタ)ゲームの基本スタイルです♪
確認できるベイト(小魚)が細長い系だったら間違いなく「フラッシュJスプリット4インチ」をおススメします!!

 

■バークレイ・ヤバイシュリンプ3.2インチ
yabai_1
(※2017/8現在パゴスでの取り扱いは行なっておりませんのでご了承下さい)
多くのシュリンプ系ワームは後ろ向きに泳ぐよう設計されております。
これはエビが逃げる際の動きをイメージしてる為ですが、普段のエビは腹肢をパタパタさせて前向きに泳ぎます。
ワタシはその無防備に泳ぐエビをスイミングメソッドでイメージさせたいと考えており、このヤバイシュリンプはまさにワタシが望むイメージにぴったりでした♪
実際にセットして泳がせても納得の動きであり、このワームでも多くのアコウ(キジハタ)を獲らせて頂きました。
残念ながら廃盤に近い状況となっており、多くのショップさんから姿を消しております…が、運よく見つけられたら即ゲットです!!
現在も十分な戦力になるワームですが、自分も手持ちも残り少なくなっており、使うには少々勇気がいります(爆)

因みに現在、マグバイトでシュリンプ系ワームの開発が進められておりますが、こちらは後ろ向きに泳ぐタイプとなります…
コレはコレでよく釣れますけどね♪

 


 

特に最近は根魚ブームという事もあり、各メーカーさんがこぞって新製品をリリースされています。
多くのアングラーさんが新製品に目が向いてしまい、既存の製品に目が向かなくなっているのでは?と思います。
確かに「新製品」という言葉には魅力がありますし、既存の製品よりもレベルアップ・バージョンアップされているのが大半ですので使ってみる価値は大いにあります。

しかしながら、古くからある既存の製品の中にも最新のアイテムに負けず劣らずの性能を有したモノが沢山あります。
今回ご紹介した商品たちはワタシが山陰アコウ(キジハタ)狙いの際に絶大な自信と信頼を寄せる「既存品」達です!!

現在(2017年8月)、山陰エリアのアコウ(キジハタ)は「釣れております♪」
9月に入れば更に釣果は上向くものと予想しており、恐らくその通りになります。

灼熱の磯はある意味「修行の場」になるんですが、秋になれば秋晴れの下で快適なゲームが展開できます♪
21
そして秋の山陰はスイミングメソッドが非常に威力を発揮するシーズンです!!
これから山陰に行かれる、または行こうと算段されてる方は今回ご紹介した「既存品たち(笑)」を是非お試し頂ければ…と思います♪

 

…あ、今回ご紹介した商品は「パゴス店舗」及び「パゴスネットショップ」で取り扱いしておりますのでヨロシクです(≧▽≦)
(ヤバイシュリンプにつきましては取り扱いをしておりませんのでご了承下さい)


Return to Top ▲Return to Top ▲