バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

広島のリサイクルフィッシングショップ「パゴス」のスタッフである「伊藤孝晃(バンダナ)」の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

ロック・キング3「幻50cup-2017」開催のお知らせ(バンダナ雑記)


 

【2017年8月9日追記】
お陰様で「ロック・キング3 幻50cup-2017」につきましては募集定員に達しました。
参加登録頂きました皆様、本当にありがとうございます♪

以後の参加登録につきましては恐縮ですがお受けする事が出来ませんのでご了承下さい。

 


 

今年も開催が決定しました!!!!!
ロック・キング3「幻50cup-2017」
今回は2017年9月23日(土)に開催されます♪
会場は昨年と同じく「島根県出雲市大社町鷺浦」です!!
rock1
(写真は2016年9月17日開催時のものです)

この大会はポッキンさん(辻本ナツ雄氏)を中心とした釣りイベントを企画する団体「ソールキャスト様」が主催となる大会です。
大会は昨年(2016年9月17日)にも開催しており、同地での大会開催は今回が2回目となります。
1Dayの大会であり、参加者は同じ土俵の上で競技をして頂くコトとなります。
普段の釣りとは全く異なる緊張感とプレッシャーを感じつつのゲームはきっと皆さんのスキルアップ・メンタル強化につながる事でしょう♪

…因みに昨年はワタシと共に山陰エリアはおろか、九州や四国まで遠征を行なっている「自称一番弟子(笑)」の土居さんが「バサロ+フラッシュJ」を使用してぶっちぎりの優勝を飾られました♪
rock2rock3
山陰エリアでの根魚ゲームには「スイミングメソッド」が非常に有効であることを土居さんが実証してくれました!!
大会参加者の皆さんも
「マグバイト・バサロシリーズ」
「フィッシュアロー・フラッシュJシリーズ」
「マグバイト・スナッチバイトシャッド各サイズ」
を是非準備して大会に臨んで頂ければ…と思います♪

鷺浦の磯はどのエリアにもランカーアコウ(キジハタ)が潜んでいる可能性が高く、それ故に優勝の可能性は参加者全員にあると言っても過言ではありません。
しかしながら、エリアの状況やパターンをしっかり把握しているかどうかが釣果を大きく左右します。
そういった意味では事前のプラクティスは非常に重要であるとワタシは考えております。

尚、大会参加には事前の参加登録が必須です!!
大会参加につきましてはメールにて受け付けております。
maboroshi03@yahoo.co.jp
上記メールアドレスに
「氏名」
「住所」
「携帯電話番号」
「生年月日」
をそれぞれ忘れずに記載して送信して下さい。
件名は「ロッキン3参加登録」と入力しておけば完璧です!!
後ほどソールキャスト本部より参加登録完了のメールをお送りさせて頂きます。

大会参加受付は2017年9月10日までとなっておりましたが、
募集人数に達した為、参加募集受付は既に終了しております!!

 

 


 

『ロック・キング3 幻50カップ2017』大会要綱
maboroshi
■大会日時:2017年9月23日(土)
■集合場所:島根県出雲市大社町鷺浦


※大会会場へは出雲大社から県道29号線(西側海沿い)を日御碕方面(北方面)に向かって走り、途中で県道23号線に入って東に向けて走るルートが最も道幅が広くオススメです。
3
(県道23号線への入り口には看板と右折専用レーンがあります)
※鷺浦漁港へは出雲大社の真横を通って山越えするルートもありますが、道幅がせまく曲がりくねっていますのでオススメしません。
※どちらのルートも「鹿」が非常に多く、道路に出ているコトも多いのでスピードの出し過ぎは禁物です!!

■競技エリア:鷺浦周辺(渡船にて渡礁)
■参加費用:一人5,000円(渡船代含む)
■募集人数:40名(先着順)

【大会プログラム】
■受付:AM3:30~AM4:15
■開会式:AM4:15~AM4:45
■競技:AM5:00~AM11:00(ウェイインは11:30まで)

■検寸:AM11:00~AM11:30
(検寸締切につきましては渡船回収状況により多少前後する場合がございます)
■表彰式:PM12:00~
■商品展示会:AM11:00~PM2:00

(競技以外は全て鷺浦港に設置した大会本部にて執り行います)

 

【参加ルール】
■釣り方はルアー釣りに限ります。
(アラバマリグ及び2本以上の仕掛けは使用禁止)
(アシストフックに関しては問題ありませんが、根掛かるので付けないほうが賢明です♪)
■検量は生きている魚が対象です
(ストリンガー・スカリ・ライブウェル(バッカンやクーラー)の準備を各自お願いします)
■アコウ3本の重量で競います
(外道賞もありますのでアコウ以外の魚が釣れてもウェインして下さい)
■ライフジャケットとスパイクピンの付いたシューズ・ブーツは絶対必要です
(ライジャケは出来るだけ浮力体入りをご用意下さい)
(スパイクピンの付いていないラジアル・フェルト底は例え釣り用であってもNGです)
■大会中の事故・ケガ・トラブル等は個人の責任において解決するものとします
(大会主催側は一切責任を負いません)

■参加登録メールはお一人様ごとに送信して下さい
■18歳未満の方は必ず保護者同伴で参加して下さい
■渡礁エリアや順番に関しましては必ず船長判断に従って下さい
■荒天等による大会中止判断は前日までに行ない、メールにて告知いたします

(大会中止の場合、9月30日に順延します)
(順延の際は9月25日までに再度参加登録をお願いします)
■渡船船長及び大会運営スタッフの指示に従えない方の参加は強くお断りいたします

 

競技エリアですが、開会式終了後に渡船(小国屋渡船・光洋丸さん)にて鷺浦一帯の磯に渡礁し釣りをして頂きます。
渡礁エリアの振り分けにつきましては船長判断となります。

一度に全員が乗船する事は出来ませんので1便~3便に分けて乗船して頂きます。
どの便になるかにつきましても船長判断となります。
当大会は「個人戦」の形式となっており、グループで参加された場合でもバラバラに渡礁する事になります。
(運が良ければ同じ磯に上がれるかもです)
(18歳未満の方は保護者の方と一緒の磯に渡礁できるよう対応します)
磯の振り分けにつきましては参加者の装備(ライジャケのタイプ等)や磯に対する熟練度なども判断材料となります。
磯での釣りが初めての方や磯での釣りが不安な方は安全な磯へ優先的にお渡ししますので会場での受付時にその旨を申し付け下さい。
当大会は足場の良い波止や港ではなく、足場の悪い磯での大会です。
渡礁の場所や順番に関しましては船長及び大会運営スタッフの指示に「必ず」従って下さい。
磯に上がる際は参加者同士で協力して荷物の受け渡しをお願いします。

 

競技形式につきましては「アコウ(キジハタ)3本の総重量」がメイン表彰となります。
ただし、鷺浦では「アコウ(キジハタ)」以外に「カサゴ」「マハタ」「アオハタ」「ヨロイメバル」「クロソイ」「ムラソイ」「オニオコゼ」「クエ」等の根魚達が捕獲されております。
更にルアーで狙っていると青物やシーバスなどのヒットがあるかもです。
それら「嬉しい外道達」の捕獲を考慮して「外道賞」をご用意しております!!
外道賞につきましては検寸会場にて受賞者を決定しますのでアコウ(キジハタ)以外の魚種もどしどしウェイインして下さい。
尚、検量は「魚が生きているコト」が条件となります。
ライブウェルやスカリ、ストリンガー等を各自用意して下さい。
ただし、青物など活かす事が困難な魚の場合は〆てウェイインしてもOKです。
アコウ(キジハタ)のデッドフィッシュ(死魚)に関しては検量対象外となる場合があります。
ですが、完全に死後硬直した場合を除き「検量させて頂くかもです♪」
検量担当が判断しますので残念ながら魚を死なせてしまった場合でも取り敢えずウェイインして下さい。
(魚を活かす為の最大限の努力をお願い致します!!)
デッドフィッシュに関しましては各時の責任において「美味しく食べて下さい♪」
また、元気な魚に関しましては資源保護の観点から大会終了後の「リリース」をお願い致します(強制ではありません)

 

 


 

 

【魚のキープと移動について】

多くのアングラーさんにとって「魚を活かしてキープする」コトは意外と普通にされてるコトかもです。
しかしながら、「活かした状態で移動する」コトに関しては「どうすればいいの?」と思われるかも。
ここでは「活かし&移動」についてご説明させて頂きます。
基本的には釣った直後のキープは「ストリンガー」や「スカリ」に入れて海の中でキープ。
船が迎えにきた際は「クーラー」や「バッカン」に海水を入れてその中に魚を入れて乗船します。

先ず、魚を釣った後は素早く針を外してエアーを抜き、ストリンガーやスカリに入れ、海にドボンさせます。
エアー抜きについてはコチラ

短時間であればいきなりクーラーやバッカンに入れても良いですが、10分以上のキープは海中に入れるのが鉄則です。
海中に入れる際は波の影響が少ない波裏やタイドプールに入れるのがベストです。
タイドプールによっては海水の循環が全くない場合があるのでそういったタイドプールはNG。
時折波が入って海水の循環が起こっている事が確認出来たタイドプールに入れて下さい。
尚、ストリンガーごと、スカリごと流されないようにロープを岩などにしっかり結んで固定して下さい。

船の回収時間になったら魚をバッカンやクーラーに入れるワケですが、海水を入れるので非常に重たくなります。
かといって海水を少なくすると水温上昇や酸素欠乏で魚を死なせてしまう恐れもあります。
それらを防止する為には「エアーポンプ」と「氷」を活用します。
エアーポンプは電池式の安価なモノが釣具店にありますのでそれを用意して下さい。
・・・もちろんパゴスにもあります♪
氷に関しては氷そのものを入れると海水の塩分濃度が薄まるので凍らせたペットボトル(500mlでOK)を用意するとバッチリ♪
真水が漏れない袋に氷を入れるのも良いですね。
それをエモノと一緒に入れておくだけです。

アコウ(キジハタ)は非常に強い生命力を持った魚ですので「短時間の活かし」であればそれほど神経質になる必要はありませぬ。
■釣ったら素早くストリンガーかスカリでキープ!!
■エアー抜きが出来れば最強!!
■船が来る直前にクーラーやバッカンにIN!!
■船の移動時には酸素と水温に注意!!

この4点に注意すれば元気な状態のままウェイインする事が出来ます♪

 


 

「ライフジャケット」及び「スパイクシューズ(ブーツ)」を装備してない方は大会に参加できません。
ライフジャケットは「浮力体タイプ」を強く推奨いたします!!
「膨張式タイプ」でも大会参加自体は可能ですが、落水時に岩などで浮力体に穴が開く恐れがありますので渡礁エリアを制限させて頂きます。
(潮の流れと波が穏やか+荒くない磯の多い内湾への渡礁になります)
また、転倒した時のダメージ軽減の意味もありますのでライフジャケットは出来るだけ浮力体タイプをご用意下さい。
「スパイクシューズ(ブーツ)」に関しましては「フェルトスパイク」もOKです。
ただし、靴底がフェルトのみやラジアルのみは大会参加不可です。
靴底にスパイクピンが付いている事が必須となりますのでご注意下さい!!
ライジャケもスパイク(フェルトスパイク)も自身を守る為のモノです。
磯でのゲームには大会でなくとも絶対に必要な装備ですのでご理解と装備の徹底をお願い致します。

検量会場(鷺浦漁港)ではAM11:00~PM2:00まで各メーカーによる商品展示会を行ないます。
ワタシもお世話になっているメーカー数社にブース設置の打診を行なっており、当日は複数メーカーの商品を並べさせて頂いてるカモです^^
目の前が港なのでリグを実際に泳がせたり・・・なども考えております♪

大会について不明な点はソールキャスト本部まで・・・って連絡先がどこにも無い・・・(滝汗)
なので、分からない事がありましたら参加登録メールアドレス
maboroshi03@yahoo.co.jp
にお問い合わせ下さいますようお願い致します。

ワタシに直接コンタクトが取れる方はワタシに聞いて頂いてもOKです。
後ほどポッキンさんに聞いてから折り返し連絡します^^

 


 

大会は独特の雰囲気と緊張感が支配し、普段の釣りが出来ないコトも多々あります。
ですが、それゆえに「得るモノ」が必ずあるとワタシは思っています♪

完全な競技志向で挑戦されるのも良いですが、気楽に大会を楽しむスタイルもまた良しです!!
「秋の山陰アコウ(キジハタ)ゲーム」を堪能して頂ければ幸いです♪


Return to Top ▲Return to Top ▲