バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

広島のリサイクルフィッシングショップ「パゴス」のスタッフである「伊藤孝晃(バンダナ)」の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

【アブ】ソルティースタイルKIZIHATAについて語ってみる(製品情報)

ワタシが根魚ゲームを始めた当初はベイトタックルを使っていましたが、瀬戸内から山陰に釣行エリアが変わると同時にスピニングタックルを使うようになりました。
当時は山陰エリアにおいて根魚専門のアングラーをフィールドで見かけるコトはほぼ皆無であり、シーズン的・エリア的なパターンも「わけわかめ」な状態。
文字通り「試行錯誤」「暗中模索」「五里霧中」「四苦八苦」の中で根魚を追い求めて西へ東へと走り回っておりました。

そんな状況下で誰もサーチしていないであろうエリアを広範囲にロングキャストし、水中に存在するであろうストラクチャーやターゲットの存在を把握するコトが山陰エリアにおける根魚ゲームの第一歩でした。
それには風向きやリグのウエイト等を考慮するコトなく常にフルキャスト出来るスピニングタックルのほうが理に適っており、それがベイトタックルからスピニングタックルに持ち替える大きな要因となっております。
しかしながら、当時は根魚専用のスピニングタックルは皆無…というよりもワタシが欲するスペックを有したスピニングタックルは皆無でした。

ワタシが欲する根魚用スピニングタックルを簡単に言うと…
「ロングキャストに有利なロングレングス」
「ベイトタックルに負けず劣らずのパワー」

…この2点に尽きます。
ワタシが根魚ゲームを始めた当時はその2点を兼ねそろえたスピニングロッドは無かったんです。

そこでワタシは
「シマノ・ゲームタイプS S83VS」
というロッドを根魚ゲームに流用しておりました。
p1
このロッド、本来はシーバスロッドであり、ヘビーウエイトのバイブレーションをキャストする為に開発されたロッド。
p2
非常に重厚かつ頑丈なロッドでありワタシにとっては「ショアジギロッド」として大活躍してくれたロッドであり、当時(10年以上前)の仲間内ではこのロッドを所持率が非常に高く、今でも思い出バナシに度々出てくるロッドです♪

 

そんなワタシの前に初めての根魚専用スピニングロッドが姿を現します…
「バレーヒル ミッション サイファリストHRX CPXS-832MH」
cpxs_83mh_11
※以前はパゴスでも取り扱っておりましたが廃番につき現在は取り扱っておりませんので悪しからず
「ゲームタイプS S83VS」よりパワーは劣るものの、非常に軽快に扱える自重とバランスを持ち、何よりも当時は皆無に近かった「根魚専用ロングレングススピニングロッド」だったのが自分の琴線に触れまくり♪
更に定価が15,500円と破格だったのには衝撃を受けましたね。
速攻で入手し、以後しばらくの間「ゲームタイプS S83VS」と共にワタシの良き右腕として大活躍してくれました。

それから数年後、ワタシは「アブ」「ゼナック」という2つのメーカーの根魚ロッド開発に関わり、
【アブ】ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR
【ゼナック】スナイプS86XXロングキャスト

という2本の根魚専用ロングレングススピニングロッドを世に送り出させて頂きました。

現在、ソルティーステージとスナイプはワタシの良き相棒として共に各地を飛び回っており、サイファリストとゲームタイプSは沢山の思い出と共に眠りについております。

 


 

…さて、前置きがいつものように長くなってしまいましたが、ここからが本題。

非常にリーズナブルかつナイスなスペックを有していた初期サイファリストですが、年々物価が上昇し続ける昨今においてこのロッドに肉薄する価格帯のメーカーロッドは今後出るコトはないだろうと思っていました。
そんな折に「アブ」のロッド担当である清水さん(トモ清水氏)から連絡があり、リーズナブルなアコウ(キジハタ)ロッドを開発中なので見て欲しいと打診がありました。
ベイトロッドとスピニングロッドの2本があるので2本とも見て欲しい…と言われたのですが、ワタシ自身ベイトタックルを使わなくなって久しい状況であり、そんな人間がベイトロッドについて語る資格は無いと判断、スピニングロッドのみ見せて頂き、自分なりの意見を言わせて頂くコトにしました。

それが今回ご紹介する
【アブ】ソルティースタイルKIZIHATA STHS-832M-KRです。
p3
このロッド、定価はオドロキの「16,500円(税別)」
このご時世にこの価格帯を実現出来るとは…アブ(ピュアフィッシング)、恐るべしです♪
ソルティースタイルKIZIHATAシリーズは…
「これから根魚ゲームに挑戦してみたい方」
「他の釣りの合間に根魚を狙うのであまりタックルにお金を掛けたくない方」
「何かあった時の予備タックルとして1本ロッドがほしい方」

…には超オススメ!!
リーズナブルさの中に根魚ゲームにおける基本&必須のスペックを有しており
「基本となる根魚ロッドとはどういったロッドなのか?」
に対する答えがこのロッドに集約されております。

スペックに関しては以下の通りとなっております。
spec
このロッドは最近の根魚用スピニングロッドに求められる要素を兼ね揃えておりますが、「○○専用」といった特殊ロッドではなく、あくまでオールラウンダー的使い方を想定しております。
レングスは8フィート3インチ(2.52m)
最近では9フィート台の根魚ロッドも普通になりつつありますが、9フィート超のロッドはかなり特殊な部類であり、使い手や使用する状況を選びます。
…その辺りが分かってないのに9フィート台のロッドを出して文字通り「自爆」してるメーカーさんも多いので購入の際はご注意下さいまし♪
根魚専用スピニングロッドに関して一般的な長さはやはり8フィート台。
ロングキャスト性能と軽快+持続的なロッドワークの両立、更に日本人の平均的な身長や体格を考慮したらどう考えても8フィート台がベース(基本)であると断言せざるを得ません。
ソルティースタイルKIJIHATAもスピニングモデルはそういった「基本の部分」は漏らさず取り入れております!!

 

キャストMAXは1オンス(28g)であり、既存の根魚リグの大半をこのロッドでカバー出来ます。
p6
因みにロッドウエイトは179gと軽量化を謳うロッドではありませぬ。
しかしながら、そのウエイトがロッドのタフさを強調する結果となっており、大型根魚とのファイトにも臆する事無くパワーで対抗するコトが可能です。

 

グリップはワタシが監修させて頂いた「ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR」に採用されたアップロック+フロントグリップを握る方式を踏襲。
p5
p4
非力な方でもグッドサイズの根魚とのファイトに対して力負けする事無く、また長時間のロッドワークでも疲れにくくなっています。

現在、ワタシの手元には初期プロトがあり、製品版はまだ見ておりません。
そのプロトに関して一つだけ注文を付けたのですが、それは「ロッドバランス」
このプロト、重心がかなり前(ティップ側)に偏っており、持ち重り感が気になりました。
その点だけ清水さんに報告させて頂いており、製品版では改善がなされていると思われます。

根魚ロッドのようにある程度重さのあるロッドの場合、ロッド全体の軽量化よりもロッドのバランスをどれだけ重視しバランス良く組み上げるかがとても重要だと個人的には感じております。
極端なハナシ、バランスを取る為にロッドの自重が10g以上重くなっても、それでバランスがきちんと取れるのであれば重くなって良いと思うんです。
根魚ゲームでは常にロッドを立てた状態でロッドワークを駆使してリグ(ルアー)を動かし続けるのでバランスが悪いとマジで疲れます。
ワタシが初め頃に使っていた「ゲームタイプS S83VS」が正にそれで釣りが終わる頃には肩がカチコチになっておりました。
しかし、ソルティーステージKIZIHATAシリーズに関してはそういった疲労感が大幅に軽減されており、集中力を切らさずにキャスト&アクションを続けるコトが可能となっております。
そして今回ご紹介させて頂いている「ソルティースタイルKIZIHATAシリーズ」もソルティーステージKIZIHATAシリーズのDNAを色濃く受け継いでおります!!

 

ガイドセッティングは現在のルアーロッドの定番ともいえる「KRガイドシステム」を採用。
p7
KRガイドシステムはPEライン使用に特化したガイドと配置が特徴であり、キャスティングの際、ガイドに由来するライントラブルを軽減してくれます。
ガイド自体はステンレスフレームSICガイドでございます♪
ライトロッドだったり、ガイドの個数が多いのであればガイド個々の自重も気になるトコロですが、根魚ロッド、それもガイド数が8個のソルスタ832Mに関してはそこまで神経質になる必要性は感じておりません。

 

販売は既に開始されており、現時点ではパゴスでの取り扱いは行なっておりませんが根魚に強い量販店さんなら置いておられる「ハズ」
実売価格はショップさんによって異なりますが、大体14,000円前後で販売されているかと思います。
既にハイエンドモデルをお持ちの方もこのロッドを見かけたら取り敢えず手にしてみて下さい。
「16,500円でここまで出来るのか…」とちょっとビックリされると思います♪
過去に「初期サイファリスト」の価格に驚愕しましたが、このソルティースタイルシリーズは更に驚かされます。
ロッドは時間の経過とともに確実に進化します。
釣りも時間の経過とともに確実に進化します。

その両方の「進化」を取り入れつつもリーズナブルな価格帯を実現…

初めての根魚ロッド(スピニングモデル)をお探しの方はワタシの言葉を信じて買ってみて下さい。
決して損はさせませぬ♪

そしてソルティースタイルKIZIHATAを使い続ける中で「物足りなさ」を感じたり「もっと良い根魚ロッドが欲しい…」と思われたら「ソルティーステージKIZIHATAシリーズ」にステップアップして下さい。

 

根魚ゲームはこれから更に盛り上がっていきます。
アブ(ピュアフィッシング)の根魚専用ロッドは初心者の方から上級者の方まで完全にカバーします!!
今後も様々なモデルが登場する予定ですので製品情報は随時チェックでお願いします!!
⇒ http://www.purefishing.jp/abugarcia/

それでは「ソルティースタイルKIZIHATA STHS-832M-KR」をどーぞヨロシクお願いします♪


Return to Top ▲Return to Top ▲