バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

根魚2016・其の5「夏」(釣行記)

7月に入ってから2回ほど釣りに行く事が出来ました♪
いずれも山陰エリア(浜田~益田方面)でのゲームでございます。

 


 

1回目は7月10日(日)に2年ぶりのエリアに行ってみたのですが、久しぶりの「暗黒パーフェクトゲーム」を達成。
永遠の友人(爆)であるカサゴ氏すら皆無に等しい内容。
自身が開発に関わらせて頂いた
【ゼナック】スナイプS86XXロングキャスト
【アブ】ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR

以外にもお借りしている複数のロッドを持ち込み、更にテスト中のリグやワームまで投入し、キャストやアクションなどをチェック。
実際にエモノが釣れていたのであれば万々歳だったのですが、まさかパーフェクトホゲを喰らうとは・・・

なので7月10日の模様は以上とさせて頂きます(笑)

 


 

2回目は7月24日(日)にお客さんの土居さんと共に山陰入りしております。
前もってプランニングしていたエリアがあったのですが、諸事情により行く事が出来なくなり、急遽「浜田~益田方面」でのゲームに切り替えております。

「多分厳しい展開になるだろう」と予想していたのですが、実際にそうでした(爆)
・・・でも、同じエリア方面でゲームを展開されたアングラーさんの中には良い釣果に恵まれた方もおられ、「夏の山陰根魚ゲーム」に関して「ヒントに近いナニか」を得る事が出来た釣行となっております。

自身にとって夏の山陰根魚ゲームは文字通り「四苦八苦」「暗中模索」にちかいレベルの釣りを強いられるコトが多いっす。
ならば「九州」や「四国」に行き、ハイシーズンになったとも言える「オオモンハタ」や「アカハタ」等を狙うのも一つの「手」です。
エリアもタイミングも狙い方もかなり分かってきており、遠征に際しての時間と費用もそれ相応にねん出する事も出来るので「遠征しようかな?」と思ってはいるんですが、同時に「なんか逃げてるな」と感じる自分がそこにおりまして・・・(笑)
更に現在ワタシが依頼されている取材関連についても「アコウ(キジハタ)を狙って欲しい」というものばかりで、そのご要望に全力で取り組みたい気持ちがいっぱいでございます。
そういった事を踏まえると限られた釣行日数を「山陰」に費やし、苦手とする「夏の山陰根魚ゲーム」を少しでも克服するヒントを得るのが良いのかも?と思うようになりました。
苦手意識が先行してますが、それを少しでも打破する為に・・・

薄暗い内に出撃し、土居さんはライトタックルを手にキャストを開始。
山陰の各磯では青物(ヒラマサ)と共に「イサキ」が狙えます。
イサキはアジに似た食性を持つ魚ですのでアジングのワームやリグを流用したら狙えるのでは?と。
ワタシはライトタックルを忘れて(汗)おり、横目で土居さんの動向を見ながらバサロをキャストします。

そんな土居さん、コンスタントに竿を曲げておられます♪\
ヒットするはミニマムな「カマス」と「クロムツ」そして「マハタ」までヒット♪
8
9
10
※画像は全てFB土居さんページより拝借

中でもカマスは沢山いるようで、ワームはすぐにボロボロにされ、更に時々リーダーがカットされる状況。
小型のカマスは様々なフィッシュイーターのエサになる事が多いっす。
もちろんアコウ(キジハタ)も捕食します。
土居さんの連発劇を横目で見ながら「これらのベイトを追ってアコウ(キジハタ)も入ってきてるカモ?」と期待したのは言うまでもありませぬ♪

また、カマスは干物にすると最高に美味な魚に変貌します。
釣った直後は独特のニオイと直ぐに剥がれるウロコに顔をしかめてしまいますけど(爆)
今回は鉛筆以下のサイズばかりだったのですが、日を追う毎にサイズアップしますので20cm近くまでサイズアップしたらワタシも「捕食目的」でカマス狙いをしたいと思います♪

完全に夜が明けてからは二人とも根魚狙いを本格化。
定番の「カサゴ氏」はポツポツヒットするものの、本命からのシグナルは無し。
なんかイヤーな予感が・・・と思ってた矢先、土居さんに本命ヒット!!
7
サイズは小型ですが、取り敢えず一安心です♪
ワタシはと言いますと、現在開発中の【マグバイト】バイキージグヘッドのストラクチャー際スイミング&フォールでこれまた小型ですが本命ゲット♪
13
ワームは新製品の
【フィッシュアロー】フラッシュJクロー3.5インチ
flash_j_craw1
使用したフラッシュJクローは「SW」の表記が無いバス用モデルでしたが、根魚ゲームに使わない手はありませんよね♪
個人的にグラブやクロー系の使用率はあまり高くなく、圧倒的にシャッド系を多用しているのですが、夏の山陰根魚攻略のヒントを得る為に今は色々なタイプのワームを使用しております。
色々試してみるコトで「夏攻略」のヒントが見えてくるのでは・・・と期待しております♪
6
シャッド系で同じラインを何度も通した後にグラブに変更したら一発でカサゴ氏がドンっ!!
グラブは苦手意識バリバリ(笑)だったのですが、今は積極的に使用するワームの一つになりました。

【フィッシュアロー】フラッシュJグラブ3.5インチ/4.5インチSW
flash_j_grub1flash_j_grub3_1
シャッド系で無反応だった時の「次の一手」としてお使い下さい!!
もちろん最初からキャストして頂いてもOKです^^

次に場所移動して向かった先は潮の流れが速いエリア。
ホントは朝一から潮流の速いエリアに行きたかったのですが、先行者の方がおられたので別エリアに入ってたんです。
その方が撤収されたので入ってみました。

キャストするのは近日発売予定の
【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロHD」
14
ウエイトラインナップが従来のバサロより重い「30g/40g/60g/80g」となっております。
15
ショア(岸)からだけでなくオフショア(船)からのゲームも想定したウエイトラインナップですが、ワタシはショアからの超ディープや激流エリアでの使用をメインに考えております。
ようやく最終プロト(製品版と同等)が手元に届きましたので実戦に投入する事にしました。
土居さんにもお渡しして二人してバサロHDでのラストバトルを開始。
タイムリミットは2時間弱。
限られた時間の中でアコウ(キジハタ)からのシグナルを求めてキャストを繰り返します・・・

土居さんは30g、ワタシは40gをメインにキャストしましたがウエイトアップの「恩恵」は十分すぎる程に伝わりますね。
潮の流れが速いスポットでの使用に関しては言うまでもなく、飛距離も「より遠く」へのキャストが実現したので従来のバサロ(最大ウエイト28g)の更に一歩先を狙うコトが可能です。

ワタシが開発に関与させて頂いた
【ゼナック】スナイプS86XXロングキャスト
のキャストMAXは40gであり、
【アブ】ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR
のキャストMAXは28g。
今回はそれぞれが持ち込んだロッドスペックの最大値に合わせたバサロHDを使用しましたが、私個人としては「スナイプ」も「KIZIHATA82」も60gまでキャストするつもり。
当然ながらメーカーが設定したスペックを確実にオーバーしますし、キャスト時の負担が大きくなるのでフルキャストは難しくなりますが「ほんわかキャスト」は可能。
感覚的には「泳がせ仕掛けにセットしたアジを磯竿でキャストするような感覚」でキャストすると大概のウエイトはキャスト可能です。
(このイメージが出来無い方はスペック通りのウエイトを使用される事をオススメ致します)
また、スペック以上のウエイトを使用してのキャストで「ロッドが折れた」って言われても一切責任を負う事が出来ませんのでその点はご了承下さいまし。
更に更に「折れやすいキャスト」をする方も良く見かけるので注意が必要です。
キャストの際、ロッドを振りかぶってキャストする方法はキャストの瞬間にロッドの一点に負担が集中しますのでヘビーウエイトのリグをキャストする際は特にロッド破損の原因になります。
ヘビーウエイトのリグをキャストする際は
「タラシを長く取る(1m位)」
「ロッドは後ろにかまえる(振りかぶらない)」
「タラシを振り子のように動かしてリグが自分と一番遠くなった時にキャスト」
「極端に力を入れ過ぎない(力を入れなくとも飛びます)」

・・・を心がけると良いかと思います^^

ゲームについては最後の最後まで諦める事なくキャストし続け・・・
4
土居さんが2本目の本命をゲットし、この日のゲームは終幕。

1
土居さんが釣られたこの1本、一般アングラーとしては初のバサロHDによる釣果だったりします♪
ブレードはサブアイにセットして横方向へのアクションを重視。
もちろんブレード非装着での使用もOKです。
根魚ゲームでのブレード使用に関しては定番化していますが「敢えて装着しない」という選択肢もアリだと覚えておいて下さいませ。
「バサロHD」ではブレードを使う・使わない以外に「ブレードをどの位置にセットするか?」もご自身で選択する事が出来るようになっております♪

ゲーム終了後、港に戻ってから他のアングラーさんの釣果を見せて頂いておりましたが、グッドサイズのアコウ(キジハタ)も何匹か捕獲されておりました♪
3
丸山さん(写真左)は広島在住ですが浜田に実家があるそうで帰省と同時に釣行もしておられるそう。
バサロを良くお使い頂いているアングラーさんの一人でもあり、当日お声掛け頂きました♪
その際「夏は厳しい」というワタシの持論についてと、その対策方法(まだ検証中ですが)をお伝えさせて頂きました。
そうしたらナイス釣果♪
おめでとうございます!!

丸山さんから釣果報告を頂くと同時にワタシは「夏対策」に関するヒントを頂きました。

もしかしたら「夏は厳しい」と感じるのは狙い方に問題があるのかもしれませぬ。
「バサロ」については比較的オールラウンダーなリグであると思っていますが「100%万能」であるかと言えばそうではありませぬ。
ワタシは開発に大きく関わった人間であり、未知の部分が多い「バサロ」の能力を今も、そしてこれからも検証し続けていきますが、皆さんは「数あるリグの中の一つ」としてお使い頂きたいと思います。
「夏は特に!!」

もう少し検証してある程度の確信が持てたら詳しくご報告させて頂きたいと思いますが、現時点でのバンダナ流「夏対策(仮)」を一つ。

■まずは「バサロ」で広範囲サーチ。
・その際に魚からの反応を確認するのはモチロンですが、ストラクチャーの位置等も把握するコト!!
・反応が良ければそのままスイミングで狙い続けるのが最も効率が良いかと思います♪

■次に「テキサスリグ」や「ダウンショット」などピンスポットを長時間狙えるリグに交換。
・バサロによるサーチで魚からの反応があった場所や見つけたストラクチャーを入念に攻める。
・ワームの種類はお好きなモノで良いかと思いますが、サイズは小さめ(2~3インチ)をチョイス。

この2つを心がけるのが良いのではないか?と現時点では感じております。
バサロはスピーディーなアクションと強いアピール力が特徴です。
しかしながら、その2つが常にアコウにとって魅力的に見えるかと言えばそうではありませぬ。
時には「じっくりねっとり(笑)」攻めるのも大事ってコト。
丸山さんにはその考えを簡単にお伝えしただけなのですが、それを実践され、実際にナイスな結果を出してこられました。

ワタシに最も近い位置で釣りをしている土居さんは共に「バサロ一辺倒」の釣りをして頂いております。
それは根魚ゲームをバサロによるスイミングメソッドがから入門されて「他のリグの使い方が分からない」と言っておられる為なんですが、よりゲーム性を高め、より釣果を得て頂く為にも今後は他のリグをレクチャーさせて頂くつもり。
ワタシ個人としましては「レクチャー」という名目でバサロ以外のリグを使い、新たな発見を得る・・・というのが目的だったりして(笑)

 


 

マグバイトでは「バサロシリーズ」以外に本日(8/1)お披露目されたジグヘッド
【マグバイト】バイキー
11
が、根魚ゲームに実戦配備されます!!
1214
「バイキー」の詳細については別ブログ(8/3公開予定)に書かせて頂きますのでそちらをご覧くださいませ♪

「バサロシリーズ」に対する信頼性が損なわれる事はありませんが、ずっと使い続けていく中で「弱点」にも気づくようになりました。
それが「夏は厳しい」という自己評価に繋がっている要因の一つなのかも?と思っております。
その弱点を補うアイテムの一つが「バイキー」
マグバイトではそれ以外にも複数のアイテム開発の話が浮上しております。
これまでも数多くの話があったのですが、現時点で実現したモノは「バサロシリーズ」と「バイキー」のみ。
その他は全てボツ、また保留(実質ボツ)となりました。
それだけ製品開発って難しいんです(汗)
ですが、これからもマグバイトプロデューサーのキッシーと「おんどれすんどれ(笑)」になりながら製品開発のお手伝いをさせて頂きます♪

 


 

浜田~益田エリアでの釣行では帰りにもう一つの楽しみがあります♪

浜田市弥栄町『陽気な狩人』
2
広島や実家(三次)に帰る場合は遠回りになってしまうのですが、営業時間内であれば必ず立ち寄ります・・・というか「家に帰る」感覚ですね♪
今回も土居さんと共に弥栄に帰り「特性おろし天ぷらうどん(冷)」に舌鼓を打ちます♪
そして気が済むまでまったりさせて頂き・・・
この日も数時間滞在させて頂いたとゆー(笑)

「道が分からないから行けない(行かない)」という方が相変わらず多いんですが、取り敢えず道に迷いながらでも行ってみて下さい。
その方が確実に道を覚えられます♪
今はグーグルマップにも「陽気な狩人」情報が載ってますし、近くまで行って地元の方に聞いたら教えてもらえます♪

「陽気な狩人」に行った際の注意点と言えば腰を降ろしたら「尻から根が生えて」動けなくなりますのでその点には注意です(爆)

 

土居さん、今回は突然のエリア変更になりすみませんでした。
でも、いつもながら楽しかったですね♪
次回こそ「あの場所」へ・・・

それにしても毎日毎日ヤバい位に暑いですね(滝汗)
釣行される際には暑さ対策を「超万全」にお願いします!!

 

さて、次回釣行記は「初のオフショアゲーム」の模様をお伝えします。
・・・その前に「マグバイト・バイキー」に関するブログを公開しますのでそちらもヨロシクです♪

 


 

【タックルデータ】
■ロッド: 【ゼナック】スナイプS86XXロングキャスト「RGガイド仕様」
■ロッド: 【アブ】ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR
■リール: 【ダイワ】13セルテート3012H
■リール: 【アブ】Revo PRM4000SH
■メインライン: 【よつあみ】リアルスポーツGソウル アップグレードPE X8「1.2号-200m」
■リーダー: 【よつあみ】ガリス FCアブソーバーアンフィニ スリム&ストロング「28LB(6号)」
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロ」28g
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「艶バサロ」28g
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロHD」30g/40g
■リグ: 【マグバイト】ジグヘッド「バイキー」21g/28g
■フック: 【マグバイト】アッパーカットオフセット「1/0・2/0」
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJシャッド4インチSW
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJスプリット4インチSW
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJグラブ4.5インチSW
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJクロー3.5インチ
■アイウェア(移動・実釣時): 【アイガン】ウィズドライブ NIGHT&DAY(001_BK)
■アイウェア(実釣時): 【ストームライダー】ブラックエディション SR-009-P-6(レンズ:スレートグレー)
■ライフジャケット: 【サブロック】ヴィーワンベスト(マルチカムブラック)
■フットウェア: 【シマノ】ドライシールド ジオロック カットラバーピンフェルトシューズ「FS-155J」
■リリースツール: 【Bends Mender】ベンズメンダー「パゴスチューン」


Return to Top ▲Return to Top ▲