バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

根魚2016・其の4「エリア開拓」(釣行記)

6月11日に山陰入りしておりました。

今回「も」パゴスのお客さんである「土居さん」と共に山陰入りを果たしております♪
今回「は」新規エリア開拓がメインの釣行でございます。

新規エリアの開拓には何かとリスクが生じまする。
それは
「全く釣れなかった・・・」だったり、
「オニのようにしんどかった・・・」だったり、
完全なムダ足を踏むコトも多々あるのがエリア開拓だったりします。
その反面、誰も手を付けていないパラダイスを見つけたりといった良いコトもありますけどね♪

釣行回数が増えるにつれ、アコウ(キジハタ)が釣れるエリアの条件が分かってきており、直接現地に行かずともグーグルマップや空撮を見ると「ココは釣れるな・・・」と判断が出来るようになりました。
今回はそういったグーグルマップや空撮を基にしてエリア候補をピックアップ、実際に現地で調査してみたワケです。

 

暗い内からエリアに入り、準備を進めます。
暗い内から根魚を狙ってキャストしてもいいのですが、山陰エリアのアコウ(キジハタ)は「夜が完全に明けてから勝負」というパターンが大半。

そこでメバルタックルを持ち出して夜明けまでキャストしてみるコトに。
メバル狙いでもこのエリアは雰囲気が非常に良く、広範囲を素早くサーチしていきます。
途中で「ルアーのサイズや動きをもっと大きくしたらどうか?」と思い立ち、ボックスに忍ばせていた

【フィッシュアロー】スリーショット
three_shot65_1three_shot80_1
を取り出してキャスト(この時は65SPをキャスト)
スリーショットはバス用のミノーですが、トラウトにも効くヒラヒラとしたアクションが特徴の一つ。
「メバル専用プラグ」ではあまり採用されないハデな系統の動きとも言えます。
今回はよりアピールする為にキャストしてみたのですが、これが大正解!!
4
ルアーを変えた途端にメバルが入れ食い状態!!
それもスリーショットのボディサイズに見合わないミニマムなメバルもガンガンヒットしてきます!!
3
尺レベルのメバルこそヒットしませんでしたが、グッドサイズと呼んで差しつかえないサイズも混じっております♪
ひとしきりスリーショットでの連発劇を楽しんだ後に訪れた平穏な海・・・

でも間違いなくメバルは居る・・・
そこで次に取り出したのは

【ジップベイツ】リッジ35SS・パゴスオリジナルカラー「レイジング/クリア」
rigge35_2015_r1rigge35_goku2015_1
起毛塗装を施したこのカラー、「世に問うてみる」には早過ぎたのかセールスに関しては残念無念な結果となっております・・・
販売を開始してから直ぐに「他のカラー(多分クリア系)の方が釣れる」と評されてたし・・・
・・・ですが、今までにないカラーや仕様に関して「一朝一夕」「見た目だけ」で判断して頂くのは「作り手」として正直な感想を言わせて頂くと「心外」だったりします。
他のカラーやルアー達と共にしっかり使って頂き、その後に結論を出して頂ければ・・・と思うワケ。

「クリアでなければ釣れない」と断じてしまうと「発砲素材を採用したプラグはどうなの?」とか「メタルジグは?」「メタルバイブは?」という話にもなりかねません。
「○○だから●●」という言葉は釣りの常套句として用いられるコトが多いです。
正しい部分もあるとは思うのですが、時には意識的にその図式を解くのも良いかと思います♪
それが自らのスキルアップ・レベルアップに繋がるきっかけになるかも・・・

 

「クリア至上主義」のメバルプラグの中に「敢えて」投入したレイジング(起毛)カラー・・・
「やれば出来る子なんです♪」
2
1
「スリーショット」のフォローとして投入したリッジ・レイジング/クリアはその役目をしっかり果たしてくれました♪
今回はSS(スローシンキング)しか持ち合わせていませんでしたが、水面に時折ライズを発していたコトを考えるとフローティングの方がよりエキサイトしてカモです。
メバルシーズン・・・と言える時期ではありませんが、それでも梅雨明けまでは狙って釣る事は可能。

根魚ゲームにおいても予定より早く、暗い内にポイントに到着した際などにお試し頂ければ・・・と思います♪

 

 

世の中が完全に明るくなるまでメバルと戯れた後はいよいよエリア調査の開始です!!

「ココは釣れる!!」と踏んだエリア・スポットは・・・深い・・・。
「メチャクチャ深い」
自身がショアからキャストした中では最深ですわ。
正確な水深は分かりませんが、楽勝で40m以上・・・いや50mに近いカモ?
途中からは潮の流れが早くなり、土居さんにとっては非常に厳しいゲームを強いる事となってしまいました。

潮流が速いとゲームが難しくなるのは皆さんも何となくお分かり頂けると思うのですが、「水深+潮流」のコンボは更に難易度が上がります。
潮上にフルキャストしてラインのフケを取りながらボトム着底に集中。
着底が分からないまま放置すると根掛かりの確率が激増するので神経を研ぎ澄まします。
着底を感知したらスイミング&フォールで誘うのですが、あっという間にリグは潮下へ。
脳内でリグ&ワームのアクションイメージがしっかり出来ていないと「わけわかめ」になるコト間違い無し。
潮流が速く、更にディープなエリアの攻略には鮮明かつ確かな脳内イメージが欠かせないんです。
土居さんは果たしてイメージ出来ているのだろーか?

そう思ってると自分の立ってるポジションから左右平行方向にキャストし始めた土居さん。
前向き(沖向き)のゲームが難しいと判断し、よりゲームがしやすい左右平行狙いに切り替えたワケです。
このエリア、足元から急激に落ち込んでおり、カケアガリ・・・というよりも垂直な壁ってカンジ。
当然ながら足元も立派なポイントになります!!

対照的にワタシは沖向きへフルキャストしてのゲームを展開。
ボトム着底に集中・・・
ボトム着底を感知!!
スイミングアクションに移行・・・の2ストローク目でバイト!!

重量感と独特のファイトからアコウ(キジハタ)を連想したものの、ディープから浮き上がらせた個体はアコウ(キジハタ)ではありませんでした。
12
「マハタ」

先日、マグバイト・キッシーと共に隠岐へ行った際、目の前で釣られた魚体。
その姿を見て正直に「(自分に釣れなくて)悔しい・・・」と思ってしまった魚体。
やっとこさワタシにも・・・♪

リグ&ワームは、
【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロ」(28g/プラチナ)
【フィッシュアロー】フラッシュJシャッド4インチSW(カタクチ/シルバー)

vassallo_new1flash_j_shad4sw_1
フラッシュJシャッドに関して普段は3インチを多用するんだけど、今回は超ディープエリア攻略というコトを加味してボリュームのある4インチをチョイスしてみました。
ただし、それ以上のサイズ(4.5インチや5インチ)にすると潮流を受けまくるので敢えて「4インチ」にしたのがミソだったりします♪

11
直後、土居さんもロッドを曲げ、本命の「アコウ(キジハタ)」をゲット!!
足元の垂直壁攻略での技アリフィッシュです♪

実は土居さん、その前にも良型をヒットさせたものの、一気に突っ込まれ張り出した岩にラインが当たったのかラインブレイクで痛恨のバラシ・・・
とてもガッカリしておられました。
・・・ですが、こういった経験を積み重ねがレベルアップに繋がっていくんです。
土居さんの釣りを傍から見てる限りはアクションは問題無し。
ただし、キャストに関してはまだまだ「伸びしろ」があるように感じます。
「遠くへ飛ばすと絶対に釣れる」ワケではありませんが、遠投スキルをマスターするのは根魚ゲームでは必須項目だと思っております。
その他モロモロを総合すると土居さんには「もう一皮むける為のナニか?」があるように感じます。
それは言葉や文字では中々表現できない領域・・・
ですが、その「ナニか」を得る事が出来れば今までの苦戦がウソのように「狙って獲れる」と確信しております。
ワタシのレクチャーはもう必要ありませぬ。
後は数多く釣り場に通って「ナニか」を得るコトが最重要課題。
コレに関しては「自分自身との戦い」ってゆー側面がありますね♪
「エリアガイド」に関しては今後も続けさせて頂きますので、ガンガン通いましょう!!

 

土居さんの足元攻略に触発されたワタシ、自分も積極的にトライしてみるコトに。
沖向きに遠投するよりは確実にボトムを感知しやすく、ゲーム展開は楽と言えます。
ですが、ベラやフグ系のアタックも多くなり「アタリは多くなるけど釣れない」状況に陥りやすくなります。
慣れてくるとバイトの感触で「本命・外道」の違いが分かるようになってくるので本命のみのバイトに集中・・・

足元平行+潮上にキャスト。
スイミングさせると移動距離が大きくなり過ぎるのでロッドワークによるリフト&フォールを展開。
潮の流れを受けるリグの動きを邪魔しないように意識しつつ、ラインテンションに注意しつつ、ボトム着底に神経を尖らせつつ・・・
・・・でバイト!!
アコウ(キジハタ)のような「ドンっ!!」としたバイトでは無く、どちらかと言えばカサゴ氏の「コッ、ココココッ」といった感触。
そのバイトに反応してフッキング動作に移行した瞬間にマジモード。
フッキング直後の重量感と独特の突っ込みファイトは良型の根魚を確信させるには十分でした。

焦らず、でも常にプレッシャーを与えつつ・・・
また、土居さんが足元ファイトでラインブレイクさせてしまった事を考慮しつつ、岩などへの接触に細心の注意を払いつつ・・・
そして浮かび上がった魚体は
「カサゴ!?いや、それにしてもデカい!!」
10
「ウッカリカサゴ」
ショアからは初のエモノです♪
同時に新たな「バサロ捕獲魚種」「フラッシュJシリーズ捕獲魚種」にも追加されるコトとなりました!!

カサゴ氏のファイトと言えば、ぶっちゃけ「重たいだけ」
大きな口を開けたり、身体を大きく曲げたりした状態で上がってくる為、水の抵抗が大きいんです。
・・・が、ウッカリさんは最後までナイスファイトでした!!
姿が見えるまで「アコウ(キジハタ)?」「マハタ?」って思ってましたし♪

ウッカリさんはショアから狙って獲るには非常に難しい魚と言えます。
・・・が、キャストで届く範囲に超ディープエリアがある場合は積極的に狙ってみるのも良いかと思います。
1匹釣っただけなのであまりエラそうに言えませんがキモは
「30m以上の水深」
「ボトムを完全に意識したアクション」

だと感じております♪

ウッカリさんヒットリグ&ワームは
【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「艶(あで)バサロ」(28g/銀ラメ)
【フィッシュアロー】フラッシュJスプリット4インチSW(クリアホロ/シルバー)

ade_vassallo_1flash_j_split4sw_1

新魚種ゲットですっかりご満悦のワタシ。
これまでかなり限られた範囲でのゲームを展開しておりましたが、中盤戦以降は別エリアに移動してみる事に。
残念ながら第二・第三候補は別のアングラーさん(エサ師)が入っておられたので新規エリア開拓を断念。
以前チェックした事のあるエリアに入るコトに。
そのエリアではアコウ(キジハタ)を捕獲しており、実績はバッチリ!!
潮の動きが「どよーーーん」としてるのがとても気になりますが・・・

お互いに「超」が付くほどの寝不足であり、大休憩(昼寝ともゆー)をはさみながらまったりと狙ってみます・・・
9
岸際の急激なカケアガリを丹念に攻めると定番の「カサゴ氏」登場!!
何気にサイズも申し分ないのですが、本命は「アコウ(キジハタ)」
磯をアチコチ移動しつつ、キャストを繰り返しつつ、本命からのアタックを待ちます・・・

6
この日は曇天気味ながらも蒸し暑く、風は弱く、中々に厳しい釣りでした・・・
梅雨明けしたらさらに厳しくなるんだけどね(滝汗)
しっかり休憩して、水分を補給して、日焼け止めを塗ってゲームを続けます。

以前チェックした時は足元数メートル先にある急激なカケアガリにバイトが集中。
遠投による沖合チェックも絡めつつ、カケアガリ付近のサーチを重点的に行ないます。

そして・・・バイト!!
7
ランカーには程遠い・・・でもナイスなアコウ(キジハタ)です♪

リグ&ワームは
【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロ」(21g/パゴスチューン・ギンクロ)
【フィッシュアロー】フラッシュJグラブ4.5インチSW(カタクチ)

vassallo_tuned1flash_j_grub1

8
つい最近まで「グラブ=苦手」でしたが、今では「グラブ=LOVE」になっております♪
特にスローな誘いを意識する時にはグーですね!!

最終的にこのアコウ(キジハタ)がファイナルフィッシュとなり、気力・体力ともに使い果たした我々はギブアップを宣言(笑)
10時間を超えたハード釣行はここに幕を下ろしております。
5
でも、エリア調査はまだ始まったばかり!!
海況・天気・休み日程・おサイフ(笑)と相談しつつ、スキあらば何度でも挑戦したいと考えております♪

帰りの運転は途中途中で仮眠・休憩を取りつつ・・・

 

土居さん、「超」お疲れ様でした!!
今回は土居さんとの釣行では過去最高にハードな1日でしたね♪
またお誘いしますのでどーぞ覚悟しておいて下さい(爆)

 

これからの地磯・沖磯釣行については
「熱中症対策」
「日焼け対策」

・・・に加え、
「虫対策」
も必須となってきます。
今回は予想外に蚊の襲来が無く、とても快適だったのですが蚊取り線香や虫よけスプレーなどは常に携帯しております!!
釣りに集中する為にも万全の準備をして下さいませ。

 

【補足】
今回の釣行では過去最深とも言える超ディープレンジでのゲームを展開しております。
・・・となれば、ヘビーウエイトが存在し、現在発売に向けて作業が進行している
【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロHD」
vassallo_hd
の出番ではないのか?・・・と思われた方がおられるカモです。
「ええ、確かのその通りです」
・・・ですが、5月末の鹿児島遠征の時にリグボックスを海に落としてしまったんです・・・
「その中にバサロHD(プロト)が入ってました・・・」
それでも手元にプロトが何個かはあるんですが、残り僅かにつき現時点でロストするワケにはいかず、使うに使えない状況となっておりこの時はお留守番をさせております。

今回の超ディープエリアでは最高のテストが出来たと思うんですが、残念無念。
現在、マグバイト・キッシーに補充を要請しており、補充され次第再挑戦したいと思います。
・・・っつか「絶対再挑戦します!!」

 


 

【タックルデータ】
■ロッド: 【ゼナック】スナイプS86XX「RGガイド仕様」
■ロッド: 【アブ】ソルティーステージKR-X KIZIHATA SXKS-822M-KR
■リール: 【ダイワ】13セルテート3012H
■メインライン: 【よつあみ】リアルスポーツGソウル アップグレードPE X8「1.2号-200m」
■リーダー: 【よつあみ】ガリス FCアブソーバーアンフィニ スリム&ストロング「28LB(6号)」
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロ」28g
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「艶バサロ」28g
■リグ: 【マグバイト】エクストリームスイミングリグ「バサロ」パゴスチューン・ギンクロ21g
■フック: 【マグバイト】アッパーカットオフセット「1/0・2/0」
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJシャッド4インチSW
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJスプリット4インチSW
■ワーム: 【フィッシュアロー】フラッシュJグラブ4.5インチSW
■アイウェア(移動・実釣時): 【アイガン】ウィズドライブ NIGHT&DAY(001_BK)
■アイウェア(実釣時): 【ストームライダー】ブラックエディション SR-009-P-6(レンズ:スレートグレー)
■ライフジャケット: 【サブロック】ヴィーワンベスト(マルチカムブラック)
■フットウェア: 【シマノ】ドライシールド ジオロック カットラバーピンフェルトシューズ「FS-155J」
■リリースツール: 【Bends Mender】ベンズメンダー「パゴスチューン」


Return to Top ▲Return to Top ▲