バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

広島のリサイクルフィッシングショップ「パゴス」のスタッフである「伊藤孝晃(バンダナ)」の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

『ベンズメンダー』再入荷のお知らせ(製品情報)

アコウ(キジハタ)・カサゴ・オオモンハタ・アカハタ・マハタ・クロソイ・ベッコウゾイ・アイナメ・オコゼ・クエ・・・等を狙うルアーゲームの人気が急上昇中です!!

「アコウ(キジハタ)ゲーム」
「根魚ゲーム」
「ロックフィッシュゲーム」
「グルーパーゲーム」
「ショアロック」
「ハードロックフィッシュ」

・・・などなど様々に呼称されておりますが、当ブログでは「根魚ゲーム」と呼称させて頂きます。
皆さんもご存じの通り、根魚ゲームは全国的に「加熱」「広がり」を見せております。
これまでは「何かの釣りのついでに根魚を狙ってみる」的なノリの方が多かったのですが、エリアが開拓され、釣り方も進化し、更に専用タックルの充実などが進んだコトにより「根魚をメインターゲットとして狙う」という方が急増しております。

アングラーの急増と共に危惧されるのが「魚の枯渇」

特に個体の成長が遅く、狭いエリアに留まる性質のある根魚(一部根魚は活発に移動しますが)は「魚の枯渇」というモノが顕著に表れます。
現にワタシがよく通う島根・山陰エリアでも一部地域において
「根魚アングラーが非常に多くなった」
「根魚が釣れなくなった」
「釣れるサイズが小さくなった」
「小型も根こそぎ持ち帰る」

などの声が聞こえてくるようになっておりました。

ワタシ自身、メーカーのテスターをさせて頂く立場におり、メディアでの露出をする機会があります。
今期(2016シーズン)も数件の取材・撮影を控えております。
その取材や撮影、ブログ等で露出させたエリアが特定されアングラーが集中する・・・といった現象も生まれています。
また、ワタシ自身は意識的に一定のエリアに集中しないように心がけて釣行を重ねていますが、多くのアングラーさんは特定のエリアに集中される傾向が強いように感じています。

なんにせよ、
「根魚が釣れなくなった原因の一つは自分にもある」
常にそう思いながら根魚ゲームを展開している今日この頃です。

ワタシは基本的に「キャッチ&イート(釣った魚は食べる)」の人間です。
・実家は山の中にあり、釣りに行くにはそれ相応の時間がかかってしまうコト
・釣りたての魚を食べる機会が少ないコト
・家族が喜んでくれるコト
などの理由から昔からワタシは釣った魚は持ち帰るスタイルです。

しかしながら根魚ゲームの現状を目の当たりにし、更に先の事を考えると
「キャッチ&リリースの重要性」
を強く感じるようになってきました。
「偽善だ」
と言われれば反論のしようがありませぬ。
「それでも皆さんに提案しなければならない」
そう思いながらこのブログを書いております。

また、
「全て逃がせ」
と言ってるワケではありませんのでその点はご理解下さいませ。
「必要以上のキープを慎みましょう」
と言ってるだけです♪

 

 


 

 

ちょっと暗いネタになってますが、最近では「積極的なリリース」をされるアングラーさんも急増中です♪
ブログやSNS等で「リリースしました」と書くのは少々気恥ずかしい部分があるとは思いますが、積極的に発信し続けて頂ければ・・・と個人的には強く思います。

ただし、リリースについては単にフックから外して海の中に戻せば良いのかと言えばそうではありませぬ。
捕獲した根魚の大多数は「浮き袋」が膨張しております。
その為、海に帰した直後は勢いよく潜っていっても後からプカッと浮き上がってくる現象がしばしば起こります。
特にパワーファイトを身上とするアングラーさんの場合は水圧の高いディープから強制的に浮上させるので捕獲した魚のほぼ全てにおいて浮き袋の膨張が見られます。
海面に浮かび上がった魚は再度潜ろうとしますが、ほとんどの個体がそのまま海面を漂う事になり、トンビやカモメたちの餌食になってしまいます・・・
また、膨張した浮き袋が他の内臓を圧迫し、口から胃袋が飛び出す等の現象を引き起こします。

そうした事を防止、適切に処置し、確実なリリースを実現する為の必須ツールが今回ご紹介する
『ベンズメンダー』です!!
bends_mender1
※入荷のタイミングによりパッケージが写真と異なる場合がございますが、商品自体は同一ですのでご安心下さい。

「ベンズメンダー」は魚の浮き袋に針を刺して膨張した浮き袋をしぼませる「エアー抜き」です。
残念ながらリリースに賛同し、実際に行動されているアングラーさんでも多くの方がエアー抜き処理をせずそのままリリースされているのが現状です。
フィールドで何人もの根魚アングラーさんをお見かけしておりますが、エアー抜きリリースを実際に見させて頂いたのはほんの数える程です。
逆にエアー抜きをしてると「どこに刺すんですか?」とか「ホントに(エアーが)抜けるんですね」と言われる始末。

・・・とにかく、リリースした後に海面を漂う根魚を見つけて複雑な気持ちになってしまった・・・というのはほぼ根魚アングラーの全員が経験されたハズ。
そんなコトにならないように是非「ベンズメンダー」を携帯して「正しいエアー抜き」と「確実なリリース」を行なって下さい!!

「ベンズメンダー」はもともとバスフィッシングで使われているエアー抜きツールです。
5
バスフィッシングでのエアー抜きは口の中の一点にニードル(針)を刺してエアー抜きをする方式。
ワタシも当初同じ方法をアコウ(キジハタ)に施しておりましたが、これが中々に難しい・・・
そんな時「山口県水産研究センターさん」の記事を拝見しました。

(水産研究センターだより 第7号 2014年3月発行より抜粋)
67
⇒ http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cmsdata/7/0/f/70f2b488c4c3e35ac96208896287b661.pdf

これには目からウロコが落ちましたね。

アコウ(キジハタ)に対する正しいエアー抜きの方法はモチロンの事、リリース後の生存率などもしっかり検証。
また、キズを負った個体の生存率に関しての検証や、浮き袋が膨張しすぎて口から胃袋が飛び出た個体に関しても適切な対応さえすれば生存率は驚異的にハネ上がる事も実証されていました。

これまで口から胃袋が飛び出したアコウ(キジハタ)は全てリリース不可と判断して大きさを問わずキープしておりました。
・・・が、この記事を拝見してからは正しいエアー抜きを積極的に実践し、必要以上の個体に関しては全リリースしております。

「山口県水産研究センターさん」の記事では安価で作れるエアー抜きの製作方法も掲載しておられます。
それを見て自作されてももちろんOKですが、ワタシのように作るのが面倒(笑)と思ってる方は「ベンズメンダー」をお買い求めくださいませ♪

2016年6月8日現在、「ベンズメンダー」はパゴスに入荷しております。
・・・が、現在は「パゴスチューン」を施している最中であり、発売はもう少し後になりますのでご了承下さい。
4
「ベンズメンダー・パゴスチューン」の詳細は以下の通りです。
「スパイラルコードを付ける為のアイを設置」
「アコウ(キジハタ)に対するエアー抜き解説書付属」

それだけです(爆)

「ベンズメンダー」はタックルボックスなどに入れて保管して頂くコトを前提としておりますが、ワタシの場合ゲームベストを着用して磯を飛び回っております。
その為、サッと取り出してサッとしまえるのが理想なんです。
その為、サッと取り出せるポケットに入れてるんですが「サッと落ちる(爆)」
そこで落下紛失防止の意味でスパイラルコードをセットできるアイを設置したら非常に使い勝手が良くなりました♪
8
この感銘(自画自賛ともゆー)を皆さんにも・・・という思いでパゴスで販売する「ベンズメンダー」にはチューニングを施してアイを設置しております。
・・・因みに販売価格は据え置き「¥1,000(税別)」です♪

3
ただし、スパイラルコードは別途ご用意下さいませ!!

アイはキャップの部分に設置されており、本体はフリーです。
2
「動いてる時に本体がキャップから外れるのでは?」
と思う方がおられるかもですが、ワタシは約2年間使い続けていますが本体が落下した事はありませぬ。
(当然ですが、使用後はしっかりとキャップをして下さい)
それ故に自信を持ってお勧めさせて頂きます!!

「ベンズメンダー」を使ったエアー抜きに関してはユーチューブの「ゼナック公式チャンネル」にて動画で解説しております。

・・・補足しておきますとエアー抜きした後に指を口の中に突っ込んでるのは飛び出した胃袋を押し込んでる作業です。
口の中に指を入れるのが怖い方は先の丸い棒などを予め用意しておき、エアー抜きした後に優しく押し込んでください。
(先のとがったモノで押し込むと内臓を傷つけるので絶対NG!!)

その後はすぐリリースしても良いのですが、心配な場合はスカリなどに一時的に活かしておき、しばらくたって様子を見てからリリースすると良いカモです♪

・・・動画などを確認しても最初はドコに針を刺すか分からないものです。
もしかしたら出血させてしまうかもです。
出血した場合、ほとんどの場合死にますのでキープして美味しく食べて下さい。
何度か繰り返すうちに「刺すポイントやコツ」がつかめてくると思います。

いつまでもあのエキサイティングなゲームを愉しむ為に皆様のご理解とご協力、そして正しいエア抜き&リリースの実践をお願いします!!

 


 

パゴスネットショップ(楽天)での『ベンズメンダー』の購入につきまして

パゴスチューンが完了次第、パゴス実店舗及びパゴスネットショップ(楽天)での販売を開始します。
楽天から通販をご希望の方は「販売開始のお知らせサービス」を行なっておりますので是非ご利用下さい!!
当サービスを受けるには「楽天会員」になっておられる必要がございます。

方法ですが、商品ページ下部の在庫数表示欄をご覧ください。
1
在庫があるものは残り在庫数が、在庫がないものは「売り切れました」と表示されます。
複数選択できる商品の場合は在庫数の部分が「×」と表示されます。

その下に「再入荷のお知らせ」という表示がありますね。
9
それをクリックして下さい。

既に再入荷お知らせ設定をされていた方は設定された通知方法で再入荷の際に連絡が届きます。
初めて利用される方は再入荷お知らせの設定を行なった後にサービスが利用できるようになります。

再入荷の連絡方法は「PCメール」「携帯メール」「ツイッターダイレクトメッセージ」の3つがございます(複数選択可)
※ツイッターダイレクトメッセージにつきましては「Rakuten,Inc.」にアカウントの利用を許可する必要があります(設定の際に登録可能です)

何気に便利なサービスですので是非ご活用下さいませ!!


Return to Top ▲Return to Top ▲