バンダナブログ 「プラクティス メイクス パーフェクト(継続は力なり)」

「バンダナ」こと伊藤孝晃の個人ブログです。 釣行記・製品情報・雑記を書きつづってまいります♪

闇ヲ徘徊ス…「2016初釣り」(釣行記)

1月11日に山陰入りしておりました。

今回は明るい内に開発中の「FCTビーストレート48(仮称)」のバランスチェックを行ない、そのまま2016年初釣りに突入するプラン。
翌日(12日)はお仕事の為、早々の撤退を余儀なくされておりますが果たしてどうなる事やら・・・

実家のある三次を出発したのは11日午後1時過ぎ。
三次⇒布野⇒作木⇒浜原⇒大田・・・とゆー道程です。
R375は道路の拡張工事とトンネル設置により快適な道路に替わりつつあります。
・・・昔はかなりグネグネ&細い道ばかりでした。
それはそれで楽しい道程だったけどね♪

明るい内に大田市最大の港である「和江港」に行き、港内でテストを開始。
8
様々なウエイトパターンを配した計8種類の「FCTビーストレート48」を一つ一つキャストしてその浮力やバランス、アクションをチェック。
8種類のウエイト差は約1g。
バランスの違いも僅か。
それでもフローティングになったりシンキングになったり、その姿勢もそれぞれ異なっております。
姿勢が変わればキモとなるペラの動きも変化を起こし、連続トゥイッチによる連続スプラッシュが得意なモノやトゥイッチに耐え切れず飛び出してしまうモノなど様々な性格を有しています。
最終的にフローティング・シンキングそれぞれのベストバランスを見出し、テストは終了。

FCTビーストレート48の詳細に関しては後日別ブログにて「詳しく+長く(笑)」説明させて頂きますので少々お待ちを^^

テストの次はいよいよ実釣でございまする♪
時間的な制約もあるので他のルアーを一切使わず「FCTビーストレート48」のみの一本勝負。
戦いの場を地磯に移しゲームスタートです。

外洋向き(北向き)は風と波が強く、内湾向きでのゲームを展開。
月も外灯も無い暗黒地磯、頼りになるのは明るい内に行なったテストで脳内に叩き込まれたアクションイメージのみ。
ペラの回転不良に関する不安は皆無!!
ひたすらにいつ来るかも分からないターゲットからのシグナルに集中です。

最初に使用したのはシンキングモデル。

・・・これまでは「スローシンキング」と表記してきましたが、最終テストを終えた現在は「シンキング」と表記を変更しております。
理由については後日公開予定の「FCTビーストレート48の全貌ブログ」にて・・・

動かし方ですが、水面に引き波を立てないギリギリのレンジトレースを意識したスローなリトリーブに一瞬のストップモーションを織り交ぜたモノ。
その一瞬のストップモーションからリーリングに移行する瞬間にバイト!!
フッキングした個体はさほど大きいサイズではありません。
また、メバルでない事もすぐに分かりました。
「もしかしてサバか?」
と思いながら最後は抜き上げてフィニッシュ。
1
アジでした♪
その後もアジが連発。
2
サイズは小さいですが、プラグにヒットしてくる事と何よりプロトルアーでしっかりヒットしてくれる事が嬉しい&楽しいっす♪
暗黒地磯で一人、テンションが上がっております(爆)
プラッギングによるアジゲームの宿命とも言えるハリ外れも多いですが、それはそれでスリルとサスペンス(?)が同居してるので楽しめまっす♪

しばらくアジ狙いに没頭し、次に取り出したのはフローティングモデル。
水面直下はアジばかり。
ならば水面に引き波を立ててみたらどうなるのか?

フローティングモデルは着水と同時にプカッと水面から出る仕様です。
垂直立ちでは無く、ボディ全体が水平に浮くタイプ。
僅かに頭下がりになっており、通常のスローリトリーブではきれいな引き波を、トゥイッチや緩急を付けたリーリングではスプラッシュも発生。

今回はややスローなリトリーブに長めのストップモーションを組み合わせて狙ってみます。

ストップ時に小さなバイトが出ているような感覚がある(暗くて全く見えない)もののフッキングには至りませぬ。
その内、風が強まったので地磯を右往左往しながら風を背に受ける、もしくは風裏になるスポットを探しながらキャストを続けます。
深い2つのワンドが合流するエリアでようやくバイト!!
3
本命のメバルですわ♪
サイズこそ小さいですが、それでも嬉しい・・・
その後も単発ではありますがバイトが続きます。
少し沖合のバイトがメインですが、目の前でもバイトがあり、水面が割れるバイトも何度か目撃。

すっかりトップゲームの虜になっております♪

そして目視できるストラクチャーを意識したキャスト&リトリーブにひと際大きいバイト!!
5
コレです!狙ってたのは!!
「FCTビーストレート48」のテスト完了を確信づける会心の1匹。

4
飛び抜けたビッグサイズではありませんが、メチャクチャに嬉しい1匹。
ほぼ同じスポットでもう1匹良型を掛けたのですが、こちらは惜しくもバラしてしまい、その後スポットは沈黙。
アジが釣れたエリアには相変わらずアジが群れてましたがお土産分は確保出来た&タイムリミット近くなってきたのでココで場所移動。

「このまま晩飯を食って帰る」とゆー選択肢もあったのですが、残り時間で外灯下での釣りをしてみる事に。
某港に移動し、外灯&テトラ帯にIN。
オレンジ外灯に照らされた海面では単発でライズ有り。
どう見てもミニマムサイズですが、取り敢えずキャスト。
7
一撃です♪
トゥイッチによるスプラッシュで位置を把握しつつ、ラインメンディングをしつつ、バイトを待ちます。
・・・俗にいう「ほっとけメソッド」です♪
↑のサイズが金太郎飴状態でしたが、見えるバイトはやはり面白いっす。

最後は外灯下でのゲームを想定して製作した「FCTストリームドライブ45CB」の新色をキャスト。
9
「クリアナトリウム青チリ」 別名「外灯スペシャル」
外灯下のプラッギングで人気のあるオレンジ系カラーを少しアレンジしたカラーです。
他のメーカーさんの外灯スペシャルは薄いオレンジ系が主流。
同じカラーばかりでは面白くないのでオレンジを強めにして差別化を図っております。
写真では特にオレンジが強調されてますが、製品版は「もう少しだけ大人しく・・・」と指示しております♪
外灯下に集まったプランクトンをイメージして赤・・・ではなく、青ラメをちりばめ、こちらも他メーカーさんとの差別化を図っております。

パゴスで先行発売させて頂いた「クリアホロリウム赤チリ」
ファイブコア社で新たに誕生した「クリアホロリウムカシス」
そしてこの「クリアナトリウム青チリ」

の3色が追加カラーとして2月に発売される予定となっております。
従来のカラーと併用してお使い頂ければ・・・と思います♪

さて、釣りに戻ります。
6
・・・ボコボコです(爆)
小さいですけど「外灯スペシャル」の名にふさわしい釣れっぷり。
まさに「ちぎっては投げ、ちぎっては投げ」の状況(ちゃんと丁寧にリリースしてますよ♪)

ここで良型がヒットすれば100点満点なんですが、世の中そう甘くはござりませぬ。
小型乱舞のままタイムリミットを迎えゲームエンドです。
一番の目的だった「FCTビーストレート48」のテストとメバル捕獲はきっちり果たせたので内容としては十分!!
「2016初釣り」もいい感触で終える事が出来たし♪

納竿後は大田市内の外れにある「風風ラーメンさん」に行って遅い晩御飯を喰らい、再び山越えしての帰宅と相成っております。

 

週明け早々にファイブコア・福田さんに連絡を取ってテストの結果を報告。
フローティング・シンキングそれぞれの仕様が確定し、次はカラー選考。
カラーですが、今回の発売はプレリリースというカタチなので鉄板カラーを5色位リリースする予定っす♪
なにはともあれ、肩の荷が一つ下りたよーなカンジ(笑)

発売に関する情報(日程や価格等)についてはファイブコア社から情報が入り次第ご報告します。
また、近日中に「FCTビーストレート48」の全貌をご報告させて頂きます!!

 

 

ああ・・・またトップゲームしたい・・・♪

 


 

【タックルデータ】

■ロッド:オフト・スモーキーアリッサ SAL-84
■リール:ダイワ・10セルテート2004
■ライン:よつあみ・ロンフォート リアルデシテックス プレミアムPE WX8(0.4号-150m)
■リーダー:サンライン・トルネード松田SPブラックストリーム(1.5号)
■スナップ:ヤリエ・スナップリング(M)
■プラグ:ラッキークラフト・FCTビーストレート48(プロト)
■プラグ:ラッキークラフトFCTストリームドライブ45CB(新色)
■アイウェア(移動+ナイトゲーム時):アイガン・ウィズドライブ NIGHT&DAY(001_BK)
■アイウェア(テスト時):ストームライダー・ブラックエディションSR-009-P-6(レンズ:スレートグレー)
■ライフジャケット:サブロック・ヴィーワンベスト(マルチカムブラック)
■フットウェア:シマノ・ドライシールド ジオロック カットラバーピンフェルトシューズ FS-155J
■ハンドウェア:エクセル・ネオプレーングローブ


Return to Top ▲Return to Top ▲